セロテープの登録商標を持つ『ニチバン』の株主優待、クロス取引情報をまとめました。

当記事を最後まで読むことで、過去の逆日歩一覧、クロス取引手数料(貸株料・逆日歩)の理解が深まります。

ニチバン(4218)は、100年以上の歴史がある企業です。
絆創膏開発で蓄積してきた粘着技術が凄い!
ヘルスケアから工業品まで幅広く事業展開しています。
ニチバンの株主優待
引用元:ニチバン(4218)

ニチバン(4218)の株主優待

ニチバン(4218)の株主優待は、新製品を中心とした自社商品です。

ニチバンの優待内容詳細

保有株式数 優待内容
100株以上 3,500円相当の自社商品

ニチバン(4218)の優待権利日は年1回、9月末のみです。

自慢のセロテープ関連商品や、絆創膏などのグッズが貰えます。

株主優待に長期保有制度はあるの?

必須あり

半年以上の継続保有が必須です。

継続保有の条件

割当基準日(9月末日)と、その6ヵ月前である同年の3月末日に、同一株主番号にて連続して株主名簿に記載されること。

ニチバン(4218)の株主優待制度の歴史

ニチバン(4218)は、ここ数年で何回か優待制度を変更しています。

  1. 1,000株保有で3,000円相当の優待品
  2. 2017年10月1日
    単元株数変更(1000株⇒100株)
    株式併合(2株⇒1株)
  3. 2018年9月末(拡充)
    100株保有で3,000円相当の優待品
  4. 2021年9月末(改悪)
    100株保有で3,500円相当の優待品
    (半年以上の継続保有が必須)

ニチバンの株主優待、元々は1,000株保有で3,000円相当の自社商品が貰えました。

それが、単元株数変更と株式併合後、優待に必要な最低保有株数は、100株に変更です。

1,000株必要がが100株になり、そのタイミングで2株が1株に併合しているので、従来の投資額の1/5に拡充です。

言い換えると、優待価値が5倍になったという事です。

それで良かったのですが、その後500円分優待価値がアップする代わりに半年以上の継続保有が必須になりました。

これが、ここ数年のニチバンの株主優待制度の歴史です。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

ニチバンに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ニチバンの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り4ヵ月と3日(126日)
逆日歩日数:1日

ニチバン(4218)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code4218優待内容自社製品
業種化学上場市場東証プライム 
決算3月 優待月9月
本社東京上場年月日1961年10月2日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数20,738,000企業のHP優待詳細
優待の種類暮らし

株価更新日:2024年5月17日

17日の終値株価1,767円最低投資額176,700円
最低必要株数100継続保有必須

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ニチバン(4218)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-271,886-2,900-21,800-18,90071,1000.1515.230.0
2022-09-281,598-2,300-13,100-10,80062,1000.1512.830.0
2021-09-281,852-1,800-16,100-14,30055,5000.0515.21
2020-09-281,822-23,100-116,000-92,900259,4000.0515.21
2019-09-261,6403,400-28,600-32,000356,8000.0513.61
2018-09-252,7241,600-4,200-5,800206,8000.1522.43
2017-09-261,130-10,000-39,000-29,000147,0000.159.23
2016-09-2776810,000-12,000-22,000144,0000.06.43
2015-09-2558915,000-85,000-100,000210,0000.04.81
2014-09-25395-16,000-311,000-295,000366,0004.04.01
2013-09-254078,000-281,000-289,000313,0000.056.01
2012-09-25264-15,000-172,000-157,000214,0000.156.03
2011-09-2727427,000-150,000-177,000214,0000.66.03

ニチバン(4218)の最大逆日歩リスク【7つのチェック】

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は391、クロス取引可能な貸借銘柄は279、同じ優待分類の企業も多いです。

