トーセイ株主優待

マンション開発からはじまって、ファンド運用やホテル事業もある『トーセイ』の株主優待情報を調査しました。

つなぎ売り(クロス取引)に必要な、過去の逆日歩、各証券会社毎の手数料(貸株料)のまとめ記事です。

投資メモ

トーセイ(8923)の主力は、不動産再生、不動産開発、不動産賃貸です。
開発、賃貸、ファンド・コンサルティング、管理、不動産再生、ホテルの6事業を展開する総合不動産会社でもある点に注目!

トーセイ(8923)の株主優待

トーセイ(8923)の株主優待は2つ、取得条件が厳しいQUOカードと割引額が大きいホテル宿泊割引券です。

優待内容詳細

保有株式数 優待の内容(QUOカード)
継続1年以上 2年以上 3年以上
100株以上 1,000円分 2,000円分 3,000円分

トーセイ(8923)の優待権利日は年1回、11月末のみです。

2020年11月末までは、保有条件の縛りがない、人気クロス銘柄でしたが、優待制度の改悪により、QUOカード取得には、継続保有が必須です。

QUOカードは、継続年数に応じて、利用金額が異なります。
さらに、保有株数や継続年数に関係なく、ホテル宿泊割引券(3,000円相当)も貰えます。

トーセイのホテル宿泊割引券が利用できるホテル

  • トーセイホテル ココネ神田
  • トーセイホテル ココネ上野
  • トーセイホテル ココネ浅草蔵前
  • トーセイホテル ココネ上野御徒町
  • トーセイホテル ココネ浅草
  • トーセイホテル ココネ鎌倉
  • トーセイホテル&セミナー幕張

トーセイホテル公式サイト、電話で直接予約した場合に利用可能です。
他の優待券、割引券との併用はできません。株主以外の利用も認めている太っ腹な割引券です。
その為ホテル割引券は、1,000円前後でオークションサイト等で売買されています。
(tokyo助成金等、他割引券との併用が使えるかは、ご確認ください)

株主優待に長期保有制度はあるの?

必須・特典あり
1年以上の継続保有が必須ですが、2年以上ならQUOカードの額が2倍になります。

ホテル宿泊券のみ、継続保有の縛りはありませんが、当サイトの表記では、継続保有必須銘柄としています。

継続保有の条件

1単元(100株)以上の株式保有が、毎年11月末日および5月末日を基準日とする株主名簿に同一の株主番号で連続して記載・記録されていること。

トーセイの株主優待制度を利用した感想

QUOカードは、トーセイオリジナルデザインです。
キャラクターや有名人の写真等が使われているわけではないので、将来付加価値が付く可能性は低いです。

ホテル割引券は、8,000円前後の素泊まり宿泊料金が3,000円分割り引かれるので、実質5,000円でビジネスホテルに宿泊できます。
東京近郊に出張等で利用するなら、使える割引券です。

ただし、旅行会社で販売している交通費とのセット料金と比較すると、時期によっては、ホテル割引券を使わない方が安い場合も!

正直、あまり使えない!と個人的には思っています。昨年分は使わないで終了!

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年11月30日」です。

権利付き最終日の「11月27日」までに100株以上の取得が必要です。

トーセイに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

トーセイの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年11月30日

権利付き最終日:11月27日(水)・・・残り5ヵ月と11日(164日)
逆日歩日数:3日

トーセイ(8923)の基本情報

情報更新日:2024年3月24日

code8923優待内容ホテル優待券
業種不動産業上場市場東証プライム 
決算11月 優待月11月
本社東京上場年月日2004年2月27日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数48,683,000企業のHP優待詳細
優待の種類旅行・宿泊

株価更新日:2024年6月11日

11日の終値株価2,403円最低投資額240,300円
最低必要株数100継続保有必須・特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


トーセイ(8923)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-11-281,923-176,500-523,600-347,1001,159,4009.716.0164.0
2022-11-281,466-156,200-414,500-258,3001,007,4007.812.0151.0
2021-11-261,0260-293,600-293,6001,091,8003.058.8138.0
2020-11-261,115-65,400-180,600-115,200643,1002.959.6119.0
2019-11-271,420-15,700-161,200-145,500855,7005.8512.0342.0
2018-11-271,0180-209,200-209,200659,1004.658.8330.0
2017-11-271,0600-85,500-85,5001,461,3000.058.8125.0
2016-11-258337,000-44,800-51,800780,6000.07.2122.0
2015-11-2576290,700-65,000-155,7001,020,5000.06.4116.0
2014-11-2574770,60016,800-53,800421,100312.0
2013-11-2679638,5000-38,500570,9000.08.03
2012-11-2734,750833239-5943,0313
2011-11-2518,8101,6421,8502081,4761

