AVANTIAという社名を聞いても、多くの方はピンと来ないと思いますが、旧サンヨーハウジング名古屋です。

戸建住宅事業、マンション事業を中心に幅広く不動産関係の事業をおこなっている企業です。

そんなAVANTIA(8904)の株主優待、クロス取引手数料、過去の逆日歩一覧データをご紹介です。

AVANTIA株主優待引用元:AVANTIA

AVANTIA(8904)の株主優待

AVANTIAの株主優待は、不動産会社らしいQUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数QUOカード優待
100株以上1,000円分
500株以上2,000円分

AVANTIA(8904)の優待権利日は年1回、8月末のみです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

必須あり

1年以上の継続保有が必須の優待制度です。

継続保有の条件

毎年8月31日を権利確定日として、2月末日現在および8月31日現在の株主名簿に連続して3回以上記載または記録されていること。

株主優待制度を利用した感想

不動産会社の優待ってQUOカードが多いですが、住宅展示場やマンションギャラリーなどで貰えるお土産もQUOカードが多いです。

販促品として、QUOカードが定番になっているから、優待品にしやすいのかもしれません。

QUOカードは、全国のコンビニや、マツモトキヨシといったドラッグストア、デニーズなどのファミレスでも利用可能です。

誰にでも平等で利便性も高いので、ありがたい優待品です。

AVANTIA(8904)の優待が仮に自社サービスだった場合、愛知本社の企業なので、恩恵を受けることが出来る株主が限定されたかもしれません。

そういった意味では、非常に理にかなっているありがたいQUOカード優待です。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年8月31日」です。

権利付き最終日の「8月28日」までに100株以上の取得が必要です。

AVANTIAに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

AVANTIAの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年8月31日

権利付き最終日:8月28日(水)・・・残り5ヵ月と27日(180日)
逆日歩日数:3日

AVANTIA(8904)の基本情報

情報更新日:2023年10月29日

code8904優待内容クオカード
業種不動産業上場市場東証プライム 
決算8月 優待月8月
本社愛知上場年月日2002年7月23日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数14,884,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価862円最低投資額86,200円
最低必要株数100継続保有必須

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


AVANTIA(8904)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-08-29891-183,000-406,200-223,200363,0002.914.4119.0注意
2022-08-29830-83,500-254,600-171,100345,7006.014.4119.0注意
2021-08-27901-66,900-198,800-131,900370,4006.016.0119.0注意
2020-08-27866-105,300-133,700-28,400389,0002.9514.4119.0停止
2019-08-28960-26,300-19,0007,300137,1000.1516.0319.0停止
2018-08-281,128-32,300-136,400-104,100174,70028.89.6319.0
2017-08-281,107-2,500-34,800-32,30057,5001.59.6119.0
2016-08-26911-13,400-56,300-42,90076,5001.58.0119.0
2015-08-261,0946,400-15,800-22,20079,0000.08.8119.0
2014-08-261,053-16,000-17,100-1,10066,9000.158.8319.0
2013-08-271,10653,00060,6007,60036,7003
2012-08-2880,600141164236553
2011-08-2677,8005780233561

AVANTIA(8904)の最大逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(8月31日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 8月31日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    全部で100の企業で優待を実施、クロス向けは62、特にQUOカード優待は人気なので、注意が必要です。

    AVANTIAと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、8月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    今までの優待権利日では、過去に5回、規制が入っています。調査時点では注意喚起等にはなっていませんが、今後に警戒です。
    • 2023/08/29:290円 (1日)・・・注意
    • 2022/08/29:600円 (1日)・・・注意
    • 2021/08/27:600円 (1日)・・・注意
    • 2020/08/27:295円 (1日)・・・停止
    • 2019/08/28:15円 (3日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は14,884,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)1,40004,300002,0002,3002.150
    01/29(月)8003002,900002,0009001.450
    01/26(金)002,400002,0004001.20
    01/25(木)002,400002,0004001.20
    01/24(水)002,400002,0004001.20
    01/23(火)20002,400002,0004001.20
    01/22(月)002,20001002,0002001.10
    01/19(金)1,4001,4002,20001002,1001001.050
    01/18(木)1,4005,7002,2001009002,20001.00
    01/17(水)5,7001,3006,50090003,0003,5002.170
  5. AVANTIAの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    最大逆日歩が、いままで1回も発生、逆日歩が脅威です。
    • 2023/08/29:290円 (1日)・・・注意
    • 2022/08/29:600円 (1日)・・・注意
    • 2021/08/27:600円 (1日)・・・注意
    • 2020/08/27:295円 (1日)・・・停止
    • 2019/08/28:15円 (3日)・・・停止
    • 2018/08/28:2,880円 (3日)
    • 2017/08/28:150円 (1日)
    • 2016/08/26:150円 (1日)
    • 2014/08/26:15円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    100株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 100株:約9万円
    • 500株:約43万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ○:優待価値では低リスク
    1年以上の継続保有が必須、安心感あり。ただしQUOカード優待、絶対に大丈夫ではありません。

    AVANTIAと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


AVANTIA(8904)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

次はAVANTIAのクロス取引手数料です。

2月29日の終値、株価862円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額8.6万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
18/284373614193713
28/275464518244616
38/266555421285520
48/237646325336423
58/228747328387426
68/2111101100395210136
78/2012110109425711040
88/1913119118466111943
98/1614129127496646
108/1515138136537149
118/1418165163648559
128/1319175172679063
138/920184181719466
148/821193190749969
158/7258811882
168/6269212386
178/5279512789
188/2289913292
198/12910213796
207/3132113151106
217/3033117156109

AVANTIAの権利付最終日(2024年8月28日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額8.6万円、AVANTIAのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年8月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、AVANTIAを8.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(182日分)+プレミアム料643円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(182日分)+プレミアム料
841円=99円+99円+643円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(182日分)858円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(182日分)
606円=6円+600円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、AVANTIAを8.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ37円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
209円=99円+99円+11円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ36円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:90円 信用:97円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
197円=90円+97円+10円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料11円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)+プレミアム料
209円=99円+99円+11円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)11円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)10円
【超割】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)
208円=99円+99円+10円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
17円=6円+11円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
16円=5円+10円

投資金額8.6万円の場合、貸株料、売買手数料ともに証券会社の差は少ないです。

※AVANTIAの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

AVANTIA(8904)のクロス取引・株主優待まとめ

AVANTIA(8904)は、投資金額が少ない事で優待クロス取引しやすい銘柄だと思われているのか、逆日歩が毎回発生しています。

慢性的な株不足、逆日歩注意銘柄です。

最大逆日歩が発生したこともあるので、今後も優待クロスを実施する場合は注意です。

また1年以上の継続保有が必須です。無駄なクロスだけして、手数料分損しないように気を付ける必要があります。