オルバヘルスケアホールディングスの株主優待、ず~と以前から実施されていますが、あまり記憶にないと思っていたら、2021年カワニシホールディングスから社名変更していました!

また以前の優待品は図書カードでしたが、QUOカードに変更し、魅力度アップです。

そんなオルバヘルスケアホールディングスの優待内容、クロス取引コストの詳細をご紹介です。

オルバヘルスケアHD株主優待引用元:オルバヘルスケアホールディングスHP

オルバヘルスケアホールディングス(2689)の株主優待

優待品は、何株保有していても全てQUOカードです。

QUOカードは全国のコンビニで使用できます。

ここ最近の加盟ブランドは、デイリーヤマザキ!

マツキヨなどでも使えて大変便利です。

オルバヘルスケアホールディングスの優待内容詳細

魅力的なQUOカード優待を実施しているオルバヘルスケアホールディングスですが、2023年11月に制度の改悪発表です。

2024年6月からの株主優待

保有株式数 QUOカード(保有期間)
1年以上 3年以上
100株以上 1,000円 2,000円
1,000株以上 4,000円 5,000円

QUOカード優待制度、1年以上の継続保有が必須になりました。

2024年の株主優待から実施です。

変更点
  • 500株以上のQUOカード優待の廃止
  • 最低1年以上の継続保有必須

 

2023年6月末までの株主優待

保有株式数 優待の内容
QUOカード 継続保有3年特典
100株以上 1,000円 2,000円
500株以上 2,000円 3,000円
1,000株以上 4,000円 5,000円

 

6月末の権利日優待、株主総会が9月に実施されるので、QUOカードが送られてくるのは9月から10月が目安です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ですが、ランクアップ特典です。

継続保有の条件

継続3年保有が条件、前年・前々年・前々々年の基準日において、同一の株主番号が記載されている事。

1年以上の継続保有が必須であり、前年・前々年・前々々年の基準日において、同一の株主番号が記載されている事。

オルバヘルスケアホールディングスの株主優待制度を利用した感想

先に書いてしまいましたが、QUOカードは大変便利!

コンビニでスマホ決済する方が多いですが、管理人はもう10年以上QUOカード支払い!

現金で払った記憶がありません。

毎年100枚以上の単位で増えているので、この生活はしばらく続きそうです。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年6月30日」です。

権利付き最終日の「6月26日」までに100株以上の取得が必要です。

オルバヘルスケアホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

オルバヘルスケアホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年6月30日

権利付き最終日:6月26日(水)・・・残り1ヵ月と3日(34日)
逆日歩日数:3日

オルバヘルスケアホールディングス(2689)の基本情報

情報更新日:2023年7月13日

code2689優待内容クオカード
業種卸売業上場市場東証スタンダード 
決算6月 優待月6月
本社岡山上場年月日2000年12月21日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数6,250,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年5月22日

22日の終値株価2,149円最低投資額214,900円
最低必要株数100継続保有特典

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


オルバヘルスケアホールディングス過去の逆日歩と制度信用クロス取引リスク

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-06-282,048-171,900-174,700-2,80044,800100.833.6370.0停止
2022-06-281,822-62,600-116,100-53,50085,90012.030.4160.0注意
2021-06-281,697-30,700-122,600-91,900132,70010.013.6150.0
2020-06-261,414-45,100-151,700-106,600179,80012.012.0145.0
2019-06-251,449-13,100-67,300-54,20079,60036.012.0340.0
2018-06-261,621-8,600-61,900-53,30077,20040.813.6340.0
2017-06-271,620-19,600-84,800-65,200103,80040.813.6330.0
2016-06-271,239-10,200-110,100-99,900109,60010.410.4130.0
2015-06-251,452-26,800-213,500-186,700206,20012.012.0130.0
2014-06-251,2204,6004,600011,200125.0
2013-06-251,32010,00011,2001,2007,8003
2012-06-26800700400-3003,5003
2011-06-278201000-1003,2001

オルバヘルスケアホールディングスの最大逆日歩リスクはどのくらい?

