賃貸仲介(賃貸建物管理戸数)のトップ企業『大東建託』の株主優待情報をまとめました。

記事最後まで読むことで、逆日歩リスクの理解とお得なクロス取引のやり方がわかります。

投資メモ

大東建託は、設計・施工、入居者斡旋、管理運営まで、一貫したサービスを提供できる企業です。
この独自の「賃貸経営受託システム」を大展開!在宅介護など周辺分野の事業も積極展開!

大東建託株主優待引用元:大東建託(1878)

大東建託(1878)の株主優待

大東建託(1878)の株主優待は、3月末と9月末で大きく異なり、優待品が貰えるのは、3月末のみです。

優待内容詳細

大東建託(1878)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

優待月と保有株数、継続年数によって、さまざまなバリエーションがある株主優待制度です。

3月末と9月末の共通優待

保有株式数優待内容
100株以上①建築工事請負代金キャッシュバック 30万円
②分譲マンション購入金額キャッシュバック 30万円
③紹介報奨金 10%アップ
④建築工事のオプション設備サービス(自社指定設備・上限30万円)
⑤賃貸仲介手数料無料優待券 1枚

共通優待は、大東建託の自社サービスが割引価格で受けられる権利です。

3月末のみの優待

保有株式数保有期間
1年未満
(商品券)
1年以上
(追加優待)
3年以上
(追加優待)
100株以上1,000円分セット①から選択セット①から選択
300株以上3,000円分セット①から選択セット②から選択
500株以上5,000円分セット①から選択セット②から選択
1,000株以上10,000円分セット①から選択セット②から選択

基本は、保有株数に応じた全国共通商品券です。商品券を寄付に変更する事も可能です。

1年以上の継続保有株主は次のセット①中から1つ選択できます。

ペットボトル入りお茶(350ml×24本)
ペットボトル入り水(350ml×24本)信州安曇野の天然水
全国共通商品券(1,000円)
大東建託グループみらい基金へ寄付(1,000円)

3年以上、300株以上保有の株主は次のセット②の中から1つ選択可能です。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル宿泊半額割引券 1泊分
ル・メリディアンクアラルンプール宿泊半額割引券 3泊分
全国共通商品券(10,000円)
大東建託グループみらい基金へ寄付(10,000円)

株主優待に長期保有制度はあるの?

継続保有特典あり

継続保有が必須ではなく、3月末のみ1年以上で優待が豪華になるランクアップ特典です。

継続保有の条件

株主名簿基準日である3月31日および9月30日の株主名簿に同一株主番号で連続3回、もしくは7回以上記載または記録されること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2023年9月30日」です。

権利日最終日の「9月27日」までに100.0株以上の取得が必要です。

大東建託の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利日:2023年9月30日

権利日最終:9月27日(水)・・・残り3ヵ月と25日(117日)
逆日歩日数:3日

大東建託(1878)の基本情報

code1878優待内容ギフト券
業種建設業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月、9月
本拠地東京上場年月日1989年3月17日 
単位100貸借区分貸借
継続保有継続保有特典企業の優待HP優待詳細
優待の種類暮らし 金券
最低必要株100.0最低投資額1,338,000円
配当予想514.0配当落日2023年3月30日
発行済株数68,918千株データ調査日2022年9月27日

最低投資額のみ、4月7日の終値株価で計算。

大東建託(1878)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2022-03-2913,030-7,600-10,400-2,800237,1000.0104.81275.0
2021-09-2813,600-23,400-34,700-11,300260,7000.25108.81236.0
2021-03-2912,880-53,400-57,000-3,600541,90018.7103.21251.0
2020-09-289,648-11,100-49,000-37,900353,9000.277.61204.0
2020-03-2710,990-10,900-37,000-26,100552,4000.488.01345.0
2019-09-2614,495-245,100-265,600-20,500478,20048.0116.01308.0
2019-03-2615,850-98,400-126,400-28,000319,9002.4127.23309.0
2018-09-2515,190-119,900-137,500-17,600442,2002.25121.63297.0
2018-03-2718,235-157,100-214,400-57,300518,50043.8146.43304.0
2017-09-2620,550-427,500-405,80021,700513,60041.85164.83279.0
2017-03-2816,195-60,800-129,500-68,700559,10043.2129.63298.0
2016-09-2716,745-35,400-51,800-16,400405,00036.3134.43238.0
2016-03-2816,225-6,500-8,700-2,200310,1000.0130.41233.0
2015-03-2613,61025,70023,800-1,900292,7001190.0
2014-09-2513,200-14,300-43,900-29,600414,2000.55105.61185.0
2014-03-269,29047,90059,00011,100889,9001177.0
2013-09-2510,1209,900-9,200-19,100327,1000.084.01170.0
2013-03-268,370155,800144,000-11,800581,3003
2012-09-258,010-132,800-128,5004,300547,2001.6568.03
2012-03-277,400-17,400-38,300-20,900351,4000.060.03
2011-09-277,180-26,000-30,800-4,800552,4001.560.03
2011-03-285,9108,30031,10022,8001,147,1001

大東建託(1878)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

逆日歩回避チェックの詳しい説明は「高額逆日歩になる事前予兆を見逃すな?知らないと損!7つのチェック」をご参考ください。

  1. 株主優待9月の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 株主優待クロス取引9月の銘柄数

    ○:少しだけ安全圏かも
    優待実施企業は390、クロス取引可能な貸借銘柄は281、同じ優待分類の企業も多いです。

    大東建託の優待分類と同じ『ギフト券』関連銘柄です。

    尚、9月実施の『暮らし 金券』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:少しだけ安全圏かも
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
  4. 貸借倍率と発行済株式数

