レシップホールディングス有するレシップグループは、バスや鉄道、自動車や産業機器市場で事業を展開している企業です。

運行管理システム(TMS)や電装機器やLED電源など、暮らしを快適にするシステムを製造しています。

そんなレシップHDの株主優待、クロス取引に必要な情報をまとめています。

当記事を最後まで読むことで、過去の逆日歩一覧、クロス取引手数料(貸株料・逆日歩)の理解が深まります。

レシップホールディングス(7213)の株主優待

レシップホールディングス(7213)の株主優待は、本社のある岐阜の特産品です。

優待内容詳細

保有株式数保有期間
1年以上3年以上
200株以上2,000円相当の特産品2,800円相当の特産品

レシップホールディングス(7213)の優待権利日は年1回、9月末のみです。

優待品は、柿の王様と呼ばれている「富有柿」もしくは、明宝ハムセットです。

2022年7月優待制度拡充の発表

現行の優待制度に加えて、岐阜県の寄付先団体へ寄付も可能になりました。

  • 1年以上:2,000円の寄付
  • 3年以上:2,800円の寄付

その他の変更はありません。

株主優待に長期保有制度はあるの?

必須・特典あり

1年以上の継続保有が必須ですが、3年以上で柿のサイズがLLになります。

継続保有の条件

基準日までの各3回(前年9月末日、当年3月末日・9月末日)の各株主名簿に、同一株主番号で3回連続で記載又は記録されること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに200株以上の取得が必要です。

レシップホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

レシップホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り6ヵ月と25日(209日)
逆日歩日数:1日

レシップホールディングス(7213)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code7213優待内容岐阜県特産品
業種輸送用機器上場市場東証プライム 
決算3月 優待月9月
本社岐阜上場年月日2005年12月14日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数14,178,000企業のHP優待詳細
優待の種類食品

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価707円最低投資額141,400円
最低必要株数200継続保有必須・特典

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


レシップホールディングス(7213)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-27565-25,600-72,800-47,20087,9001.54.830.0
2022-09-28503-3,600-23,900-20,30074,4000.154.830.0
2021-09-28605-12,800-25,900-13,10062,7000.055.61
2020-09-28600-23,000-53,800-30,80087,6000.054.81
2019-09-26767-14,000-39,400-25,40081,9000.056.41
2018-09-25857-25,900-102,600-76,700134,6000.157.23
2017-09-26934-87,700-151,700-64,00095,6000.158.03
2016-09-27898-93,800-144,600-50,80067,90021.67.23
2015-09-25899-77,100-203,000-125,900145,9007.27.21
2014-09-25935-77,000-122,800-45,80099,8001.016.01注意
2013-09-258941,200500-70037,2001
2012-09-257983,300600-2,70013,4003
2011-09-27748900100-8005,2003

レシップホールディングス(7213)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は389、クロス取引可能な貸借銘柄は280、同じ優待分類の企業も多いです。

    レシップホールディングスと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、9月実施の『食品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    調査時点で規制情報はありませんが、過去に1度だけ規制が入った事があるので、少しだけ注意です。
    • 2014/09/25:100円 (1日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は14,178,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)1,3001,3009,40005008,9005001.060
    01/29(月)9001009,40080009,40001.00
    01/26(金)1001008,600008,60001.00
    01/25(木)2002008,600008,60001.00
    01/24(水)4004008,600008,60001.00
    01/23(火)3007008,600008,60001.00
    01/22(月)1,3001,3009,00004008,6004001.050
    01/19(金)03009,00003009,00001.00
    01/18(木)7007009,3001001009,30001.00
    01/17(水)5001,8009,3002001,5009,30001.00
  5. レシップホールディングスの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    最大逆日歩が、いままで2回も発生、逆日歩が脅威です。
    • 2023/09/27:150円 (3日)
    • 2022/09/28:15円 (3日)
    • 2021/09/28:5円 (1日)
    • 2020/09/28:5円 (1日)
    • 2019/09/26:5円 (1日)
    • 2018/09/25:15円 (3日)
    • 2017/09/26:15円 (3日)
    • 2016/09/27:2,160円 (3日)
    • 2015/09/25:720円 (1日)
    • 2014/09/25:100円 (1日)・・・注意

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は200株なので、実際の逆日歩金額はさらに2倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ○:必要株数では低リスク
    優待取得に200株必要ですが、投資金額としては少ない方なので、逆日歩が発生しても痛みは少ないです。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有が必須と同時に優待額が豪華になる特典付き、警戒は必要です。

    レシップホールディングスと優待価値が2,000円でほぼ一緒、9月実施の優待一覧。


スポンサーリンク


レシップホールディングス(7213)の優待クロス(制度・一般)

レシップホールディングスは、逆日歩の発生しない、一般信用取引も可能です。

2月29日の終値、株価707円の必要株数分(200株)で計算。

投資金額14.1万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262303012153011
29/255757429397527
39/246908935469032
49/207105104415410538
59/198121119466212143
69/1812181178709318165
79/17131961937510019670
89/13142112088110876
99/12152262238711681
109/1119286283110147103
119/1020301297116155108
129/921316312122162114
139/622331327127170119
149/523347342133178124
159/426151201141
169/327156209146
179/228162216151
188/3029168224157
198/2930174232162
208/2833191255178

レシップホールディングスの権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額14.1万円、レシップホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、レシップホールディングスを14.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:14.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(211日分)+プレミアム料1,223円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(211日分)+プレミアム料
1,486円=115円+148円+1,223円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:14.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(211日分)1,630円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(211日分)
1,151円=10円+1,141円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、レシップホールディングスを14.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ30円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
272円=115円+148円+9円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ30円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
251円=100円+143円+8円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料9円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)+プレミアム料
272円=115円+148円+9円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)9円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)8円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)
271円=115円+148円+8円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
19円=10円+9円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
17円=9円+8円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので2日です。

※レシップホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

レシップホールディングス(7213)のクロス取引・株主優待まとめ

レシップホールディングス、過去に最大逆日歩が発生していますが、優待制度が変更になる前の逆日歩です。

実は、2019年9月末までは、1年以上の継続保有の条件がなかったのです。

クロス取引し放題ってわけではありませんが、約20万円の投資額に対して、2,000円相当の珍しい「富有柿」なら、人気が出るのは当たり前です。

制度が変更になってから、大きな逆日歩は発生していませんが、それだけクロス取引するにはハードルが高いです。

輸送機器事業で数々のトップシェア製品を誇るレシップホールディングスですが、株価が下がっており、現物保有するチャンスかもしれません。ただ、今が底とは限りませんので、投資は自己責任、自己判断でお願いします。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!