全国の丸善、ジュンク堂書店の店舗を運営しているのが、丸善CHIホールディングスです。

日本全国、本屋さんが苦戦している中、本屋さんおすすめの本などのポップが参考になるなど、週に1度は通いたくなる本屋さんを展開している企業です。

そんな丸善CHIホールディングスの株主優待、クロス取引に関連する過去の逆日歩情報をまとめました。

丸善CHIホールディングス株主優待引用元:丸善CHIホールディングス

丸善CHIホールディングス(3159)の株主優待

丸善CHIホールディングス (3159)の優待品はもちろん自社の店舗で利用できる商品券です。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
100株以上 500円相当の商品券
200株以上 1,000円相当の商品券
500株以上 2,000円相当の商品券
2,000株以上 3,000円相当の商品券
3,000株以上 4,000円相当の商品券
4,000株以上 5,000円相当の商品券
5,000株以上 6,000円相当の商品券

年に1度、7月末だけ実施される優待です。

だいたい、9月頃に送られてきます。

最も優待利回りが良くなるのは、100株ですが、株価が安いので、ついつい複数枚欲しくなってしまいます。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

丸善CHIホールディングスの株主優待制度を利用した感想

丸善、ジュンク堂書店が気に入っている理由の1つが、QUOカードも使える事です。

つまり、金券として、図書カード、QUOカード、商品券(優待券)が使えるんです。

金券扱いなので、併用利用もできます。ただ、商品券だけは図書カード、QUOカードと違って、お釣りができません。

 

どうせならQUOカードを優待品にしてしまえばと思ってしまうのですが、QUOカードだと、自社店舗で使ってもらえない可能性もありますね。

近くに通える店舗がある方なら、株価も安いので、1度は優待体験しても良いでしょう。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年7月31日」です。

権利付き最終日の「7月29日」までに100株以上の取得が必要です。

丸善CHIホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

丸善CHIホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年7月31日

権利付き最終日:7月29日(月)・・・残り1ヵ月と8日(38日)
逆日歩日数:1日

丸善CHIホールディングス(3159)の基本情報

情報更新日:2023年10月29日

code3159優待内容買物券
業種小売業上場市場東証スタンダード 
決算1月 優待月7月
本社東京上場年月日2010年2月1日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数92,554,000企業のHP優待詳細
優待の種類買物券 娯楽レジャー

株価更新日:2024年6月20日

20日の終値株価337円最低投資額33,700円
最低必要株数100継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


丸善CHIホールディングス過去の逆日歩と制度信用リスクは?

丸善CHIホールディングス (3159)の過去の逆日歩一覧表です。

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-07-27356-408,500-992,100-583,6001,023,2000.58.010.0停止
2022-07-27381-469,000-968,300-499,300870,8006.08.03注意
2021-07-28394-251,600-762,400-510,800933,4004.24.03
2020-07-29373-186,300-748,400-562,100896,1007.54.03
2019-07-29382-271,500-831,600-560,100747,3008.08.01注意
2018-07-26372-201,700-819,300-617,6001,014,3004.88.01注意
2017-07-26362-177,300-603,600-426,300865,4000.558.01停止
2016-07-26400-251,200-532,800-281,600830,00024.08.03停止
2015-07-28390-174,300-778,900-604,600875,70012.04.03
2014-07-28341-266,500-697,300-430,800618,5008.08.01注意
2013-07-26301-180,400-555,200-374,800828,30015.015.01
2012-07-2619740,60036,400-4,20016,8001
2011-07-2622714,2009,700-4,50016,6003

丸善CHIホールディングスの最大逆日歩リスク

丸善CHIホールディングス (3159)の逆日歩リスクはどのくらいあるのでしょうか?

気になるポイントをわかりやすくまとめました。

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(7月31日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年7月31日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 7月31日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待実施銘柄は、全部で33ありますが、クロス向けの貸借銘柄は13とやや少ないので注意が必要です。

    7月の買物券と同じ分類銘柄。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    今までの優待権利日では、過去に7回、規制が入っています。調査時点では注意喚起等にはなっていませんが、今後に警戒です。
    • 2023/07/27:50円 (1日)・・・停止
    • 2022/07/27:600円 (3日)・・・注意
    • 2019/07/29:800円 (1日)・・・注意
    • 2018/07/26:480円 (1日)・・・注意
    • 2017/07/26:55円 (1日)・・・停止
    • 2016/07/26:2,400円 (3日)・・・停止
    • 2014/07/28:800円 (1日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    東証スタンダード 市場、それなりに知名度や優待価値が高いため、株不足に注意。

