アエリア株主優待

ITサービス、コンテンツ事業の『アエリア』の株主優待情報をまとめました。

今話題のガンダム、エアリアルとは関係ないですが、ちょっと社名が惜しい!

名前がヤマザキビスケットのようにエアリアルだったら、コラボ出来たかもしれないのに・・・・

過去の逆日歩クロス取引の理解を深めたい方向けの記事です。

投資メモ

アエリアは、スマホ向けゲームを展開する企業です。
インターネット及びモバイルの技術を駆使しての事業展開が得意!
データセンター事業、アフィリエイト広告、民泊等不動産にも進出と意欲的!

アエリア(3758)の株主優待

アエリア(3758)の株主優待は、オリジナルデザインのQUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容(QUOカード)
100株以上 300円分
1,000株以上 500円分
5,000株以上 700円分
10,000株以上 1,000円分

アエリア(3758)の優待権利日は年1回、12月末のみです。

知る人ぞ知る!スマホゲーム版権のQUOカード優待です。

本格的にQUOカード優待になったのは、2017年度からで、それまでは、オリジナルグッズの進呈です。

例えば、2016年度の優待は、『STARLY GIRLS -Episode Starsia-』や『Starry☆Sky』のオリジナルグッズです。

2017年度から、保有株数に応じたQUOカード優待になっており、過去QUOカードデザインになった版権(タイトル)は次の通りです。

  • 2017:『DYNAMIC CHORD JAM&JOIN!!!!』
  • 2018:『A3!』
  • 2019:『イケメン戦国◆時をかける恋』
  • 2020:『イケメン王子 美女と野獣の最後の恋』
  • 2021:『イケメンヴァンパイア 偉人たちと恋の誘惑』

QUOカードデザインは、事前にわかるものではなく、優待品が送られてきて判明するので、ちょっとしたドキドキ感があります。

ここ最近は、優待権利日最終日直前に、IR情報として発表されていますが・・・

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年12月31日」です。

権利付き最終日の「12月26日」までに100株以上の取得が必要です。

アエリアに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

アエリアの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年12月31日

権利付き最終日:12月26日(木)・・・残り5ヵ月と2日(155日)
逆日歩日数:7日

アエリア(3758)の基本情報

情報更新日:2024年3月24日

code3758優待内容クオカード
業種情報・通信業上場市場東証スタンダード 
決算12月 優待月12月
本社東京上場年月日2004年12月15日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数23,649,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年7月4日

4日の終値株価316円最低投資額31,600円
最低必要株数100継続保有-

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


アエリア(3758)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-12-27303225,400171,900-53,500264,7000.04.065.0
2022-12-2838748,60043,300-5,300197,5000.04.055.0
2021-12-2840458,70040,600-18,100139,40055.0
2020-12-28420-70,300-82,100-11,800324,9000.04.055.0
2019-12-26976225,900168,700-57,200411,900712.0注意
2018-12-25423220,000265,90045,900722,90075.0
2017-12-261,500572,700576,1003,400653,300610.0
2016-12-271,292280,400292,40012,000157,100510.0
2015-12-25979130,900153,70022,800251,600510.0
2014-12-251,18044,70045,30060023,300610.0
2013-12-251,29520,00026,7006,70030,400710.0
2012-12-2571,500306131987
2011-12-2781,900154138-16875

アエリア(3758)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(12月31日)の逆日歩日数

    ×:逆日歩日数では警戒範囲
    2024年12月31日は、逆日歩日数が7日と、通常の権利日よりリスクが高まっています。
  2. 12月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は178、そのうち116銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    アエリアと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、12月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    調査時点で規制情報はありませんが、過去に1度だけ規制が入った事があるので、少しだけ注意です。
    • 2019/12/26:0円 (7日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ○:株不足では低リスク
    発行済株数は23,649,000ですが、浮動株比率、貸借残比率などのバランスが良く、株不足に関しては、低リスクとデータが教えてくれています。

    逆日歩更新日:2024年7月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    07/22(月)3,5003,60027,800010027,80001.00
    07/19(金)3,7005,80027,90002,10027,90001.00
    07/18(木)20030030,000010030,00001.00
    07/17(水)60090030,100030030,10001.00
    07/16(火)2,6002,90030,400030030,40001.00
    07/12(金)6001,50030,700090030,70001.00
    07/11(木)1,7001,80031,600010031,60001.00
    07/10(水)3,8003,20031,70080020031,70001.00
    07/09(火)3,2003,10031,100100031,10001.00
    07/08(月)4,0004,70031,000070031,00001.00
  5. アエリアの発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    今まで1度も逆日歩が発生したことがない、かなり貴重な銘柄です。
  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    100株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 100株:約3万円
    • 1000株:約32万円
    • 5000株:約158万円
    • 10000株:約316万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有の特典こそありませんが、利便性の高い優待だけに、注意が必要です。

    優待価値は低いですが、『アエリア』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。


スポンサーリンク


アエリア(3758)の優待クロス(制度・一般)

逆日歩リスクの次は、アエリアのクロス取引手数料で比較です。

7月4日の終値、株価316円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額3.2万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
112/268272711142710
212/2511383714193814
312/2412414116214115
412/2313444417234416
512/2014484718254817
612/1915515120265118
712/1818626124326222
812/17196564253323
912/16206868263525
1012/13217271283726
1112/12227574293927
1212/11258584334431
1312/10268988344632
1412/9279291364733
1512/628374934
1612/529385136
1712/432425639
1812/333435841
1912/234456042
2011/2935466143
2111/2836476344
2211/2739516848

アエリアの権利付最終日(2024年12月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額3.2万円、アエリアのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年7月24日)から直近の優待権利日(2024年12月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、アエリアを3.2万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:3.2万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(165日分)+プレミアム料217円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:55円 信用:99円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(165日分)+プレミアム料
371円=55円+99円+217円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:3.2万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(165日分)289円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(165日分)
205円=2円+203円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、アエリアを3.2万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.2万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ27円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:55円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(8日分)
162円=55円+99円+8円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.2万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ27円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:50円 信用:97円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(8日分)
155円=50円+97円+8円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.2万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)+プレミアム料8円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:55円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(8日分)+プレミアム料
162円=55円+99円+8円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.2万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)8円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.2万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)8円
【超割】

約定毎の手数料【現物:55円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(8日分)
162円=55円+99円+8円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
10円=2円+8円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
10円=2円+8円

優待権利日最終日の制度信用クロスなら、貸株料はごくわずかです。

※アエリアの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

アエリア(3758)のクロス取引・株主優待まとめ

  • アエリア(3758)は、数年後に付加価値で額面以上の価格になるかもしれないQUOカード優待!
  • 各証券会社での一般信用売り在庫は期待できない
  • 知名度が今ひとつという事もあり、逆日歩はほとんど発生していない!
  • 投資金額が安いので、クロス取引初心者向き!100株保有なら最大逆日歩も少ない!
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!