GMOフィナンシャルホールディングス株主優待

GMOインターネットグループの金融持株会社『GMOフィナンシャルホールディングス』の株主優待情報をまとめました。

最後まで読むことで、株主優待銘柄のつなぎ売り(クロス取引)の知識を高める事ができます。

投資メモ

GMOフィナンシャルホールディングスは、金融サービスが専門事業、傘下にGMOクリック証券、GMOコインがあります。
「金融サービスをもっとリーズナブルに もっと楽しく自由に」の企業理念ですが、暗号資産事業に注目!?
株価は年初来安値を更新中、株の購入チャンス到来か?!

GMOフィナンシャルホールディングス(7177)の株主優待

GMOフィナンシャルホールディングス(7177)の株主優待は、自社金融サービスの優待やNFTプレゼントです。

優待内容詳細

GMOフィナンシャルホールディングス(7177)の優待権利日は年2回、6月末と12月末です。

優待内容は大きく分類すると2つ(2021年度は3つ)で、全部の権利ありです。

①GMOクリックでの手数料無料

100株以上の全株主が対象!!

GMOクリック証券で対象期間中に生じたGMOフィナンシャルホールディングス(株)の株式の買い付け手数料がキャッシュバック!

それなのに・・・GMOクリック証券で、GMOフィナンシャルホールディングスの一般信用売り在庫がないのは、なぜ?

②自社サービスの優待(A,B,Cの中から1つ選択)

「Aコース」、「Bコース」、「Cコース」は併用不可です。

Aコース

GMOクリック証券の手数料をキャッシュバック!

売買手数料のみなので、貸株料のキャッシュバックは対象外なので注意です。

保有株式数優待内容
100株以上3,000円分
300株以上5,000円分
500株以上7,000円分
1,000株以上10,000円分
3,000株以上13,000円分
5,000株以上15,000円分
Bコース

GMOクリック証券におけるFXネオ取引の新規建て取引におけるキャッシュバック!

保有株式数優待内容
100株以上300万通貨で3,000円分
300株以上500万通貨で5,000円分
500株以上700万通貨で7,000円分
1,000株以上1,000万通貨で10,000円分
3,000株以上1,300万通貨で13,000円分
5,000株以上1,500万通貨で15,000円分
Cコース

GMOクリック証券とGMOあおぞらネット銀行の口座連携サービス「証券コネクト口座」の対象期間中の平均残高に応じたキャッシュバック!

保有株式数優待内容
100株以上3,000円分(0.05%)
300株以上5,000円分(0.08%)
500株以上7,000円分(0.13%)
1,000株以上10,000円分(0.18%)
3,000株以上13,000円分(0.23%)
5,000株以上15,000円分(0.25%)

株主優待オリジナルNFTをプレゼント(2021年限定)

GMOフィナンシャルホールディングス株主優待

2021年度のみ、100株以上の全株主が対象のNFT優待!

GMOアダム株式会社が運営するNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」で、株主優待オリジナルNFTをプレゼント!

さらに抽選でAmazonギフト券500円分も貰える!

記念優待みたいなもので、1回限りで終了です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:クロス取引可能な権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年6月30日」です。

権利付き最終日の「6月26日」までに100株以上の取得が必要です。

GMOフィナンシャルホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

GMOフィナンシャルホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年6月30日

権利付き最終日:6月26日(水)・・・残り4ヵ月と2日(123日)
逆日歩日数:3日

GMOフィナンシャルホールディングス(7177)の基本情報

情報更新日:2023年10月29日

code7177優待内容売買手数料返金等
業種証券、商品先物取引業上場市場東証スタンダード 
決算12月 優待月6月、12月
本社東京上場年月日2015年4月1日 
単元株数100貸借区分制度
発行済株式数122,091,000企業のHP優待詳細
優待の種類自社商品 金券

株価更新日:2024年2月24日

最低必要株数100継続保有-

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


GMOフィナンシャルホールディングス(7177)過去の逆日歩

貸借銘柄ではないので、過去にも逆日歩は発生していません。

GMOフィナンシャルホールディングス(7177)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩は発生しませんが、各証券会社に在庫がないと、クロス取引出来ないのが、リスクです。


スポンサーリンク


GMOフィナンシャルホールディングス(7177)の優待クロス(制度・一般)比較


Warning: A non-numeric value encountered in /home/blog-master/kabu-cross.com/public_html/wp-content/themes/keni8-child/stock_new/stock7_commission.php on line 163

GMOフィナンシャルホールディングスは、貸借銘柄ではありません。

通常はクロス取引できませんが、証券会社に在庫があれば、一般信用クロス取引はできます。

すぐに一般信用クロス取引の手数料を確認

直近、株価円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額0.0万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
16/264000000
26/255000000
36/246000000
46/217000000
56/208000000
66/1911000000
76/1812000000
86/1713000000
96/141400000
106/131500000
116/121800000
126/111900000
136/102000000
146/72100000
156/622000
166/525000
176/426000
186/327000
195/3128000
205/3029000
215/2932000
225/2833000

GMOフィナンシャルホールディングスの権利付最終日(2024年6月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額0.0万円、GMOフィナンシャルホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年2月24日)から直近の優待権利日(2024年6月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、GMOフィナンシャルホールディングスを0.0万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計800万円まで8,800円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(125日分)(+プレミアム料)
8,800円=8,800円+0円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(125日分)+プレミアム料
770円=385×2円+0円+0円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計800万円まで8,800円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(125日分)
8,800円=8,800円+0円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(125日分)
0円=0円+0円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


比較の為の制度信用クロス取引手数料は、貸借銘柄になったタイミングで表示します。

一般信用売りの在庫が確認できた証券会社

過去(ここ数年の間)、GMOフィナンシャルホールディングスの一般信用売り在庫があった証券会社は次の1つのみです。

  • SMBC日興証券

GMOクリック証券で取り扱いがないのが意外です。

GMOフィナンシャルホールディングス(7177)のクロス取引・株主優待まとめ

  • GMOフィナンシャルホールディングスは、貸借銘柄ではないが、一般信用売り在庫があればクロス取引可能!
  • GMOクリック証券でクロス取引している方なら、是非とも欲しい優待の権利!
  • 手数料を安くしたいなら、必須優待!
  • 優待で貰えるNFTの価値は未知数!
  • 暗号資産の将来性に期待するなら現物保有もあり
  • GMOクリック証券における一般信用売り在庫に期待!
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!