クロスプラス株主優待

婦人服製造卸大手『クロスプラス』の株主優待情報をまとめました。

記事最後まで読むことで、逆日歩リスクの理解とお得なクロス取引のやり方がわかります。

投資メモ
クロスプラスは、婦人服や子供服の企画から製造販売をおこなっている企業です。
全国の百貨店への販売網が強い!専門店への開拓進む!

クロスプラス(3320)の株主優待

クロスプラス(3320)の株主優待は、オンラインストアで利用できるクーポン券と抽選の旅行券です。

優待内容詳細

2023年、優待制度が変更!

クロスプラス(3320)の優待権利日は年1回、1月末のみです。

オンラインストアのクーポン券

有株式数 優待の内容
2年未満 継続保有2年以上
100株以上 3,000円分 5,000円分
500株以上 5,000円分 7,000円分
1,000株以上 10,000円分 12,000円分

保有株数、継続保有期間に応じた、クーポン券が貰えます。

2022年までは、商品の選択も可能でしたが、2023年度より、EC推進として、オンラインクーポン券のみです。

クロスプラスが運営する「crossplus.jp」のファッションサイトで利用可能です。

尚、通常商品代金6,600円(税込)以下の場合、550円の送料が必要ですが、株主の場合、金額関係なく送料無料です。

つまり、3,000円分のクーポンの場合、送料代込み、3,550円分の価値として利用可能です。

抽選で30万円相当の旅行券

保有株式数 旅行券の抽選
1年以上 3年以上
100株以上 10名 2名

100株以上を1年以上継続保有する事で、30万円分の旅行券が当たる抽選に参加できます。

参加と言っても、自動で抽選してくれます。

1年以上の中から10名、3年以上の継続保有者の中から2名の計12名に30万円、トータル360万円分!

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、優待額が豪華になるランクアップ特典です。

継続保有の条件

同一株主番号で1月末日及び7月末日の株主名簿に連続して指定回以上記載又は記録されていること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2025年1月31日」です。

権利付き最終日の「1月29日」までに100株以上の取得が必要です。

クロスプラスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

クロスプラスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2025年1月31日

権利付き最終日:1月29日(水)・・・残り8ヵ月と10日(255日)
逆日歩日数:3日

クロスプラス(3320)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code3320優待内容自社ポイント等
業種卸売業上場市場東証スタンダード 
決算1月 優待月1月
本社愛知上場年月日2004年4月14日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数7,718,000企業のHP優待詳細
優待の種類ファッション 買物券

株価更新日:2024年5月17日

17日の終値株価1,035円最低投資額103,500円
最低必要株数100継続保有特典

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


クロスプラス(3320)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-01-291,272-50,900-179,600-128,700298,1001.3520.8115.0注意
2023-01-27775-140,900-171,400-30,50089,90012.812.816.0停止
2022-01-27793-110,400-101,5008,900107,70012.812.819.0停止
2021-01-271,2200-60,800-60,800320,9002.8510.4318.0
2020-01-29793-62,100-187,500-125,400188,10038.412.837.0注意
2019-01-28776-41,300-191,600-150,300193,20012.812.813.0注意
2018-01-261,148-500-129,900-129,400160,90019.219.213.0注意
2017-01-26662-48,700-179,200-130,500240,60014.014.012.010倍
2016-01-26610-19,000-96,200-77,200153,40033.611.230.0注意
2015-01-27828-44,500-123,300-78,800165,70043.214.435.0注意
2014-01-28887-45,900-116,600-70,700154,80048.016.0310.0
2013-01-28901-45,100-174,600-129,500167,30016.016.01
2012-01-26813-45,700-135,200-89,500137,30016.016.01
2011-01-26801-56,200-226,500-170,300201,9008.08.01

逆日歩常連銘柄です。

クロスプラス(3320)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(1月31日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 1月31日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待銘柄数27のうち、クロス向けの貸借銘柄は11、類似優待も少ないので注意です。