    ニチバンと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、9月実施の『暮らし』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は20,738,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年5月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/22(水)01,1003,70007002,9008001.280
    05/21(火)5006004,8001001,4003,6001,2001.330
    05/20(月)1001,6004,90001,5004,90001.00
    05/17(金)1,5001,6006,40001006,40001.00
    05/16(木)2,0002,0006,500006,50001.00
    05/15(水)1,2001,5006,5001004006,50001.00
    05/14(火)1,0001,6006,8002008006,80001.00
    05/13(月)2,8001,5007,4001,5002007,40001.00
    05/10(金)30006,1004001006,10001.00
    05/09(木)1,0001005,8001,0001005,80001.00
  5. ニチバンの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    最大逆日歩が、いままで1回も発生、逆日歩が脅威です。
    • 2023/09/27:15円 (3日)
    • 2022/09/28:15円 (3日)
    • 2021/09/28:5円 (1日)
    • 2020/09/28:5円 (1日)
    • 2019/09/26:5円 (1日)
    • 2018/09/25:15円 (3日)
    • 2017/09/26:15円 (3日)
    • 2014/09/25:400円 (1日)
    • 2013/09/25:5円 (1日)
    • 2012/09/25:15円 (3日)
    • 2011/09/27:60円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ○:必要株数では低リスク
    優待に必要な株数は100株のみ、株価もそれほど高くないので、逆日歩リスクは少ないです。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ○:優待価値では低リスク
    継続保有が必須、優待クロスの難易度アップでクロス参加者は限定!

    優待価値がニチバンと同じぐらいの銘柄。


スポンサーリンク


ニチバン(4218)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

ニチバンは、逆日歩の発生しない、一般信用取引も可能です。

5月17日の終値、株価1,767円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額17.7万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262383715193814
29/255959336489534
39/246113112445811341
49/207132131516813248
59/198151149587815154
69/18122272248711622781
79/17132462439512624688
89/131426526110213695
99/1215284280109145102
109/1119359355138184129
119/1020378373145194136
129/921397392153204143
139/622416411160213149
149/523435429167223156
159/426189252177
169/327196262183
179/228204272190
188/3029211281197
198/2930218291204
208/2833240320224

ニチバンの権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額17.7万円、ニチバンのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月23日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ニチバンを17.7万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(128日分)+プレミアム料931円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(128日分)+プレミアム料
1,194円=115円+148円+931円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(128日分)1,241円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(128日分)
881円=12円+869円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ニチバンを17.7万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ38円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
274円=115円+148円+11円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ37円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
254円=100円+143円+11円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料11円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)+プレミアム料
274円=115円+148円+11円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)11円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)11円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)
274円=115円+148円+11円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
23円=12円+11円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
22円=11円+11円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので2日です。

※ニチバンの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、ニチバンの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
05/22(水)5,0005,0005,0005,000
05/21(火)6,0006,0006,0005,000
05/20(月)6,0006,0006,0006,000
05/17(金)6,0006,0006,0006,000
05/16(木)6,0006,000-6,000
05/15(水)6,000-6,0006,000
05/14(火)6,0006,0006,0006,000
05/13(月)6,0006,0006,0006,000
05/10(金)6,0006,0006,0006,000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

9月の株主優待情報をまとめて確認

ニチバン(4218)のクロス取引・株主優待まとめ

ニチバン(4218)の逆日歩は微々たるものです。

毎年株不足にはなっていますが、100株で数円程度の逆日歩です。

注意喚起等の規制になった事もなく、クロス取引に最適な銘柄だったかもしれません。

しかし、2021年より、半年以上の継続保有が必須になり、クロス取引難度が上がっています。

その分、逆日歩リスクは少なくなるはずですが、2021年実績では、従来通りの逆日歩です。

ただ、出来高は極端に少なくなっており、クロス取引参加者が少なくなったことが過去データからわかります。

また優待変更の動きがあったタイミングで、配当額も年々減ってきています。連動するように株価もさがっているので、株価が安い!今後を期待するなら、クロス取引よりも現物保有かも!!

もちろん、今が底とは限りません。投資は自己判断でお願いします。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!