ナガワ株主優待

応急仮設住宅等のユニットハウスで大躍進『ナガワ』の株主優待情報をまとめました。

投資歴が長いから知っている、インフルエンサー等が絶対に教えない(実は知らない)、本当に優待価値が高い銘柄のご紹介!

過去の逆日歩クロス取引の理解を深めたい方向けの記事です。

投資メモ

ナガワは、大型店舗・倉庫・事務所等の軽量鉄骨造モジュール建築の設計・施工をおこなっている企業です。
現場事務所やイベント店舗など、製造・販売・レンタル事業にも注目!

ナガワ(9663)の株主優待

ナガワ(9663)の株主優待は、高額QUOカード優待です。

優待内容詳細

保有株式数 保有期間
1年未満 1年以上 2年以上
100株以上 10,000円分 20,000円分 25,000円分
500株以上 25,000円分 30,000円分 50,000円分

優待権利日は年1回、3月末のみです。

保有株数に応じたQUOカードが貰えますが、驚くべきはその額です。

100株保有でなんと10,000円分!

さらに、オリジナルデザインで、「にゃがわくん」と「ながわん博士」の猫と犬のキャラクターが登場します。

我が家では、可愛いすぎて、使えないというジレンマが発生中!

3月のQUOカード優待の中でも、断トツの利回りの良さ!

なんで、皆さん1,000円や2,000円相当のQUOカード優待に群がるけど、ナガワの争奪戦には加わらないの?

それは、あえて言いますが、情報発信するインフルエンサー達はたまたま集客力が優れているだけあって、本当に優待価値が高い銘柄を知らないから!

もしくは、教えたくなくて、こっそり購入している?!のどちらかです。

以前は、100株以上で3,000円分QUOカード、それが2021年3月末の変更で大幅に拡充!

株主優待に長期保有制度はあるの?

継続保有特典あり

継続保有が必須ではなく、1年以上でQUOカード優待額が増えるランクアップ特典です。

継続保有の条件

権利が確定する3月末日現在の株主名簿を含む、過去の3月末日、9月末日の株主名簿へ、同一の株主番号で3回や5以上連続して記載されることとする。また、その期間中の株主名簿への株式数の記載が100株または500株を下回らないこと。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2025年3月31日」です。

権利付き最終日の「3月27日」までに100株以上の取得が必要です。

ナガワに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ナガワの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2025年3月31日

権利付き最終日:3月27日(木)・・・残り10ヵ月と8日(312日)
逆日歩日数:1日

ナガワ(9663)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code9663優待内容オリジナルクオカード
業種サービス業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月
本社東京上場年月日1991年10月3日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数16,357,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年5月17日

17日の終値株価7,290円最低投資額729,000円
最低必要株数100継続保有継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ナガワ(9663)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-03-277,630-44,800-61,500-16,70058,2004.2123.2360.0停止
2023-03-296,970-5,100-11,800-6,70053,0008.4112.0360.0停止
2022-03-2910,680-18,600-21,700-3,10034,4009.4171.2165.0停止
2021-03-299,030-11,500-76,300-64,800154,50072.872.8160.0
2020-03-277,600-6,900-17,800-10,90048,9009.260.8160.0
2019-03-266,430-9,600-18,500-8,90028,5009.652.0360.0
2018-03-274,520-13,000-37,700-24,70056,900110.436.8350.0
2017-03-284,0102000-20026,3000.032.8340.0
2016-03-282,737-14,800-29,600-14,80029,7006.244.8140.0注意
2015-03-263,0000-400-4002,8002.348.0140.0停止
2014-03-262,0399,4002,100-7,30022,000125.0
2013-03-261,7181,5002,8001,30011,0003
2012-03-271,15127,30026,800-5009,2003
2011-03-2896162,50048,500-14,00042,2001

優待制度拡充変更の2021年は、最大逆日歩発生!

でもその前にも、最大逆日歩が発生、制度信用クロス取引する際はご注意!

