アクシージア(4936)の株主優待が拡充

優待取得に必要な最低保有株数を200株に変更した『アクシージア』の株主優待情報をまとめました。

改悪ともとれる、優待制度の変更ですが、500株以上なら優待価値のアップ、さらに長期保有も新設で、総合的には拡充です。

当記事では、株主優待の変更履歴、クロス取引のやり方と各手数料、過去の逆日歩一覧、まとめて確認できます。

投資メモ

基礎化粧品分野に定評のあるスキンケア商品が主力の化粧品メーカー
サプリ開発もおこなっており、売り上げの多くは中国

アクシージア(4936)の株主優待

アクシージア(4936)の株主優待は、人気のハルカブランドなどのコスメ商品です。

2024年からは、オンランショップの優待券になったので、コスメ以外に、美容ドリンクも選べます。

ただし、取扱商品の多くは7,000円以上だったりします。

また、6,000円ちょうどの商品も少なく、ネットショップでの優待利用の利便性はあまりよくないです。

優待内容詳細

優待権利日は年1回、7月末のみです。

2022年7月に優待が新設されたばかりですが、2024年に早くも拡充変更です。

2024年7月末からの株主優待(現状)

保有株式数 優待の内容(継続保有)
1年未満 1年以上 3年以上
200株以上 6,000円分 7,500円分 9,000円分
500株以上 12,000円分 18,000円分 24,000円分
1,000株以上 18,000円分 27,000円分 36,000円分

自社商品が貰えるのには、変わりがありませんが、今後は公式オンラインショップで利用できる優待券に変更です。

優待変更前は、「ファンケルや小林製薬」のような優待制度でしたが、変更後は「アスクル」に近いイメージです。

オンラインショップで気になるのは、送料ですが、「axxzia.jp」は、送料無料、最低でも6,000円分がそのまま商品購入に使えます。

2023年7月末までの株主優待

保有株式数 優待内容(自社商品)
100株以上 3,000円相当
500株以上 10,000円相当
1,000株以上 17,000円相当

あらかじめ決められていた、自社商品アイテムの中から、好きなコスメを選ぶことができます。

金額も3.000円相当や10,000円相当になっているのは、選ぶコスメによって、販売金額が異なっているからです。

  1. 2021年2月(上場)
    新規上場で株価は2,000円以上
  2. 2022年7月末(新設)
    コスメ優待スタート
  3. 2024年7月末(拡充)
    長期保有制度の新設
    自社商品から優待券に変更

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

1年以上、3年以上で、優待券が増えるランクアップ特典です。

継続保有の条件

毎年1月末日及び7月末日現在の株主名簿に、同一株主番号で、連続して3回や7回以上記録、そのすべての基準日(1月末・7月末)において、各区分の最小株式数(200 株、500 株または 1,000 株)を下回ることなく保有していること。

つまり、優待取得に必要な株数を1度でも下回ったら、長期保有になりません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年7月31日」です。

権利付き最終日の「7月29日」までに200株以上の取得が必要です。

アクシージアに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

アクシージアの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年7月31日

権利付き最終日:7月29日(月)・・・残り1ヵ月と8日(38日)
逆日歩日数:1日

アクシージア(4936)の基本情報

情報更新日:2024年5月21日

code4936優待内容自社商品
業種化学上場市場東証プライム 
決算7月 優待月7月
本社東京上場年月日2021年2月18日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数25,167,000企業のHP優待詳細
優待の種類自社製品

株価更新日:2024年6月20日

20日の終値株価1,032円最低投資額206,400円
最低必要株数200継続保有特典

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


アクシージア(4936)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-07-271,248-111,500-397,800-286,300628,2002.3520.8114.0注意
2022-07-27977-274,400-292,100-17,700177,2000.1516.030.0停止

アクシージア(4936)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(7月31日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年7月31日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 7月31日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待実施銘柄は、全部で33ありますが、クロス向けの貸借銘柄は13とやや少ないので注意が必要です。

    7月の自社商品と同じ分類銘柄。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    現時点で注意喚起等の規制はありませんが、過去に2回、優待権利日に規制が入っているので、やや注意です。
    • 2023/07/27:235円 (1日)・・・注意
    • 2022/07/27:15円 (3日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は25,167,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年6月20日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    06/19(水)01,70013,00003002,90010,1004.480
    06/18(火)80010014,70060003,20011,5004.590
    06/17(月)90010014,0001002,0002,60011,4005.380
    06/14(金)02,40013,2009001,4004,5008,7002.930
    06/13(木)1,400015,60003005,00010,6003.120
    06/12(水)50020014,2007005005,3008,9002.680
    06/11(火)050013,9003008005,1008,8002.730
    06/10(月)100014,40002005,6008,8002.570
    06/07(金)1,30080014,30008005,8008,5002.470
    06/06(木)1001,60013,8001001006,6007,2002.090
  5. アクシージアの発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    最大逆日歩も高額逆日歩も発生していませんが、2回ほど、少額ながら逆日歩は過去に発生しています。
    • 2023/07/27:235円 (1日)・・・注意
    • 2022/07/27:15円 (3日)・・・停止

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は200株なので、実際の逆日歩金額はさらに2倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    必要株数によって、優待内容の差はありませんが、必要株数が最低単位ではなく、200なので、やや注意です。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

    7月実施の高額優待、他にもあります。

    • オーエス


スポンサーリンク


アクシージア(4936)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較

アクシージアの逆日歩の次は、貸株料(手数料)です。

6月20日の終値、株価1,032円の必要株数分(200株)で計算。

投資金額20.6万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
17/292444317234416
27/263666525346624
37/254888734458832
47/247154152597915455
57/238176174689017663
67/2291981967610219871
77/19102202178511322079
87/18112422399312424287
97/1714308304119158111
107/1615330326127169119
117/1216352348135181126
127/1117374369144192134
137/1021462456178237166
147/922484478186248174
157/823195260182
167/524203271190
177/425212282198
187/328237316221
197/229246327229
207/130254339237

アクシージアの権利付最終日(2024年7月29日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額20.6万円、アクシージアのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年6月21日)から直近の優待権利日(2024年7月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、アクシージアを20.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:20.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(38日分)+プレミアム料322円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(38日分)+プレミアム料
733円=198×2円+16円+322円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:20.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(38日分)429円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(38日分)
314円=14円+300円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、アクシージアを20.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ44円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
425円=198×2円+16円+13円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ43円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
398円=187×2円+11円+12円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料13円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)+プレミアム料
425円=198×2円+16円+13円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)13円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)12円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)
424円=198×2円+16円+12円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
27円=14円+13円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
25円=13円+12円

※優待権利日最終日に売買しても、逆日歩日数が多い時は、貸株日数(貸株料)も通常より多くなります。

※アクシージアの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

アクシージア(4936)のクロス取引・株主優待まとめ

  • 優待取得に必要な最低保有株数は200株に変更になったので注意
  • 優待変更(拡充)で、金額的には増えているが、オンラインショップでの利用は不便
  • 株主優待を意識したオンラインショップではないため、金額ちょうどの商品が少ない(2024年時点)
  • プレミアアンチエイジングの優待制度を意識したのか、拡充で競い合って貰えると投資家としては嬉しい
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!