サツドラホールディングス(3544)の株主優待

高額逆日歩常連『サツドラホールディングス』の株主優待情報をまとめました。

つなぎ売り(クロス取引)に必要な、過去の逆日歩、各証券会社毎の手数料(貸株料)が確認できます。

投資メモ

北海道地盤のドラッグストアであり、多角化事業も進めている注目企業
道内では、共通ポイントカード「EZOCA」が有名

サツドラホールディングス(3544)の株主優待

サツドラホールディングス(3544)の株主優待は、北海道関連の優待品やQUOカードPayなど、いろいろ選べるのが魅力です。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容(①~⑨)
100株以上 500円相当の優待を2つ選択
300株以上 1,500円相当の優待を2つ選択
900株以上 3,000円相当の優待を2つ選択
4,500株以上 10,000円相当の優待を2つ選択

優待権利日は年1回、5月15日のみです。

保有株数に応じた以下の優待品が貰えますが、ハガキとネットの申し込みで若干違いがあります。

①サツドラ特別優待券
②EZOポイント(ネットのみ)
③株主優待5%OFFカード
④サツドラアプリ専用 株主優待5%OFFクーポン(ネットのみ)
⑤QUOカードPay(ネットのみ)
⑥そらぷちキッズキャンプ 寄附

300株以上の場合
⑦北海道名産品 ラーメン詰合せ
⑧北海道名産品 お米
⑨北海道名産品 お菓子

900株以上の場合
⑦北海道名産品 お米
⑧北海道名産品 アイス詰合せ
⑨北海道名産品 餃子セット

4,500株以上の場合
⑦北海道名産品 肉製品詰合せ
⑧北海道名産品 ステーキセット
⑨北海道名産品 鮭切身

②と④と⑤の優待は、オンライン申込時のみ、選択が可能です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2025年5月15日」です。

権利付き最終日の「5月13日」までに100株以上の取得が必要です。

サツドラホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

サツドラホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2025年5月15日

権利付き最終日:5月13日(火)・・・残り11ヵ月と21日(355日)
逆日歩日数:1日

サツドラホールディングス(3544)の基本情報

情報更新日:2024年4月16日

code3544優待内容自社商品券等
業種小売業上場市場東証スタンダード 
決算5月 優待月5月15日
本社北海道上場年月日2016年8月16日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数14,236,000企業のHP優待詳細
優待の種類株主優待カード、自社商品券、北海道名産品

株価更新日:2024年5月22日

22日の終値株価888円最低投資額88,800円
最低必要株数100継続保有-

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


サツドラホールディングス(3544)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-05-11835-159,400-762,200-602,800910,2007.27.2110.0
2022-05-11645-117,800-362,600-244,800803,20012.95.639.34
2021-05-122,257-67,100-143,300-76,200203,20055.218.4328.0
2020-05-132,063-71,500-157,300-85,800175,50050.416.8328.0
2019-05-101,892-51,100-176,300-125,200134,30015.215.2128.0
2018-05-102,375-53,700-104,700-51,000134,00038.438.4128.0注意
2017-05-102,195-2,100-93,200-91,100160,60035.235.2135.0注意

優待利回りが良いので、高額逆日歩が毎回発生しています。

サツドラホールディングス(3544)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(5月15日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2025年5月15日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 5月15日のクロス取引可能な銘柄数

    ×:銘柄数では警戒範囲
    2025年5月15日のクロス取引可能な銘柄数は2と、極端に数が少なく、1つの銘柄に集中する可能性も高くかなり危険です。
  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    現時点で注意喚起等の規制はありませんが、過去に2回、優待権利日に規制が入っているので、やや注意です。
    • 2018/05/10:3,840円 (1日)・・・注意
    • 2017/05/10:3,520円 (1日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は14,236,000であり、東証スタンダード 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年5月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/22(水)04,20001,0004,70022,400-22,4000.00.15
    05/21(火)01,0004,2004,5004,30026,100-21,9000.160.05
    05/20(月)005,20020021,40025,900-20,7000.20.05
    05/17(金)01005,2001,60018,80047,100-41,9000.110.05
    05/16(木)05005,3001,00030,10064,300-59,0000.080.05
    05/15(水)03005,8008,60031,10093,400-87,6000.060.15
    05/14(火)6,00006,1000657,800115,900-109,8000.050.05
    05/13(月)1006,700100571,800100773,700-773,6000.014.40
    05/10(金)02,8006,70073,000300202,000-195,3000.030.05
    05/09(木)01,4009,50037,600300129,300-119,8000.070.05
  5. サツドラホールディングスの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    高額逆日歩の常連銘柄です。過去に6回も最大逆日歩になっているので、最大限の警戒が必要です。
    • 2023/05/11:720円 (1日)
    • 2022/05/11:1,290円 (3日)
    • 2021/05/12:5,520円 (3日)
    • 2020/05/13:5,040円 (3日)
    • 2019/05/10:1,520円 (1日)
    • 2018/05/10:3,840円 (1日)・・・注意
    • 2017/05/10:3,520円 (1日)・・・注意

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    100株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 100株:約9万円
    • 300株:約27万円
    • 900株:約80万円
    • 4500株:約400万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    優待価値は低いですが、『サツドラホールディングス』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。

    • 銚子丸


スポンサーリンク


サツドラホールディングス(3544)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

サツドラホールディングスのクロス取引手数料の比較です。

5月22日の終値、株価888円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額8.9万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
15/1321919710197
25/123292811152910
35/94383815203814
45/85484718244817
55/78767529397627
65/69868433448631
75/510959437499534
85/211105103405410538
95/112114113445941
104/3015143141557351
114/2916152150597855
124/2817162160628358
134/2518171169668861
144/2419181178699365
154/23228010775
164/22238411279
174/21248811782
184/18259112285
194/17269512789
204/162910614199
214/1530110146102
224/1431113151106

サツドラホールディングスの権利付最終日(2025年5月13日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額8.9万円、サツドラホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月23日)から直近の優待権利日(2025年5月15日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、サツドラホールディングスを8.9万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(355日分)+プレミアム料1,298円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(355日分)+プレミアム料
1,496円=99円+99円+1,298円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(355日分)1,731円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(355日分)
1,218円=6円+1,212円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、サツドラホールディングスを8.9万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ19円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
204円=99円+99円+6円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ19円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:90円 信用:97円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
192円=90円+97円+5円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料6円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)+プレミアム料
204円=99円+99円+6円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)6円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)5円
【超割】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)
203円=99円+99円+5円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
12円=6円+6円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
11円=6円+5円

投資金額8.9万円の場合、貸株料、売買手数料ともに証券会社の差は少ないです。

※サツドラホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

サツドラホールディングス(3544)のクロス取引・株主優待まとめ

  • 2024年に株主優待制度が少しだけ拡充(選べる種類が増える)
  • ハガキよりオンラインの方が選べる種類は増えるが、優待価値が上がるわけではない
  • 高額逆日歩常連銘柄なので、制度信用クロス取引はおすすめできない
  • 最大逆日歩にならなくても、優待価値を大きく超える逆日歩になる可能性が高いので注意
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!