アリアケジャパン(2815)の事を一般投資家で詳しく知っている方は、なかなかの業界通です。

外食産業や食品加工業から引っ張りだこの企業です。
あの有名な行列ができる○○ラーメンや老舗の味と話題の○○スープも実は、アリアケジャパンが作っています。

鶏ガラスープの素など、そのレパートリーは盛りだくさんです。

そんなアリアケジャパン(2815)の株主優待制度、優待クロス取引手数料、過去の逆日歩一覧データをご紹介です。

アリアケジャパン(2815)の株主優待

アリアケジャパン(2815)の優待品は自社商品です。

アリアケジャパンの優待内容詳細

保有株式数優待内容
1,000株以上3,000円相当の優待券

アリアケジャパン(2815)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

最低保有株数が1,000株です。

優待利回りは、もちろんあまり高くないです。

気になる自社商品ですが、管理人がいただいた時は、レトルトカレーです。
うーん、投資金額が高い割にカレーって思いましたが、さすがプロの味っていう、高級カレーです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年3月31日」です。

権利付き最終日の「3月27日」までに1100株以上の取得が必要です。

アリアケジャパンに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

アリアケジャパンの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年3月31日

権利付き最終日:3月27日(水)・・・残り25日(毎日更新)
逆日歩日数:3日

アリアケジャパン(2815)の基本情報

情報更新日:2023年3月2日

code2815優待内容商品(食品)
業種食料品上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月、9月
本社東京上場年月日1991年10月22日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数32,808,000企業のHP優待詳細
優待の種類食品

株価更新日:2024年3月1日

1日の終値株価5,320円最低投資額5,852,000円
最低必要株数1,100継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


アリアケジャパン(2815)過去の逆日歩と制度信用リスクは?

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-275,078800-3,100-3,900101,4000.340.8320.0
2023-03-294,890-1,500-1,900-40049,5000.1539.2382.0
2022-09-284,9301,000-1,300-2,300141,3000.040.0320.0
2022-03-295,3900.00.00.048,5000.043.2176.0
2021-09-286,7500.0-4,200-4,20061,0000.1554.4120.0
2021-03-296,8603,100500-2,60093,100157.0
2020-09-287,3502,1000.0-2,10089,2000.059.2120.0
2020-03-276,700-1,000-400600200,4000.153.6157.0
2019-09-268,750-14,600-17,900-3,30072,5003.070.4120.0
2019-03-266,1903,5002,600-900217,300357.0
2018-09-2511,070-10,300-9,50080077,8003.088.8320.0
2018-03-278,4201,8000.0-1,80085,3000.068.0346.0
2017-09-268,140-5,300-6,600-1,30060,1000.065.6320.0
2017-03-287,0000.00.00.097,7000.056.0340.0
2016-09-275,5103,0002,400-600163,400320.0
2016-03-286,7708,3000.0-8,30075,4000.054.4140.0
2015-03-263,9558,9004,800-4,100181,000135.0
2014-09-252,52520,10015,200-4,90081,500120.0
2014-03-262,3709,20014,5005,30085,300130.0
2013-09-252,325-2,200-5,300-3,10093,1000.020.0120.0
2013-03-261,9500.06,7006,700217,7003
2012-09-251,7276,200-7,600-13,80073,4000.016.03
2012-03-271,637-6,700-15,300-8,60043,2001.516.03
2011-09-271,427600-6,900-7,50067,7000.1524.03
2011-03-281,405-30,600-39,900-9,30060,2000.0524.01

アリアケジャパンの最大逆日歩リスクはどのくらい?【7つのチェック】

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(3月31日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 3月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は769、クロス取引可能な貸借銘柄は551、同じ優待分類の企業も多いです。