    1月実施、「自社ポイント等」優待銘柄。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    今までの優待権利日では、過去に9回、規制が入っています。調査時点では注意喚起等にはなっていませんが、今後に警戒です。
    • 2024/01/29:135円 (1日)・・・注意
    • 2023/01/27:1,280円 (1日)・・・停止
    • 2022/01/27:1,280円 (1日)・・・停止
    • 2020/01/29:3,840円 (3日)・・・注意
    • 2019/01/28:1,280円 (1日)・・・注意
    • 2018/01/26:1,920円 (1日)・・・注意
    • 2017/01/26:1,400円 (1日)・・・10倍
    • 2016/01/26:3,360円 (3日)・・・注意
    • 2015/01/27:4,320円 (3日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    発行済株数が少ないと、株不足になるという典型的な例。因みに東証スタンダード 市場、ある程度の逆日歩は覚悟が必要。

    逆日歩更新日:2024年5月17日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/16(木)002,5000002,500-0
    05/15(水)002,5000002,500-0
    05/14(火)10002,5000002,500-0
    05/13(月)002,4000002,400-0
    05/10(金)01002,4000002,400-0
    05/09(木)002,5000002,500-0
    05/08(水)002,5000002,500-0
    05/07(火)002,5000002,500-0
    05/02(木)01002,5000002,500-0
    05/01(水)002,600010002,600-0
  5. クロスプラスの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    高額逆日歩の常連銘柄です。過去に12回も最大逆日歩になっているので、最大限の警戒が必要です。
    • 2024/01/29:135円 (1日)・・・注意
    • 2023/01/27:1,280円 (1日)・・・停止
    • 2022/01/27:1,280円 (1日)・・・停止
    • 2021/01/27:285円 (3日)
    • 2020/01/29:3,840円 (3日)・・・注意
    • 2019/01/28:1,280円 (1日)・・・注意
    • 2018/01/26:1,920円 (1日)・・・注意
    • 2017/01/26:1,400円 (1日)・・・10倍
    • 2016/01/26:3,360円 (3日)・・・注意
    • 2015/01/27:4,320円 (3日)・・・注意
    • 2014/01/28:4,800円 (3日)
    • 2013/01/28:1,600円 (1日)
    • 2012/01/26:1,600円 (1日)
    • 2011/01/26:800円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    100株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 100株:約10万円
    • 500株:約52万円
    • 1000株:約104万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

    クロスプラスと同じ3,000円相当の優待価値、1月実施の優待一覧。


スポンサーリンク


クロスプラス(3320)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

制度信用クロスは、かなりの高額逆日歩リスクがあるので、貸株料を見極めて、早めの一般信用クロス取引がおすすめ!

クロスプラスは、クロス取引の仕方によって、手数料も異なります。

5月17日の終値、株価1,035円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額10.4万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
11/294444417234416
21/285565521285620
31/276676626346724
41/247787730407828
51/238898834468932
61/2211122121476312244
71/2112133132516813348
81/2013144143567414452
91/1714156154608056
101/1615167165648560
111/15182001977710372
121/14192112088110876
131/13202222198511480
141/10212332309012084
151/9229412588
161/825107142100
171/726111148104
181/627115154108
191/328120160112
201/229124165116
211/132137182128

クロスプラスの権利付最終日(2025年1月29日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額10.4万円、クロスプラスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月19日)から直近の優待権利日(2025年1月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、クロスプラスを10.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:10.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(258日分)+プレミアム料1,103円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(258日分)+プレミアム料
1,366円=115円+148円+1,103円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:10.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(258日分)1,470円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(258日分)
1,036円=7円+1,029円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、クロスプラスを10.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:10.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ44円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
276円=115円+148円+13円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:10.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ44円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
256円=100円+143円+13円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:10.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料13円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)+プレミアム料
276円=115円+148円+13円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:10.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)13円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:10.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)13円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)
276円=115円+148円+13円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
20円=7円+13円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
19円=7円+13円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので4日です。

※クロスプラスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

クロスプラス(3320)のクロス取引・株主優待まとめ

  • クロスプラスは優待制度変更で魅力度アップ!
  • 高額逆日歩リスクも増大!
  • 自分のくじ運を信じるなら、現物保有で旅行券の抽選にかけてみるのも吉
  • 100株以上で3,000円相当のクーポン券、しかし送料も無料になるので、優待価値は企業発表以上の魅力あり!
  • 一般信用売り在庫があるなら、早めのクロス取引が1番確実!
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!