ナガワ(9663)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(3月31日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2025年3月31日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 3月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    クロス取引可能な銘柄は557(優待銘柄は795)です。

    ナガワと同じ人気のQUOカード優待がある銘柄一覧(一例)。

    QUOカード優待を実施している企業は多いですが、ナガワのQUOカードは、オリジナルデザイン、付加価値がつく可能性あり。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    今までの優待権利日では、過去に5回、規制が入っています。調査時点では注意喚起等にはなっていませんが、今後に警戒です。
    • 2024/03/27:420円 (3日)・・・停止
    • 2023/03/29:840円 (3日)・・・停止
    • 2022/03/29:940円 (1日)・・・停止
    • 2016/03/28:620円 (1日)・・・注意
    • 2015/03/26:230円 (1日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は16,357,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年5月17日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/16(木)010010020010014,800-14,7000.010.20
    05/15(水)1000200090014,700-14,5000.010.60
    05/14(火)010010030080015,600-15,5000.010.20
    05/13(月)100020060030016,100-15,9000.010.15
    05/10(金)010010080010015,800-15,7000.010.20
    05/09(木)0300200050015,100-14,9000.010.20
    05/08(水)00500010015,600-15,1000.030.60
    05/07(火)01005001,30010015,700-15,2000.030.20
    05/02(木)300100600020014,500-13,9000.040.15
    05/01(水)0040010040014,700-14,3000.030.20
  5. ナガワの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    最大逆日歩が、いままで2回も発生、逆日歩が脅威です。
    • 2024/03/27:420円 (3日)・・・停止
    • 2023/03/29:840円 (3日)・・・停止
    • 2022/03/29:940円 (1日)・・・停止
    • 2021/03/29:7,280円 (1日)
    • 2020/03/27:920円 (1日)
    • 2019/03/26:960円 (3日)
    • 2018/03/27:11,040円 (3日)
    • 2016/03/28:620円 (1日)・・・注意
    • 2015/03/26:230円 (1日)・・・停止

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 100株:約73万円
    • 500株:約365万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    優待がお得になる継続保有特典あり、条件次第で、リスクの増減有!

    3月実施の高額優待、他にもあります。


スポンサーリンク


ナガワ(9663)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

ナガワの逆日歩リスクがわかったら、次は貸株料です。

5月17日の終値、株価7,290円の必要株数分(100株)を丸めた金額でコストシミュレーション。

投資金額73万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
13/272156154608015656
23/265390385150200390140
33/256468462180240468168
43/247546539210280546196
53/218624616240320624224
63/209702693270360702252
73/1912936924360480936336
83/18131,0141,0013905201,014364
93/17141,0921,078420560392
103/14151,1701,155450600420
113/13161,2481,232480640448
123/12191,4821,463570760532
133/11201,5601,540600800560
143/10211,6381,617630840588
153/722660880616
163/623690920644
173/5267801,040728
183/4278101,080756
193/3288401,120784
202/28298701,160812
212/27309001,200840
222/26339901,320924

ナガワの権利付最終日(2025年3月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額73万円、ナガワのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月19日)から直近の優待権利日(2025年3月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ナガワを73万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(315日分)(+プレミアム料)
11,650円=2,200円+9,450円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(315日分)+プレミアム料
10,276円=385×2円+56円+9,450円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(315日分)
14,800円=2,200円+12,600円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(315日分)
8,870円=50円+8,820円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ナガワを73万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:73万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ156円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
872円=385×2円+56円+46円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:73万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ154円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:460円 信用:264円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が460円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
612円=264×2円+40円+44円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)(+プレミアム料)
2,246円=2,200円+46円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)+プレミアム料
872円=385×2円+56円+46円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
2,246円=2,200円+46円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
2,244円=2,200円+44円
【超割】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)
870円=385×2円+56円+44円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
96円=50円+46円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
90円=46円+44円

投資金額73万円の場合、売買手数料の差が大きくなるので、ベストな証券会社選びが大事です。

※ナガワの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、ナガワの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
05/17(金)1,3001,4001,4001,300
05/16(木)1,3001,400-1,300
05/15(水)1,300-1,4001,300
05/14(火)1,2001,3001,4001,300
05/13(月)1,2001,3001,3001,200
05/10(金)1,2001,3001,3001,200
05/09(木)1,2001,3001,4001,200
05/08(水)1,2001,3001,3001,200
05/07(火)1,3001,3001,3001,200
05/06(月)1,3001,3001,3001,300

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

3月の株主優待情報をまとめて確認

残念ながら、SMBC日興証券では、売禁になった銘柄の一般信用クロス取引はできません。

ナガワ(9663)のクロス取引・株主優待まとめ

  • ナガワ(9663)の株主優待は超高額QUOカード!(2021年3月末に拡充変更)
  • 一般信用売り在庫もあるが、申込停止(売禁)で、クロス取引できないリスクあり
  • 10年の株価チャートで判断すると、やや株価は停滞気味、現物買いのチャンスかも
  • リスクはもちろん株価下落と優待制度の廃止、QUOカード利回りが良いだけに注意が必要
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!