アグロ カネショウ株主優待

農薬を使う技術を売る会社『アグロ カネショウ』の株主優待情報をまとめました。

過去の逆日歩クロス取引コスト(売買手数料・貸株料)の理解を深めたい方向けの記事です。

投資メモ

アグロ カネショウは、果樹・野菜・花卉向けの農薬専業メーカーです。
農家の意見を真摯に聞く社風、土壌分析による技術提案型営業などが特徴!海外展開も積極的!

アグロ カネショウ(4955)の株主優待

アグロ カネショウ(4955)の株主優待は、自社サービスと少しは関連がありそうなおこめ券です。

優待内容詳細

保有株式数優待の内容(お米券)
継続保有
1年未満
継続保有
1年以上
100株以上2枚(2kg分)4枚(4kg分)

アグロ カネショウ(4955)の優待権利日は年1回の12月末のみです。

株主優待は、2016年12月末に新設された、おこめ券優待です。

優待新設時は、100株保有でおこめ券2枚のみでしたが、2017年12月末には、すぐに優待制度が拡充!

1年以上の継続保有制度が追加になっています。↓

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、優待価値が2倍になるランクアップ特典です。

継続保有の条件

12月末日および6月末日の株主名簿に、同一株主番号で連続3回(12月末が2回及び6月末が1回)以上記載または記録されること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2023年12月31日」です。

権利日最終日の「12月27日」までに100.0株以上の取得が必要です。

アグロ カネショウの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利日:2023年12月31日

権利日最終:12月27日(水)・・・残り9ヵ月と3日(278日)
逆日歩日数:6日

アグロ カネショウ(4955)の基本情報

code4955優待内容おこめ券
業種化学上場市場東証プライム 
決算12月 優待月12月
本拠地東京上場年月日1993年6月24日 
単位100貸借区分貸借
継続保有特典企業の優待HP優待詳細
優待の種類食品
最低必要株100.0最低投資額161,400円
配当予想30.0配当落日2022年12月29日
発行済株数13,404千株データ調査日2022年12月15日

最低投資額のみ、3月23日の終値株価で計算。

アグロ カネショウ(4955)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2021-12-281,301-7,000-62,900-55,90096,0005.7511.2512.0
2020-12-281,734-1,700-42,200-40,50071,2002.014.4512.0
2019-12-261,5860-30,000-30,00052,5002.112.8712.0
2018-12-251,910-8,100-15,100-7,000118,4002.116.0712.0
2017-12-262,173-23,600-38,400-14,80082,6002.117.6612.0
2016-12-271,1702,100-24,600-26,70083,3002.09.6512.0
2015-12-2595111,4005,200-6,20022,200522.0
2014-12-251,19115,50020,3004,80042,700627.0
2013-12-2571035,90032,700-3,20045,100725.0

制度信用クロスをおこなうなら、腕が試させる銘柄!

アグロ カネショウ(4955)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

逆日歩回避チェックの詳しい説明は「高額逆日歩になる事前予兆を見逃すな?知らないと損!7つのチェック」をご参考ください。

  1. 株主優待12月の逆日歩日数

    ×:投資は自己判断で!
    2023年12月31日は、逆日歩日数が6日と、通常の権利日よりリスクが高まっています。
  2. 株主優待クロス取引12月の銘柄数

    ○:少しだけ安全圏かも
    優待実施数は175と多く、クロス取引可能な銘柄数も119ですが、ユニークな優待で注目の可能性もありです。

    12月実施、おこめ券優待銘柄。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:少しだけ安全圏かも
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
  4. 貸借倍率と発行済株式数

    △:やや注意
    発行済株式数は13,404千株であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意です。

    最新の貸借倍率と逆日歩速報(毎日チェック)

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    03/23(木)0090020001,300-4000.690
    03/22(水)0090010001,100-2000.820
    03/20(月)500100900001,000-1000.90
    03/17(金)00500001,000-5000.50
    03/16(木)10030050001001,000-5000.50
    03/15(水)300070010001,100-4000.640
    03/14(火)100040001001,000-6000.40
    03/13(月)2004,7003001003001,100-8000.270
    03/10(金)4,7002004,80006001,3003,5003.690
    03/09(木)2004,70030060001,900-1,6000.160.05
  5. アグロ カネショウの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去6回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2021年12月:575円 (5日)
    • 2020年12月:200円 (5日)
    • 2019年12月:210円 (7日)
    • 2018年12月:210円 (7日)
    • 2017年12月:210円 (6日)
    • 2016年12月:200円 (5日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ○:少しだけ安全圏かも
    優待に必要な株数は100株のみ、株価もそれほど高くないので、逆日歩リスクは少ないです。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:投資は自己判断で!
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

アグロ カネショウ(4955)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

アグロ カネショウのクロス取引、手数料も忘れてはいけません。

3月23日の終値、株価1,614円の必要株数分(100.0株)で計算。

投資額16.1万円の貸株料【各証券会社の比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
112/277120119466212043
212/268138136537113849
312/259155153607915556
412/2210172170668817262
512/2111189187739718968
612/20142412389312424186
712/19152582559913225893
812/181627527210614127599
912/1517292289112150105
1012/1418310306119159111
1112/1321361357139185130
1212/1222378374146194136
1312/1123396391152203142
1412/824413408159212148
1512/725165221154
1612/628185247173
1712/529192256179
1812/430198265185
1912/131205273191
2011/3032212282198
2111/2935232309216
2211/2836238318222

アグロ カネショウの権利付最終日(2023年12月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

投資金額16.1万円、アグロ カネショウのクロス取引シミュレーションです。

本日(2023年3月24日)から直近の優待権利日(2023年12月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、アグロ カネショウを16.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:16.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(283日分)+プレミアム料1,872円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(283日分)+プレミアム料
2,135円=115円+148円+1,872円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:16.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(283日分)2,497円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(283日分)
1,759円=11円+1,748円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。

制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、アグロ カネショウを16.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:16.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(7日分)のみ120円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(7日分)
299円=115円+148円+36円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:16.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(7日分)のみ119円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(7日分)
277円=100円+143円+34円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:16.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(7日分)+プレミアム料36円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(7日分)+プレミアム料
299円=115円+148円+36円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:16.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(7日分)36円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:16.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(7日分)34円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(7日分)
297円=115円+148円+34円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(7日分)
47円=11円+36円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(7日分)
44円=10円+34円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので7日です。

※アグロ カネショウの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

アグロ カネショウ(4955)のクロス取引・株主優待まとめ

  • アグロ カネショウ(4955)は、優待導入年度から、逆日歩常連銘柄
  • 投資金額に対する優待利回りが高いので、毎年人気の優待銘柄
  • ここ数年間の逆日歩は、常に200円以上だが、200円から大きくぶれたのは1度だけ!
  • いつかは、高額逆日歩になる可能性もあるので、クロス取引する際はご注意!
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!