人に未来を。医療に明日を。のメディアスホールディングスです。

約10年以上前にジャスダック市場に上場、IPOで盛り上がった後は、立会外分売りなどを実施し、東証一部まで上り詰めています。

風が吹けば桶屋が儲かると言うように、高齢化社会で医療体制の課題が多い中、着実に業績を伸ばしている企業です。

株主優待クロスでは、あまり企業の業績は気にしなくてもOKですが、これだけの業績なら現物の長期保有もありです。

メディアスホールディングス株主優待引用元:メディアスホールディングスHP

メディアスホールディングス(3154)の株主優待

株主優待はシンプルにQUOカードです。

メディアスホールディングスの優待内容詳細

優待必要株数も100株のみです。

その場限りのクロス取引なら1,000円QUOカードですが、長期保有することで最大3倍の3,000円になります。

保有株式数 継続保有条件
1年未満 1年以上 3年以上
100株以上 1,000円 2,000円 3,000円

過去には記念優待を実施、その後優待制度が本格的に導入されています。

◎2016年12月 記念優待
◎2017年 6月 優待制度導入
◎2018年 2月 優待制度拡充

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

株主優待の情報元であるメディアスホールディングスのHPの記載がわかりにくいですが、継続保有が必須条件ではありません。

優待クロス実践者が喜ぶランクアップ特典です。

継続保有条件は?

権利日に同一株主番号で連続して100株以上保している事。

メディアスホールディングスの株主優待制度を利用した感想

QUOカードを貰って困る事はありません。

コンビニ、ファミレスで使用できる万能カードです。

以前はすかいらーく系のレストランで使用できたのに、使えなくなっているのが悔やまれます。

2022年時点では、デニーズで使えるのが嬉しいです。

 

最近スマホで決済できるQUOペイも話題になっていますが、某銘柄のQUOカードなど、プレミア価値がついてQUOカード使用額の2倍、3倍になることもあるので、QUOカードの優待は今後も続いて欲しいものです。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年6月30日」です。

権利付き最終日の「6月26日」までに100株以上の取得が必要です。

メディアスホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

メディアスホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年6月30日

権利付き最終日:6月26日(水)・・・残り1ヵ月と3日(34日)
逆日歩日数:3日

メディアスホールディングス(3154)の基本情報

情報更新日:2023年7月13日

code3154優待内容ギフト券
業種卸売業上場市場東証プライム 
決算6月 優待月6月
本社東京上場年月日2009年7月1日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数21,925,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年5月22日

22日の終値株価835円最低投資額83,500円
最低必要株数100継続保有特典

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


メディアスホールディングス過去の逆日歩と制度信用リスクは?

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-06-28893-29,600-153,500-123,900226,1003.457.2322.0
2022-06-28963-59,900-315,100-255,200319,4005.08.0119.0
2021-06-281,043-20,200-288,600-268,400406,7008.88.8121.0
2020-06-26910-30,000-308,100-278,100330,4003.08.0114.0
2019-06-25721-38,200-159,500-121,300214,3002.46.4314.0
2018-06-261,0357,2006,600-60065,300314.0
2017-06-273,1201,6001,300-30020,800340.0
2016-06-272,5802,7002,8001006,400180.0
2014-06-253,0801,4001,40002,300180.0
2013-06-252,6954,2004,3001001,7003
2011-06-273,8702000-2008001

メディアスホールディングスの最大逆日歩リスクはどのくらい?【7つのチェック】

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(6月30日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 6月30日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待実施銘柄は、全部で112ありますが、クロス向けの貸借銘柄は64とやや少ないので注意が必要です。

    メディアスホールディングスの優待と同じ分類の『ギフト券』等の銘柄一覧。

    • オリエンタルコンサルタンツHD
    • エンビプロ・HD
    • プラッツ
    • コーア商事HD
  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は21,925,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年5月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/22(水)005,90001004,3001,6001.370
    05/21(火)20005,90001004,4001,5001.340
    05/20(月)40005,70020004,5001,2001.270
    05/17(金)005,30010004,3001,0001.230
    05/16(木)02005,30010004,2001,1001.260
    05/15(水)20005,500004,1001,4001.340
    05/14(火)30011,3005,30001004,1001,2001.290
    05/13(月)2,70030016,3005001004,20012,1003.880
    05/10(金)30040013,9001,80003,80010,1003.660
    05/09(木)30010014,00002002,00012,0007.00
  5. メディアスホールディングスの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩1回、高額逆日歩1回と逆日歩実績があるので、注意です。
    • 2023/06/28:345円 (3日)
    • 2022/06/28:500円 (1日)
    • 2021/06/28:880円 (1日)
    • 2020/06/26:300円 (1日)
    • 2019/06/25:240円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ○:必要株数では低リスク
    優待に必要な株数は100株のみ、株価もそれほど高くないので、逆日歩リスクは少ないです。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

    メディアスホールディングスと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


メディアスホールディングス(3154)のクロス取引(制度信用・一般信用)どちらが良いの?

次はメディアスホールディングスのクロス取引手数料です。

5月22日の終値、株価835円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額8.4万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
16/264363514183613
26/255454417234516
36/246545321285419
46/217636224326323
56/208727128377226
66/1911999738519935
76/1812108106415510839
86/1713117115456011742
96/1414126124486445
106/1315135133526948
116/1218162159628358
126/1119171168668761
136/1020180177699264
146/721188186729768
156/6227610171
166/5258611581
176/4269012084
186/3279312487
195/31289712990
205/302910013393
215/2932110147103
225/2833114152106

メディアスホールディングスの権利付最終日(2024年6月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額8.4万円、メディアスホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月23日)から直近の優待権利日(2024年6月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、メディアスホールディングスを8.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(36日分)+プレミアム料124円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(36日分)+プレミアム料
322円=99円+99円+124円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(36日分)166円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(36日分)
122円=6円+116円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、メディアスホールディングスを8.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ36円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
209円=99円+99円+11円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ35円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:90円 信用:97円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
197円=90円+97円+10円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料11円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)+プレミアム料
209円=99円+99円+11円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)11円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)10円
【超割】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)
208円=99円+99円+10円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
16円=6円+11円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
15円=5円+10円

投資金額8.4万円の場合、貸株料、売買手数料ともに証券会社の差は少ないです。

※メディアスホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、メディアスHDの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
05/22(水)0000
05/21(火)0000
05/20(月)0000
05/17(金)0000
05/16(木)00-0
05/15(水)0-00
05/14(火)0000
05/13(月)003000
05/10(金)0011,7000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

6月の株主優待情報をまとめて確認

メディアスホールディングスのクロス取引・株主優待まとめ

優待新設した時は、最初の1年がチャンスです。

あまり存在を知られていないからです。

 

こうやって管理人も株主優待ブログを公開するようになりましたが、過去有名ブロガーさんの記事などを拝見している時、これはわざとかっていうぐらい、優待まとめリストに新設優待(メディアスホールディングス等)は掲載されていませんでした。

知名度アップで、ここ数年は逆日歩も発生しています。

 

それでも優待価値の方が上回るので、更に人気に拍車がかかりそうです。

今回も手数料等を考慮しなければ、最大逆日歩が発生しても利益がでる計算です。(規制が出たらアウト!)

一般信用の在庫があるなら、すぐにでもクロス取引をおこないところですが、おそらく権利日最終日に制度信用クロスをする事になるでしょう。