日本人のお名前に鈴木さんという方は多いですが、株式会社鈴木がある事を知っていますか?

株式会社鈴木は、もうすぐ100年を迎える老舗企業!

最先端の金型技術をベースに活躍しています。

 

そんな株式会社鈴木にも株主優待制度があるって知っていましたか?

株式会社鈴木の優待品について、過去の逆日歩についてまとめました。

株式会社鈴木の株主優待引用元:株式会社鈴木公式サイト

鈴木(6785)の株主優待

株式会社鈴木の本社は長野県、地元長野の特産品が優待品となっています。

鈴木の優待内容詳細

保有株式数 優待内容(1年以上の継続保有)
200株以上 1,500円相当の地元名産お菓子の詰め合わせ
1,000株以上 2,500円相当の地元名産お菓子の詰め合わせ

優待に必要な最低必要株数は100株ではなく、200株からです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

必須あり

1年以上の継続が必須の長期保有制度です。

継続保有の条件

6月末日、前年12 月末日及び前年6月末日の株主名簿に「保有株式数」の保有を同一株主番号で記載、または記録される事。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年6月30日」です。

権利付き最終日の「6月26日」までに200株以上の取得が必要です。

鈴木に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

鈴木の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年6月30日

権利付き最終日:6月26日(水)・・・残り1ヵ月と7日(38日)
逆日歩日数:3日

鈴木(6785)の基本情報

情報更新日:2023年7月13日

code6785優待内容名産品
業種電気機器上場市場東証プライム 
決算6月 優待月6月
本社長野上場年月日2001年2月16日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数14,404,000企業のHP優待詳細
優待の種類食品

株価更新日:2024年5月17日

17日の終値株価1,376円最低投資額275,200円
最低必要株数200継続保有必須

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


鈴木(6785)過去の逆日歩と制度信用リスクは?

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-06-28990-15,900-80,700-64,800207,6000.98.035.0
2022-06-2880612,700-29,200-41,900106,5000.17.2120.0
2021-06-2899775,40011,900-63,500163,300120.0
2020-06-26766-10,400-29,600-19,20093,9001.06.4111.0
2019-06-25607-12,700-12,400300119,7001.25.6311.0
2018-06-269355,300-47,200-52,500367,2000.08.0313.0
2017-06-277660-2,100-2,100352,7000.06.4311.0
2016-06-27533-5,000-198,300-193,300295,6004.84.8111.0
2015-06-251,57833,80038,4004,60054,100122.0
2014-06-2577810,60012,2001,6007,900127.0
2013-06-2578026,30030,1003,80015,1003
2012-06-2663311,40010,300-1,1005003
2011-06-2709,1009,30020001

鈴木の最大逆日歩リスクはどのくらい?【7つのチェック】

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(6月30日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 6月30日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待銘柄数111のうち、クロス向けの貸借銘柄は63、類似優待も少ないので注意です。

    6月実施、「名産品」優待銘柄。

    • 規制速報(注意喚起・申込停止)

      ○:規制情報では低リスク
      調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
      高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
    • 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

      △:やや注意
      発行済株式数は14,404,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

      逆日歩更新日:2024年5月17日

      市場区分:東証

      月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
      05/16(木)1,600038,6000020038,400193.00
      05/15(水)02,30037,0000020036,800185.00
      05/14(火)900039,3000020039,100196.50
      05/13(月)01,80038,4000020038,200192.00
      05/10(金)2,700040,2000020040,000201.00
      05/09(木)060037,5000020037,300187.50
      05/08(水)300038,100030020037,900190.50
      05/07(火)01,60037,800100050037,30075.60
      05/02(木)03,10039,4000040039,00098.50
      05/01(水)2,100042,5000040042,100106.250
    • 鈴木の発生逆日歩

      △:やや注意
      高額逆日歩がそのまま最大逆日歩であり、1回発生しているので、注意です。
      • 2023/06/28:90円 (3日)
      • 2022/06/28:10円 (1日)
      • 2020/06/26:100円 (1日)
      • 2019/06/25:120円 (3日)
      • 2016/06/27:480円 (1日)

      過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

      尚、優待に必要な最低株数は200株なので、実際の逆日歩金額はさらに2倍です。

    • 優待に必要な株数と投資額

      △:やや注意
      株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
      • 200株:約28万円
      • 1000株:約138万円
    • 継続保有(必須・特典)の有無

      ○:優待価値では低リスク
      1年以上の継続保有が必須なので、他の優待と比較するとややリスクは下がります。

      優待価値が鈴木と同じぐらいの銘柄。


    スポンサーリンク


    鈴木のクロス取引(制度信用・一般信用)どちらが良いの?