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(6月30日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 6月30日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    全部で112の企業で優待を実施、クロス向けは64、特にQUOカード優待は人気なので、注意が必要です。

    オルバヘルスケアホールディングスと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、6月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    調査時点で規制情報はありませんが、過去に1度だけ規制が入った事があるので、少しだけ注意です。
    • 2023/06/28:10,080円 (3日)・・・停止
    • 2022/06/28:1,200円 (1日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    発行済株式数や浮動株比率などが低く、株不足の原因になる要素が多いです。

    逆日歩更新日:2024年5月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/22(水)001,10010004007002.750
    05/21(火)001,100003008003.670
    05/20(月)001,100003008003.670
    05/17(金)001,10010003008003.670
    05/16(木)001,100002009005.50
    05/15(水)001,100002009005.50
    05/14(火)04,4001,100002009005.50
    05/13(月)10005,500002005,30027.50
    05/10(金)02005,400002005,20027.00
    05/09(木)70005,600002005,40028.00
  5. オルバヘルスケアホールディングスの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    高額逆日歩の常連銘柄です。過去に6回も最大逆日歩になっているので、最大限の警戒が必要です。
    • 2023/06/28:10,080円 (3日)・・・停止
    • 2022/06/28:1,200円 (1日)・・・注意
    • 2021/06/28:1,000円 (1日)
    • 2020/06/26:1,200円 (1日)
    • 2019/06/25:3,600円 (3日)
    • 2018/06/26:4,080円 (3日)
    • 2017/06/27:4,080円 (3日)
    • 2016/06/27:1,040円 (1日)
    • 2015/06/25:1,200円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 100株:約21万円
    • 500株:約107万円
    • 1000株:約215万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    人気のQUOカード優待に加えて、継続保有で利回りアップ、逆日歩リスクが高まるので、ご注意です。

    オルバヘルスケアホールディングスと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


オルバヘルスケアホールディングスのクロス取引(制度信用・一般信用)比較

オルバヘルスケアホールディングスは、クロス取引の仕方によって、手数料も異なります。

5月22日の終値、株価2,149円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額21.5万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
16/264929135479233
26/255115113445911541
36/246138136537113849
46/217161159628216158
56/208184181719418466
66/19112532499713025391
76/181227627210614127699
86/1713299295115153299107
96/1414322317124165115
106/1315345340133177124
116/1218414408159212148
126/1119436431168224157
136/1020459454177236165
146/721482476186247173
156/622194259181
166/525221295206
176/426230306214
186/327239318223
195/3128247330231
205/3029256342239
215/2932283377264
225/2833292389272

オルバヘルスケアホールディングスの権利付最終日(2024年6月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額21.5万円、オルバヘルスケアホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月23日)から直近の優待権利日(2024年6月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、オルバヘルスケアホールディングスを21.5万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:21.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(36日分)+プレミアム料318円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(36日分)+プレミアム料
731円=198×2円+16円+318円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:21.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(36日分)424円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(36日分)
312円=15円+297円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、オルバヘルスケアホールディングスを21.5万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ92円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
440円=198×2円+16円+27円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ91円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
412円=187×2円+12円+26円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料27円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
440円=198×2円+16円+27円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)27円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:21.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)26円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
438円=198×2円+16円+26円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
42円=15円+27円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
39円=14円+26円

※優待権利日最終日に売買しても、逆日歩日数が多い時は、貸株日数(貸株料)も通常より多くなります。

※オルバヘルスケアホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

オルバヘルスケアホールディングスのクロス取引・株主優待まとめ

旧社名「カワニシホールディングス」で色々思い出しました。

高額逆日歩を数年前に食らってから、かなり慎重にクロス取引している銘柄です。

 

ただ結果論ですが、現物保有が大正解だった銘柄です。

株価も10年前に比べて約2倍になっていますし、優待と配当の利回りは軽く3%を超えます!

今後も株価が上昇するとは限りませんが、逆日歩リスクが怖いなら現物保有がおすすめです。

ただし、長期保有の権利があるなら、規制さえ入らなければ、最大逆日歩になっても優待価値はプラスの計算です。