紳士服専門店『青山商事』の株主優待情報をまとめました。

記事最後まで読むことで、逆日歩リスクの理解とお得な優待クロス取引のやり方がわかります。

投資メモ

青山商事は、郊外型紳士服専門店の代表格であり、業界トップのリーディングカンパニーです。
「焼肉きんぐ」、「セカンドストリート」、靴修理店「ミニット」など、他業種、フランチャイズ展開も意欲的!

青山商事株主優待引用元:青山商事

青山商事(8219)の株主優待

青山商事(8219)の株主優待は、グループ店舗で利用できる優待割引券です。

優待内容詳細

保有株式数優待内容(割引券)
100株以上3枚
1,000株以上4枚
3,000株以上5枚

青山商事(8219)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

商品価格が20%OFFになる割引券です。

有効期限は1年間、次の店舗で利用可能です。

青山商事の優待割引券が利用できるブランド(店舗)

「洋服の青山(中国含む)」、「ザ・スーツカンパニー」、「ホワイト ザ・スーツカンパニー」、「ユニバーサル ランゲージ」、「ユニバーサル ランゲージ メジャーズ」、「麻布テーラー」「WTW(ダブルティー)」

オンラインショップやアウトレット店舗では利用できません。

他の割引券、クーポン等の併用利用は不可です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

青山商事の株主優待制度を利用した感想

ビジネスマンの必須アイテムである、スーツやシャツが安くなるので、株主優待券は重宝します。

しかし、ある時気が付いてしまったのです。

株主で貰える優待割引券よりもっとお得な制度がある事を!!

それが、青山ライフマスターカードです。

青山商事のクレジットカードになるのですが、これを保有しているだけで、年間4,000円分の商品割引券と優待券が贈られてきます。

クロス取引で株主優待券貰うより、色々な面でお得!

青山カードと優待割引券

画像にある商品割引券と優待券は、併用利用が可能です。

利用する時、本人である事を証明するため、青山カードを提示する必要がありますが、一挙に全部使用できます。

その場合、青山カードの優待券利用で10%引きされた商品に4,000円分の割引券が利用できるので、約4,500円分の商品が無料になります。

さらに、株主優待券では利用できなかった、オンラインショップでも使えます!

まとめると次のようになります。

「AOYAMAライフマスターカード」の特長

①「洋服の青山」の利用は、常に5%OFF
②「洋服の青山」の利用で、常に100円4ポイント
③誕生日月の利用は、10%OFF
④誕生日月に利用できる特別商品割引券1000円(税込)がもらえる
⑤2年目以降、特別商品割引券3000円(税込)10%OFF特別商品優待券が追加でもらえる
⑥「洋服の青山」意外での利用でも、100円で1ポイント
⑦オンラインショップでも利用可能!

「AOYAMAライフマスターカード」の基本情報

①年会費:初年度無料2年目以降1250円(税別)
②国際ブランド:マスターカード
③ETCカード:対応&年会費無料
④電子マネーID:対応

毎年、安くスーツなどを買う予定があるなら、重宝するカードです。

また、完全無料で商品だけ欲しいなら、インナーのまとめ買いも良いでしょう。
ユニクロのヒートテックやエアリズムと同じような機能性インナーも販売しています!

これが最大の魅力かもしれませんが、実は青山商事の株主優待券との併用利用は可能なのです。

優待制度の紹介の予定が、青山カードのメリットを説明してしまいました・・・・・
尚、管理人も利用している「青山ライフマスターカード」に興味がある方、記事最後にお得情報をご紹介です。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2023年3月31日」です。

権利日最終日の「3月29日」までに100株以上の取得が必要です。

青山商事の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利日:2023年3月31日

権利日最終:3月29日(水)・・・残り4ヵ月と1日(121日)
逆日歩日数:3日

青山商事(8219)の基本情報

code8219優待内容買物割引券
業種小売業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月、9月
本拠地広島上場年月日1987年11月9日 
単位100貸借区分貸借
継続保有企業の優待HP優待詳細
優待の種類買物券 ファッション その他
最低必要株100最低投資額94,200円
配当予想14.0配当落日2023年3月30日
発行済株数50,394千株データ調査日2022年9月27日