    アリアケジャパンと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、3月実施の『食品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は32,808,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)03008,800002,7006,1003.260
    01/29(月)6,1005009,10040002,7006,4003.370
    01/26(金)7001003,5001001002,3001,2001.520
    01/25(木)002,90010002,3006001.260
    01/24(水)10002,90001002,2007001.320
    01/23(火)002,8001,10002,3005001.220
    01/22(月)002,8001001001,2001,6002.330
    01/19(金)02002,80020001,2001,6002.330
    01/18(木)003,00010001,0002,0003.00
    01/17(水)06003,000009002,1003.330
  5. アリアケジャパンの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去7回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2023/09/27:30円 (3日)
    • 2023/03/29:15円 (3日)
    • 2021/09/28:15円 (1日)
    • 2020/03/27:10円 (1日)
    • 2019/09/26:300円 (1日)
    • 2018/09/25:300円 (3日)
    • 2012/03/27:150円 (3日)
    • 2011/09/27:15円 (3日)
    • 2011/03/28:5円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は1,100株なので、実際の逆日歩金額はさらに11倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ×:必要株数では警戒範囲
    優待取得に1,100株必要であり、投資金額も100万円を超えます。高額逆日歩被弾にご注意です。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    アリアケジャパンと同じ3,000円相当の優待価値、3月実施の優待一覧。

    • エンシュウ
    • チムニー
    • 名古屋銀行
    • 北弘電社
    • ハウスコム


スポンサーリンク


アリアケジャパンの優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

アリアケジャパンのクロス取引手数料まとめです。

3月1日の終値、株価5,320円の必要株数分(1100株)を丸めた金額でコストシミュレーション。

投資金額585万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
13/2742,5002,4689621,2822,500898
23/2653,1253,0851,2021,6033,1251,122
33/2563,7503,7021,4421,9233,7501,346
43/2274,3754,3191,6832,2444,3751,571
53/2185,0014,9361,9232,5645,0011,795
63/19116,8766,7882,6453,5266,8762,468
73/18127,5017,4052,8853,8477,5012,693
83/15148,7518,6393,3664,4883,141
93/14159,3769,2563,6064,8083,366
103/131811,25111,1074,3275,7704,039
113/121911,87611,7244,5686,0904,263
123/112012,50112,3414,8086,4114,488
133/82113,12612,9585,0496,7324,712
143/72213,75213,5755,2897,0524,936
153/6256,0108,0145,610
163/5266,2518,3345,834
173/4276,4918,6556,058
183/1286,7328,9756,283
192/29296,9729,2966,507
202/28327,69310,2587,180
212/27337,93410,5787,405

アリアケジャパンの権利付最終日(2024年3月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額585万円、アリアケジャパンのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月2日)から直近の優待権利日(2024年3月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、アリアケジャパンを585万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計800万円まで8,800円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(27日分)(+プレミアム料)
15,291円=8,800円+6,491円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:5,891円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(27日分)+プレミアム料
7,708円=385×2円+447円+6,491円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計800万円まで8,800円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(27日分)
17,455円=8,800円+8,655円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(27日分)
6,459円=401円+6,058円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、アリアケジャパンを585万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:1013円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が1013円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
1,956円=385×2円+449円+737円
GMOクリック証券
【1約定】

約定毎の手数料【現物:880円 信用:264円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が880円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
1,554円=264×2円+321円+705円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計800万円まで8,800円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)(+プレミアム料)
9,537円=8,800円+737円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:5,891円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
1,954円=385×2円+447円+737円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計800万円まで8,800円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
9,537円=8,800円+737円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計800万円まで8,800円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
9,505円=8,800円+705円
【超割】

約定毎の手数料【現物:640円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が640円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
1,924円=385×2円+449円+705円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
1,138円=401円+737円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
1,074円=369円+705円

投資金額585万円の場合、4日の最終日に売買するだけでも、高額な貸株料が発生します。せめて売買手数料だけでも、無料にした方が良いでしょう。

※アリアケジャパンの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

アリアケジャパンのクロス取引・株主優待まとめ

アリアケジャパン(2815)の優待取得費用は高いです。
貸株料も馬鹿になりません。

3月末や9月末の優待品は、他にも魅力ある銘柄がたくさんあるので、あえてアリアケジャパンの優待クロスにこだわる必要はないでしょう。

優待利回りが良くないので、逆日歩もほとんど発生しませんが、1,000株保有クロスなので、ちょっとの逆日歩で簡単に利益を吹き飛ばします。

優待クロスより、現物保有が確実です。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!