水産物卸売市場のリーディングカンパニー『東都水産』の株主優待情報をまとめました。

記事最後まで読むことで、逆日歩リスクの理解とお得なクロス取引のやり方がわかります。

東都水産は、水産物卸売事業、冷蔵倉庫及びその関連事業、不動産賃貸事業をおこなっている企業です。
特に、東京都中央卸売市場における水産物取引(水産物の安定的・効率的な流通)の中核!

東都水産(8038)の株主優待

東都水産(8038)の株主優待は、東都水産プレミアム優待倶楽部です。
残念ながら、事業に関係のある魚介関係の加工品といった優待品ではありませんと思っていたら・・・

優待内容詳細

保有株式数優待の内容
初年度2年目以降
100株以上3,500ポイント3,850ポイント
200株以上7,000ポイント7,700ポイント
300株以上11,000ポイント12,100ポイント
400株以上15,000ポイント16,500ポイント
500株以上20,000ポイント22,000ポイント

東都水産(8038)の優待権利日は年1回、9月末のみです。

東都水産プレミアム優待倶楽部は、東都水産お奨めの水産物をはじめ、厳選された約2,000点の品物の中からポイントに応じて交換することが可能です。

1ポイント1円相当の価値です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、ポイントが1割増しになるランクアップ特典です。

継続保有の条件

毎年9月末日現在において、2年以上継続(同一の株主番号で9月末日に2回以上連続)して株主名簿に記載または記録されること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

東都水産に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

東都水産の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り6ヵ月と25日(209日)
逆日歩日数:1日

東都水産(8038)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code8038優待内容自社ポイント
業種卸売業上場市場東証スタンダード 
決算3月 優待月9月
本社東京上場年月日1956年9月10日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数4,026,000企業のHP優待詳細
優待の種類食品

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価6,030円最低投資額603,000円
最低必要株数100継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


東都水産(8038)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-276,6100.00.00.01,2000.0160.830.0
2022-09-284,8101,2001,2000.03,2000.0235.230.0停止
2021-09-286,650-8,800-8,7001008,8000.5107.21停止
2020-09-283,800-18,100-21,300-3,20019,0000.160.81停止
2019-09-262,774-17,300-16,90040016,0000.144.81停止
2018-09-252,3730.00.00.022,5000.019.23
2017-09-261,9340.0-100-1003,9000.016.03
2016-09-2716577,000945,000868,00062,0003
2014-09-25200237,000287,00050,000166,0001
2013-09-25223882,0001,038,000156,0002,175,0001
2012-09-25121376,000394,00018,00067,0003
2011-09-27121544,000552,0008,00072,0003

東都水産(8038)のクロス取引・逆日歩リスク

東都水産(8038)は、申込停止(売禁)の規制発生中!

貸借銘柄ですが、クロス取引できません。

規制解除の今後の事を踏まえて、分析結果だけ記載しておきます。

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は389、クロス取引可能な貸借銘柄は280、同じ優待分類の企業も多いです。

    東都水産と同じ優待分類の銘柄です。

    尚、9月実施の『食品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    現時点で注意喚起等の規制はありませんが、過去に3回、優待権利日に規制が入っているので、やや注意です。
    • 2022/09/28:0円 (3日)・・・停止
    • 2021/09/28:50円 (1日)・・・停止
    • 2020/09/28:10円 (1日)・・・停止
    • 2019/09/26:10円 (1日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    発行済株式数や浮動株比率などが低く、株不足の原因になる要素が多いです。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)00400000400-0
    01/29(月)00400000400-0
    01/26(金)00400000400-0
    01/25(木)00400000400-0
    01/24(水)00400000400-0
    01/23(火)00400000400-0
    01/22(月)4000400000400-0
    01/19(金)00000000
    01/18(木)00000000
    01/17(水)00000000
  5. 東都水産の発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    最大逆日歩も高額逆日歩も発生していませんが、3回ほど、少額ながら逆日歩は過去に発生しています。
    • 2021/09/28:50円 (1日)・・・停止
    • 2020/09/28:10円 (1日)・・・停止
    • 2019/09/26:10円 (1日)・・・停止

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ×:必要株数では警戒範囲
    株数によって複数の優待バリエーションがあります。確認できただけでも5つ、大量取得者がいると危険です。
    • 100株:約60万円
    • 200株:約121万円
    • 300株:約181万円
    • 400株:約241万円
    • 500株:約302万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

    優待価値が東都水産と同じぐらいの銘柄。


スポンサーリンク


東都水産(8038)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

東都水産のクロス取引手数料の比較です。

2月29日の終値、株価6,030円の必要株数分(100株)を丸めた金額でコストシミュレーション。

貸株料比較表は、60万円の投資額を基準に次の証券会社毎の金利(貸株料)で計算です。

制度信用取引・一般信用取引の金利(貸株料)比較表

証券会社名信用金利貸株料
制度信用一般信用制度信用一般信用
SBI証券2.80%2.80%1.15%一般短期:3.90%
一般無期:1.10%
GMOクリック証券2.75%2.00%1.10%一般短期:3.85%
一般無期:0.80%
auカブコム証券2.98%2.79%1.15%1.50%
松井証券3.10%4.10%1.15%2.00%
楽天証券2.80%2.80%1.10%一般短期:3.90%
一般無期:1.10%
SMBC日興証券2.50%3.00%1.15%1.40%
SBIネオトレード証券2.30%2.75%1.10%取り扱いなし

(2022年9月時点)

投資金額60万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262128127496612846
29/255321316123164321115
39/246385380148197385138
49/207449443173230449161
59/198513506197263513184
69/1812769759296395769276
79/1713833823321427833299
89/1314898886345460322
99/1215962949370493345
109/11191,2181,202468625437
119/10201,2821,266493658460
129/9211,3461,329518690483
139/6221,4101,392542723506
149/5231,4751,456567756529
159/426641855598
169/327666888621
179/228690921644
188/3029715953667
198/2930740986690
208/28338141,085759

東都水産の権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額60万円、東都水産のクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、東都水産を60万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(211日分)(+プレミアム料)
7,403円=2,200円+5,203円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(211日分)+プレミアム料
6,019円=385×2円+46円+5,203円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(211日分)
9,137円=2,200円+6,937円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(211日分)
4,897円=41円+4,856円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、東都水産を60万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:60万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ128円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
854円=385×2円+46円+38円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:60万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ127円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:460円 信用:264円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が460円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
597円=264×2円+33円+36円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)(+プレミアム料)
2,238円=2,200円+38円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)+プレミアム料
854円=385×2円+46円+38円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
2,238円=2,200円+38円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
2,236円=2,200円+36円
【超割】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)
852円=385×2円+46円+36円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
79円=41円+38円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
74円=38円+36円

投資金額60万円の場合、売買手数料の差が大きくなるので、ベストな証券会社選びが大事です。

※東都水産の制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

東都水産(8038)のクロス取引・株主優待まとめ

東都水産(8038)の株主優待は、2019年9月にはじまったばかりです。

しかし、記念すべき1回目から申込停止(売禁)の規制が発生です。

極端に発行済株式数が少ないので、すぐに株不足になってしまうので、仕方ないのかもしれませんが・・・・

プレミアム優待倶楽部のギフトは、最近多くの企業が実施しており、似たり寄ったりの内容でがっかりしていたので、東都水産お奨めの水産物には、期待していたのに残念です。

どうしても優待が欲しいなら、現物保有という選択肢が残されていますが、さすがにそれはリスク大です!

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!