青山商事(8219)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

青山商事(8219)過去の逆日歩と貸借残一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2022-03-2965467,40033,200-34,200302,00018.0
2021-09-28837326,500357,10030,600597,5001
2021-03-29829263,200258,600-4,6001,472,40010.0
2020-09-28576188,800155,700-33,100969,3001
2020-03-271,052-33,600-216,700-183,100944,9003.817.610.0注意
2019-09-262,009-80,900-87,600-6,700592,2003.3516.8150.0
2019-03-262,601-35,200-48,200-13,000436,0004.6521.6355.0
2018-09-253,560-8,600-18,900-10,300268,3007.828.8350.0
2018-03-274,2501,500-29,200-30,700213,2000.7534.43120.0
2017-09-264,055-800-26,200-25,400218,6007.532.8350.0
2017-03-284,11511,300-19,600-30,900396,6000.333.63115.0
2016-09-273,6350-30,500-30,500355,9000.4529.6350.0
2016-03-284,505-9,000-26,100-17,100203,1000.036.81105.0
2015-09-254,2352,200-14,700-16,900352,6000.034.4150.0
2015-03-263,865-174,300-155,60018,700234,2000.131.2150.0
2014-09-252,63458,00022,500-35,500306,900125.0
2014-03-262,614-6,800-19,000-12,200653,9000.124.0165.0
2013-09-252,6454,600-16,800-21,400151,8000.024.0125.0
2013-03-262,448-67,000-21,80045,20020,8000.1520.03
2012-09-251,5478,7001,800-6,9007,5000.153
2012-03-271,683-2,200-2,500-30022,2000.016.03
2011-09-271,3273,200-8,100-11,30018,7000.012.03
2011-03-281,22812,9005,700-7,20013,8001

青山商事(8219)のクロス取引・逆日歩リスク

青山商事の逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

逆日歩回避チェックの詳しい説明は「高額逆日歩になる事前予兆を見逃すな?知らないと損!7つのチェック」をご参考ください。

  1. 3月の優待クロス取引の逆日歩日数リスクは?

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 3月の優待クロス取引の実施銘柄数は?

    ○:少しだけ安全圏かも
    優待実施企業は775、クロス取引可能な貸借銘柄は558、同じ優待分類の企業も多いです。

    青山商事の優待分類と同じ『買物割引券』関連銘柄です。

    尚、3月実施の『買物券 ファッション その他』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 注意喚起・申込停止等の規制情報は?

    △:やや注意
    調査時点で規制情報はありませんが、過去に1度だけ規制が入った事があるので、少しだけ注意です。
    • 2020年3月 :380円 (1日)・・・注意
  4. 信用売りの在庫は大丈夫?(発行済株式数は多いの?)

    ×:投資は自己判断で!
    東証プライム 市場、それなりに知名度や優待価値が高いため、株不足に注意です。
  5. 青山商事の過去の逆日歩実績は?

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去12.0回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2020年3月 :380円 (1日)・・・注意
    • 2019年9月 :335円 (1日)
    • 2019年3月 :465円 (3日)
    • 2018年9月 :780円 (3日)
    • 2018年3月 :75円 (3日)
    • 2017年9月 :750円 (3日)
    • 2017年3月 :30円 (3日)
    • 2016年9月 :45円 (3日)
    • 2015年3月 :10円 (1日)
    • 2014年3月 :10円 (1日)
    • 2013年3月 :15円 (3日)
    • 2012年9月 :15円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額は少ないかチェックした?

    △:やや注意
    100株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 100株:約9万円
    • 1,000株:約94万円
    • 3,000株:約283万円
  7. 継続保有条件の中身を確認した?