トーセイ(8923)のクロス取引・最大逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(11月30日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 11月30日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待実施銘柄は、全部で31ありますが、クロス向けの貸借銘柄は21とやや少ないので注意が必要です。

    トーセイの優待と同じ分類の『ホテル優待券』等の銘柄一覧。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は48,683,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年6月14日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    06/13(木)1,70060020,800020010020,700208.00
    06/12(水)3002,30019,700100030019,40065.670
    06/11(火)1,20070021,700010020021,500108.50
    06/10(月)7001,30021,200300030020,90070.670
    06/07(金)2001,90021,80000021,800-0
    06/06(木)3,3001,20023,5000100023,500-0
    06/05(水)3,90030021,400100010021,300214.00
    06/04(火)2,7001,10017,80003,300017,800-0
    06/03(月)3001,50016,20020003,30012,9004.910
    05/31(金)2,3003,90017,4003001003,10014,3005.610
  5. トーセイの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    最大逆日歩にはなっていませんが、高額な逆日歩が過去2回、逆日歩も今まで7回発生、日数が多い時は危険です。
    • 2023/11/28:970円 (1日)
    • 2022/11/28:780円 (1日)
    • 2021/11/26:305円 (1日)
    • 2020/11/26:295円 (1日)
    • 2019/11/27:585円 (3日)
    • 2018/11/27:465円 (3日)
    • 2017/11/27:5円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ○:必要株数では低リスク
    優待に必要な株数は100株のみですが、株価が高いと逆日歩が発生した時の金額もあがるので、少しだけ注意です。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有が必須と同時に優待額が豪華になる特典付き、警戒は必要です。

    トーセイと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


トーセイ(8923)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

トーセイの逆日歩にリスクを感じるなら、一般信用クロス取引です。

6月11日の終値、株価2,403円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額24.0万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
111/274103101395310337
211/265128127496612846
311/256154152597915455
411/227180177699218064
511/2182052037910520574
611/2011282278108145282101
711/1912308304118158308110
811/1813333329128171333120
911/1514359354138184129
1011/1415385380148197138
1111/1318462456178237166
1211/1219487481187250175
1311/1120513506197263184
1411/821539532207276193
1511/722217289203
1611/625247329230
1711/526256342239
1811/127266355249
1910/3128276368258
2010/3032316421295
2110/2933325434304

トーセイの権利付最終日(2024年11月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額24.0万円、トーセイのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年6月16日)から直近の優待権利日(2024年11月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、トーセイを24.0万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:24万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(167日分)+プレミアム料1,647円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(167日分)+プレミアム料
2,061円=198×2円+18円+1,647円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:24万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(167日分)2,196円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(167日分)
1,554円=16円+1,537円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、トーセイを24.0万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:24万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ103円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
445円=198×2円+18円+30円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:24万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ101円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
416円=187×2円+13円+29円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:24万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料30円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
445円=198×2円+18円+30円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:24万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)30円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:24万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)29円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
443円=198×2円+18円+29円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
47円=16円+30円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
44円=15円+29円

※優待権利日最終日に売買しても、逆日歩日数が多い時は、貸株日数(貸株料)も通常より多くなります。

※トーセイの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、トーセイの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
06/14(金)3,9003,9003,9003,900
06/13(木)3,9003,9003,9003,900
06/12(水)3,9003,9003,9003,900
06/11(火)3,8003,9003,9003,900
06/10(月)3,7003,8003,8003,800
06/08(土)3,7003,700-3,700
06/07(金)3,5003,5003,8003,700
06/06(木)3,5003,5003,6003,500
06/05(水)-3,5003,6003,500
06/04(火)3,5003,5003,5003,400
06/03(月)8,3003,3003,4003,400

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

11月の株主優待情報をまとめて確認

トーセイ(8923)のクロス取引・株主優待まとめ

  • じわりと人気のあるトーセイの株主優待です
  • 株不足になりやすく、少額ながら逆日歩も毎回発生
  • QUOカード優待には、1年以上継続が必須、ホテル宿泊割引券に重要価値あり
  • 投資金額も少なく、最大逆日歩が発生しても、注意喚起や申込停止の規制が入らなければ、優待価値の方が上回る
  • 優待クロスしやすい銘柄の1つ
  • 宿泊割引券は、少額クロス取引で入手できる隠れ優待として知られている
  • でも実は・・・・ここまで読んでいただいた方に暴露しますが、11月優待の中でも断トツの高額配当銘柄
  • クロス取引するより、現物保有の方がお得になる可能性が高い