    ×:投資は自己判断で!
    東証プライム 市場、それなりに知名度や優待価値が高いため、株不足に注意です。

    最新の貸借倍率と逆日歩速報(毎日チェック)

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    06/01(木)4,3001006,9002001,7005,1001,8001.350
    05/31(水)1003,9002,7006001006,600-3,9000.410
    05/30(火)10010,4006,5004001,8006,1004001.070
    05/29(月)11,20010016,8001001,3007,5009,3002.240
    05/26(金)01,7005,7001,20008,700-3,0000.660
    05/25(木)1,6001007,4003002007,500-1000.990
    05/24(水)1,8005005,9001,0003007,400-1,5000.80
    05/23(火)3,0002004,6006001,4006,700-2,1000.690
    05/22(月)4004001,8002,40007,500-5,7000.240.25
    05/19(金)01,9001,8001,40005,100-3,3000.350
  5. 大東建託の発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去14回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2021年9月 :25円 (1日)
    • 2021年3月 :1,870円 (1日)
    • 2020年9月 :20円 (1日)
    • 2020年3月 :40円 (1日)
    • 2019年9月 :4,800円 (1日)
    • 2019年3月 :240円 (3日)
    • 2018年9月 :225円 (3日)
    • 2018年3月 :4,380円 (3日)
    • 2017年9月 :4,185円 (3日)
    • 2017年3月 :4,320円 (3日)
    • 2016年9月 :3,630円 (3日)
    • 2014年9月 :55円 (1日)
    • 2012年9月 :165円 (3日)
    • 2011年9月 :150円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ×:投資は自己判断で!
    優待取得の最低投資金額だけでも100万越え、さらに4つのバリエーションもあり警戒が必要です。
    • 100株:約134万円
    • 300株:約401万円
    • 500株:約669万円
    • 1,000株:約1,338万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    優待がお得になる継続保有特典ですが、これが半年以上保有が必須などになると、クロス取引参加者が少なくなる傾向があります。ただし、必須条件でない場合は、逆にリスクも高くなります。

大東建託(1878)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

大東建託は、逆日歩の発生しない、一般信用取引も可能です。

4月7日の終値、株価13,380円の必要株数分(100.0株)を丸めた金額でコストシミュレーション。

投資額134万円の貸株料【各証券会社の比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/274573565220294573206
29/265716707275367716257
39/256859848330441859308
49/2271,0029893855141,002360
59/2181,1451,1314415871,145411
69/20111,5751,5556068081,575565
79/19121,7181,6966618811,718617
89/15131,8611,837716955668
99/14142,0041,9797711,028720
109/13182,5772,5449911,322925
119/12192,7202,6861,0461,395977
129/11202,8642,8271,1011,4681,028
139/8213,0072,9681,1561,5421,079
149/7223,1503,1101,2121,6151,131
159/6251,3771,8361,285
169/5261,4321,9091,336
179/4271,4871,9821,388
189/1281,5422,0561,439
198/31291,5972,1291,491
208/30321,7622,3501,645
218/29331,8172,4231,696

大東建託の権利付最終日(2023年9月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

投資金額134万円、大東建託のクロス取引シミュレーションです。

本日(2023年6月2日)から直近の優待権利日(2023年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、大東建託を134万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(119日分)(+プレミアム料)
9,853円=3,300円+6,553円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:1,426円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(119日分)+プレミアム料
7,426円=385×2円+102円+6,553円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(119日分)
12,038円=3,300円+8,738円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(119日分)
6,208円=92円+6,116円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。

制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、大東建託を134万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

投資額134万円の手数料【現物:1,238円 信用:880円】

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:信用取引だけにまとめた方が手数料が安くなる為
クロスコスト=制度信用手数料(300万円以内)+金利(1日)+貸株料(4日)
1,592円=1,320円+103円+169円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:640円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が640円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
1,042円=385×2円+103円+169円
GMOクリック証券
【1日定額】

134万円の手数料【現物:1,238円 信用:880円】

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:信用取引だけにまとめた方が手数料が安くなる為
クロスコスト=制度信用手数料(300万円以内)+金利(1日)+貸株料(4日)
1,582円=1,320円+101円+162円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:550円 信用:264円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が550円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
763円=264×2円+73円+162円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)(+プレミアム料)
3,469円=3,300円+169円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:1,426円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
1,041円=385×2円+102円+169円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
3,469円=3,300円+169円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
3,462円=3,300円+162円
【超割】

約定毎の手数料【現物:640円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が640円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
1,034円=385×2円+103円+162円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
261円=92円+169円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
246円=84円+162円

投資金額134万円にもなると、貸株料等の負担が大きくなるので、証券会社選びも大事です。

※大東建託の制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

大東建託(1878)のクロス取引・株主優待まとめ

大東建託(1878)、賃貸仲介のビジネスでは、優秀かもしれませんが、株主優待は庶民向けではありません。

建設業らしい、商品券の優待もありますが、投資金額が大きすぎます。

1,000株保有なら10,000円分の商品券も貰えますが、投資金額は約1,370万円です。

それでいて、逆日歩も毎回発生するので、リスクの方が際立っています。

大東建託で、分譲マンション等の購入を考えている方には、メリットがある優待品ですが、万人向けではありません。

自分で優待サービスを使う予定のある方以外、クロス取引はおすすめしません。また、高額な逆日歩にご注意です。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!