    △:やや注意
    継続保有特典はありませんが、優待そのものの価値が高い銘柄の場合、いつも人気で逆日歩が発生しやすくなります。

青山商事(8219)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

青山商事は、逆日歩の発生しない、一般信用取引も可能です。

ただし、貸株料(金利)等の手数料は、制度信用取引よりもやや高いです。

優待クロスの手数料詳細については、株主優待クロス取引で覚える手数料は3つだけ!を参考にしてください。

逆日歩リスクがないのが、一般信用の魅力ですが、金利(貸株料)の計算が面倒です。

そこで、何日前のクロスなら手数料負けしないか、一目でわかる貸株料比較表を用意しました。

直近の株価942円の必要株数分(100株)が投資額の目安です。

次の証券会社毎の金利(貸株料)で計算です。

制度信用取引・一般信用取引の金利(貸株料)比較表

証券会社名信用金利貸株料
制度信用一般信用制度信用一般信用
SBI証券2.80%2.80%1.15%一般短期:3.90%
一般無期:1.10%
GMOクリック証券2.75%2.00%1.10%一般短期:3.85%
一般無期:0.80%
auカブコム証券2.98%2.79%1.15%1.50%
松井証券3.10%4.10%1.15%2.00%
楽天証券2.80%2.80%1.10%一般短期:3.90%
一般無期:1.10%
SMBC日興証券2.50%3.00%1.15%1.40%
SBIネオトレード証券2.30%2.75%1.10%取り扱いなし

(2022年9月時点)

貸株料の計算方法
投資額 × (貸株料/100)  × (貸株日数/1年の日数)
例:GMOクリック証券で貸株日数10日の場合
・84,000×(3.85/100)×(10/365)=89円(投資額1万マイナス)
94,000×(3.85/100)×(10/365)=99円
・104,000×(3.85/100)×(10/365)=110円(投資額1万プラス)

それでは、実際に青山商事(8219)の一般信用売りを行ったとして、貸株料がいくらになるのか確認です。

投資額9.4万円でクロス取引【証券会社の貸株料比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
13/294404015214014
23/285505019265018
33/276605923316022
43/247706927367025
53/238807931418029
63/2211110109425711040
73/2112121119466212143
83/2013131129506713147
93/1714141139547250
103/1615151149587754
113/1518181178709365
123/1419191188739869
133/13202011987710372
143/10212112088110876
153/9228511379
163/8259712990
173/72610013494
183/62710413997
193/328108144101
203/229112149105
213/132124165115
222/2833127170119

青山商事の優待権利日最終日(2023年3月29日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

青山商事への投資金額9.4万円で、シミュレーションしています。

本日(2022年11月27日)から直近の優待権利日(2023年3月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:9.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(125日分)+プレミアム料483円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(125日分)+プレミアム料
681円=99円+99円+483円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:9.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(125日分)644円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(125日分)
457円=6円+451円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。

制度信用クロス取引手数料とやり方

優待取得の権利日当日、青山商事を9.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:9.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ40円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
210円=99円+99円+12円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:9.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ40円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:90円 信用:97円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
198円=90円+97円+11円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:9.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料12円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)+プレミアム料
210円=99円+99円+12円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:9.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)12円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:9.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)11円
【超割】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)
209円=99円+99円+11円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
18円=6円+12円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
17円=6円+11円

投資金額9.4万円の場合、貸株料、売買手数料ともに証券会社の差は少ないです。

※青山商事の制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

青山商事(8219)のクロス取引・株主優待まとめ

青山商事(8219)は、ここ数年、すこし手痛い額の逆日歩が発生しています。

恐らく投資金額が安いからですが、貸株料なども考慮すると、500円前後の経費は覚悟しておいたほうが良いでしょう。

なお、折角クロス取引して、株主優待券を利用するなら、青山カードとの併用利用が最もお得!

ポイントが付くうえ、青山カードと一緒に貰える約4,000円分の商品券が利用できるので、10,000円の商品でも、半額以下で購入できます。

なお、普通にネットで申し込みもできますが、キャッシュバック付きで入会したいなら、「ハピタス」というポイントサイトを経由するのが、最もお得です。

青山カードハピタス

申込は簡単で、最初にハピタスに入会(無料)、その後、「青山ライフマスターカード」に申し込むだけです。

なお、学生さんなら、優待を取得しなくてもカードだけで20%OFFになります。

詳細は、ハピタスの会員になると、確認できます。「公式ハピタス」を見てみる。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!