    逆日歩更新日:2024年6月20日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    06/19(水)0017,100001,90015,2009.00
    06/18(火)90090017,100001,90015,2009.00
    06/17(月)900017,10001001,90015,2009.00
    06/14(金)01,60016,2001,10002,00014,2008.10
    06/13(木)5001,00017,8000090016,90019.780
    06/12(水)1002,80018,30001,20090017,40020.330
    06/11(火)8,900021,00003002,10018,90010.00
    06/10(月)020012,10020002,4009,7005.040
    06/07(金)1,1001,00012,300002,20010,1005.590
    06/06(木)1,000012,2001002002,20010,0005.550
  5. 丸善CHIホールディングスの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    高額逆日歩の常連銘柄です。過去に5回も最大逆日歩になっているので、最大限の警戒が必要です。
    • 2023/07/27:50円 (1日)・・・停止
    • 2022/07/27:600円 (3日)・・・注意
    • 2021/07/28:420円 (3日)
    • 2020/07/29:750円 (3日)
    • 2019/07/29:800円 (1日)・・・注意
    • 2018/07/26:480円 (1日)・・・注意
    • 2017/07/26:55円 (1日)・・・停止
    • 2016/07/26:2,400円 (3日)・・・停止
    • 2015/07/28:1,200円 (3日)
    • 2014/07/28:800円 (1日)・・・注意
    • 2013/07/26:1,500円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ×:必要株数では警戒範囲
    株数によって複数の優待バリエーションがあります。確認できただけでも7つ、大量取得者がいると危険です。
    • 100株:約3万円
    • 200株:約7万円
    • 500株:約17万円
    • 2000株:約67万円
    • 3000株:約101万円
    • 4000株:約135万円
    • 5000株:約169万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    優待価値は低いですが、『丸善CHIホールディングス』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。


スポンサーリンク


丸善CHIホールディングスのクロス取引(制度信用・一般信用)

丸善CHIホールディングスのクロス取引手数料の比較です。

6月20日の終値、株価337円の必要株数分(100株)で計算。

投資額3.4万円を次の証券会社毎の金利(貸株料)で計算です。

制度信用取引・一般信用取引の金利(貸株料)比較表

1日あたりの金利と貸株料です。

証券会社名 信用金利 貸株料
制度信用 一般信用 制度信用 一般信用
(%) (円/日) (%) (円/日) (%) (円/日) (%) (円/日)
SBI証券2.802.62.802.61.151.1一般短期:3.90
一般無期:1.10
3.6
1.0
GMOクリック証券2.752.62.001.91.101.0一般短期:3.85
一般無期:0.80
3.6
0.7
auカブコム証券2.982.82.792.61.151.11.501.4
松井証券3.102.94.103.81.151.12.001.9
楽天証券2.802.62.802.61.101.0一般短期:3.90
一般無期:1.10
3.6
1.0
SMBC日興証券2.502.33.002.81.151.11.401.3
SBIネオトレード証券2.302.12.752.61.101.0取り扱いなし

貸株料は、翌日に信用売りを返却するので、最低2日、信用買いの金利は1日分が必要です。

投資金額3.4万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
17/292773473
27/263111146114
37/254151467155
47/24725251013259
57/238292911152910
67/229333213173312
77/1910363614193613
87/1811403915204014
97/17145150202618
107/16155454212820
117/12165857223021
127/11176261243222
137/10217675293927
147/9228079314129
157/823324330
167/524344531
177/425354733
187/328395237
197/229415438
207/130425639

丸善CHIホールディングスの権利付最終日(2024年7月29日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額3.4万円、丸善CHIホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年6月21日)から直近の優待権利日(2024年7月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、丸善CHIホールディングスを3.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:3.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(38日分)+プレミアム料53円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:55円 信用:99円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(38日分)+プレミアム料
207円=55円+99円+53円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:3.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(38日分)71円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(38日分)
52円=2円+50円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、丸善CHIホールディングスを3.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ7円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:55円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
156円=55円+99円+2円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ7円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:50円 信用:97円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
149円=50円+97円+2円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料2円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:55円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)+プレミアム料
156円=55円+99円+2円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)2円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:3.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)2円
【超割】

約定毎の手数料【現物:55円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)
156円=55円+99円+2円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
4円=2円+2円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
4円=2円+2円

優待権利日最終日の制度信用クロスなら、貸株料はごくわずかです。

※丸善CHIホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

丸善CHIホールディングスのクロス取引・株主優待まとめ

株価も安いし、利便性も高いので、人気優待銘柄になっています。

株価や逆日歩の過去データを再度確認していただければわかりますが、最もうまい買い方は優待クロスではなく、現物保有です。

 

クロス取引も簡単にできますが、逆日歩リスクも常にあります。

総コスト(貸株料や売買手数料、最大逆日歩)と優待金額を比べると当日の優待クロスなら、利益が出る可能性もあるから、皆さん挑むわけですが・・・

丸善やジュンク堂書店のファンなら、現物保有も悪くありません!!