    鈴木は、逆日歩の発生しない、一般信用クロス取引も可能です。

    5月17日の終値、株価1,376円の必要株数分(200株)で計算。

    投資金額27.5万円の貸株料【各証券会社で比較】

    営業
    日数
    月/日貸株
    日数
    SBI
    証券
    GMO
    クリック
    証券
    au
    カブコム
    証券
    松井
    証券
    楽天
    証券
    SMBC
    日興
    証券
    16/264118116456011842
    26/255147145577514753
    36/246176174689017663
    46/2172062037910520674
    56/2082352329012123584
    66/1911323319124166323116
    76/1812353348136181353127
    86/1713382377147196382137
    96/1414411406158211148
    106/1315441435170226158
    116/1218529522203271190
    126/1119558551215286200
    136/1020588580226301211
    146/721617609237316222
    156/622249332232
    166/525283377264
    176/426294392274
    186/327305407285
    195/3128316422295
    205/3029328437306
    215/2932362482338
    225/2833373497348

    鈴木の権利付最終日(2024年6月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

    一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

    「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

    一般信用クロス取引手数料とやり方

    具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

    一般信用売り在庫がある場合、投資金額27.5万円、鈴木のクロス取引シミュレーションです。

    本日(2024年5月19日)から直近の優待権利日(2024年6月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

    優待取得の権利日当日、鈴木を27.5万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

    定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

    auカブコム証券
    【1日定額】

    買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

    「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:27.5万円は売買手数料無料
    クロスコスト=貸株料(41日分)+プレミアム料463円+プレミアム料
    【ワンショット】

    約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

    「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
    クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(41日分)+プレミアム料
    880円=198×2円+21円+463円+プレミアム料
    松井証券
    【定額:ボックスレート】

    買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

    「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
    クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(41日分)
    1,718円=1,100円+618円
    SMBC日興証券
    【ダイレクト】

    信用取引手数料は投資金額関係なく無料

    「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
    クロスコスト=金利(1日)+貸株料(41日分)
    451円=19円+432円

    ※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

    ※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

    ※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


    スポンサーリンク


    制度信用クロス取引手数料とやり方

    具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

    優待取得の権利日当日、鈴木を27.5万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

    SBI証券
    【定額:アクティブプラン】

    現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

    「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:27.5万円は売買手数料無料
    クロスコスト=貸株料(4日分)のみ118円
    【スタンダード】

    約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

    「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
    クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
    452円=198×2円+21円+35円
    GMOクリック証券
    【1日定額】

    現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

    「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:27.5万円は売買手数料無料
    クロスコスト=貸株料(4日分)のみ116円
    【1約定】

    約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

    「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
    クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
    422円=187×2円+15円+33円
    auカブコム証券
    【1日定額】

    買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

    「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:27.5万円は売買手数料無料
    クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料35円+プレミアム料
    【ワンショット】

    約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

    「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
    クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
    452円=198×2円+21円+35円+プレミアム料
    松井証券
    【定額:ボックスレート】

    買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

    「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
    クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
    1,135円=1,100円+35円
    楽天証券
    【いちにち定額】

    買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

    「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:27.5万円は売買手数料無料
    クロスコスト=貸株料(4日分)33円
    【超割】

    約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

    「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
    クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
    450円=198×2円+21円+33円
    SMBC日興証券
    【ダイレクト】

    信用取引手数料は投資金額関係なく無料

    「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
    クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
    53円=19円+35円
    SBIネオトレード証券
    【定額と1約定】

    信用取引手数料は投資金額関係なく無料

    「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
    クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
    50円=17円+33円

    ※優待権利日最終日に売買しても、逆日歩日数が多い時は、貸株日数(貸株料)も通常より多くなります。

    ※鈴木の制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

    一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

    SMBC日興証券で確認、鈴木の一般信用売り在庫の近況です。

    月/日朝方日中夕方
    05/17(金)1,6001,6002,1001,800
    05/16(木)1,8001,900-1,600
    05/15(水)900-2,0001,800
    05/14(火)2,1001,3002,5001,100
    05/13(月)1,3001,3002,5002,100
    05/10(金)2,1002,1002,5002,100
    05/09(木)2,1002,1002,5002,100
    05/08(水)2,1002,1002,5002,100
    05/07(火)2,1002,1002,5002,100
    05/06(月)2,1002,1002,1002,100

    1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
    ※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

    6月の株主優待情報をまとめて確認

    鈴木のクロス取引・株主優待まとめ

    規制が入ったことはありませんが、最大逆日歩は発生しています。

    最低必要株数は200株ですが、それでも投資金額は20万円もしないので、優待利回りは高い方です。

    1年以上の継続保有が必須条件なので、制度信用、一般信用クロスをするにしても、手数料分の損だけしないように注意が必要です。