フルサト・マルカホールディングス株主優待

フルサト工業と商社のマルカが経営統合して誕生した『フルサト・マルカホールディングス』の株主優待情報です。

過去の逆日歩クロス取引の理解を深めたい方向けの記事です。

投資メモ

フルサト・マルカホールディングス、2つの企業の相乗効果に期待!
鉄骨建築資材大手のフルサト工業は、鉄骨ファブリケーターに資材を販売するリーディングカンパニーです。
産機・建機の中堅商社マルカは、海外に23拠点、70年以上の海外取引を活かした国際ネットワークを有する商社です。

フルサト・マルカホールディングス(7128)の株主優待

フルサト・マルカホールディングス(7128)の株主優待は、①グルメセット、②グルメギフトです。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
100株以上 1,000円相当のグルメセット
500株以上 3,500円相当のグルメギフト

フルサト・マルカホールディングス(7128)の優待権利日は年1回、12月末のみです。

経営統合する前にも、2つの企業にはそれぞれ優待制度がありました。

新会社の優待制度は、2つの企業の良いとこどりっていう感じです。

①のグルメセットは、何が届くかわからない、ドキドキ感ありです。

フルサト工業の優待制度(2020年で廃止)

保有株式数 優待内容
500株以上 3,500円相当のギフト

3500円相当の自社オリジナル「ふるさと小包」カタログで、全国うまいもの厳選40品から選べる優待品です。

マルカの優待制度(2020年で廃止)

保有株式数 優待内容
100株以上 1,000円相当のギフト
500株以上 2,000円相当のギフト
1,000株以上 3,000円相当のギフト

保有株数に応じて、チョイスギフトカタログの中から、好きなアイテムを選べる優待品です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年12月31日」です。

権利付き最終日の「12月26日」までに100株以上の取得が必要です。

フルサト・マルカホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

フルサト・マルカホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年12月31日

権利付き最終日:12月26日(木)・・・残り6ヵ月と10日(193日)
逆日歩日数:7日

フルサト・マルカホールディングス(7128)の基本情報

情報更新日:2024年3月24日

code7128優待内容グルメセット
業種卸売業上場市場東証プライム 
決算12月 優待月12月
本社大阪上場年月日2021年10月1日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数25,174,000企業のHP優待詳細
優待の種類飲食券 食品

株価更新日:2024年6月11日

11日の終値株価2,155円最低投資額215,500円
最低必要株数100継続保有-

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


フルサト・マルカホールディングス(7128)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-12-272,6281,300-22,000-23,300233,3003.021.6656.0
2022-12-283,470-2,200-25,600-23,400108,80015.2528.0550.0
2021-12-282,334-29,500-78,100-48,600153,5002.2519.2514.5

フルサト・マルカホールディングス(7128)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(12月31日)の逆日歩日数

    ×:逆日歩日数では警戒範囲
    2024年12月31日は、逆日歩日数が7日と、通常の権利日よりリスクが高まっています。
  2. 12月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は178、クロス取引可能な貸借銘柄は115、同じ優待分類の企業も多いです。

    フルサト・マルカホールディングスと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、12月実施の『飲食券 食品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は25,174,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年6月14日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    06/13(木)1,70020013,30000013,300-0
    06/12(水)100011,80000011,800-0
    06/11(火)100011,70000011,700-0
    06/10(月)40010011,60000011,600-0
    06/07(金)50020011,30000011,300-0
    06/06(木)40050011,00000011,000-0
    06/05(水)600011,10000011,100-0
    06/04(火)1,9001,80010,50000010,500-0
    06/03(月)600010,40000010,400-0
    05/31(金)07009,8000009,800-0
  5. フルサト・マルカホールディングスの発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    最大逆日歩も高額逆日歩も発生していませんが、3回ほど、少額ながら逆日歩は過去に発生しています。
    • 2023/12/27:300円 (6日)
    • 2022/12/28:1,525円 (5日)
    • 2021/12/28:225円 (5日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 100株:約22万円
    • 500株:約108万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    フルサト・マルカホールディングスと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


フルサト・マルカホールディングス(7128)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

フルサト・マルカホールディングスの逆日歩リスクがわかったら、次は貸株料です。

6月11日の終値、株価2,155円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額21.6万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
112/268185182719518566
212/25112542519813025491
312/241227727310714227799
412/2313300296115154300108
512/2014323319124166323116
612/1915346342133178346124
712/1818415410160213415149
812/1719439433169225157
912/1620462456178237166
1012/1321485478186249174
1112/1222508501195260182
1212/1125577570222296207
1312/1026600592231308215
1412/927623615240320224
1512/628249331232
1612/529257343240
1712/432284379265
1812/333293391273
1912/234302402282
2011/2935311414290
2111/2836320426298
2211/2739346462323

フルサト・マルカホールディングスの権利付最終日(2024年12月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額21.6万円、フルサト・マルカホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年6月16日)から直近の優待権利日(2024年12月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、フルサト・マルカホールディングスを21.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:21.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(202日分)+プレミアム料1,793円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(202日分)+プレミアム料
2,206円=198×2円+17円+1,793円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:21.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(202日分)2,391円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(202日分)
1,688円=15円+1,674円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、フルサト・マルカホールディングスを21.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ185円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(8日分)
467円=198×2円+17円+54円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ182円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(8日分)
438円=187×2円+12円+52円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)+プレミアム料54円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(8日分)+プレミアム料
467円=198×2円+17円+54円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)54円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)52円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(8日分)
465円=198×2円+17円+52円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
69円=15円+54円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
66円=14円+52円

※優待権利日最終日に売買しても、逆日歩日数が多い時は、貸株日数(貸株料)も通常より多くなります。

※フルサト・マルカホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、フルサト・マルカの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
06/14(金)1,9001,9002,0001,900
06/13(木)2,0002,0002,0002,000
06/12(水)2,0002,0002,0002,000
06/11(火)2,0002,0002,0002,000
06/10(月)2,0002,0002,0002,000
06/08(土)1,5001,500-1,500
06/07(金)2,0002,0002,0001,500
06/06(木)2,0002,0002,0002,000
06/05(水)-2,0002,0002,000
06/04(火)2,0002,0002,0002,000
06/03(月)2,0002,0002,0002,000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

12月の株主優待情報をまとめて確認

フルサト・マルカホールディングス(7128)のクロス取引・株主優待まとめ

  • フルサト・マルカホールディングス(7128)の優待制度ははじまったばかり
  • 過去1回の逆日歩は、100株で225円、今後も同じぐらいの逆日歩が発生する可能性あり
  • 優待品は、焼菓子等のグルメなので、人気化する可能性大!
  • 各証券会社から一般信用売り在庫もあり、逆日歩リスクを感じる方は、早めのクロス取引対策が大事!
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!