パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス株主優待

PPIH(パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)の名前を聞いて、何の事業をおこなっているかすぐにわかる方は、なかなかいないでしょう。

でも、ドン・キホーテなら皆さん知っていますよね。

ドイトなどを買収し、急成長!

多彩な店舗形態「コンビニエンス+ディスカウント+アミューズメント」の三位一体を店舗コンセプトとする総合ディスカウントストアです。

この「ドン・キホーテ」を運営しているPPIHが遂に株主優待制度を導入?!

株主優待の感想、クロス取引のやり方と各手数料、過去の逆日歩一覧、まとめてご紹介!

投資メモ

PPIH(パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)は、ドン・キホーテ等を展開する小売事業中心の企業です。
子会社にユニーや長崎屋もある!インバウンド需要で更なる飛躍の可能性に注目!

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(7532)の株主優待

PPIHの株主優待は、「ドン・キホーテ」を利用したことがある方ならご存知の電子マネー「majica」が貰えます!

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
100株以上 2,000円相当の「majica」ポイント

電子マネーの「majica」ポイントは、ドン・キホーテ、アピタ、ピアゴ、長崎屋など、多数のブランド店舗で利用できるのが魅力です。

アプリ連動で、ポイントが貯まるだけじゃなく、クーポンが使えたり、お得なキャンペーンに参加する事もできます。

イメージとしては、大手コンビニのローソンのポンタ(Ponta)、セブンイレブンのナナコ(nanaco)だと思うとわかりやすいです。

株主優待制度の導入で、「majica」利用者が益々増える可能性大です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

PPIH(パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)の優待を使った感想

ドン・キホーテ株主優待

PPIHは、2022年6月末に、株主優待制度を新設!

記念すべき第1回目の優待品が届きました。

優待品は、ちょっと油断するとそのまま捨ててしまいそうな、3つ折りの冊子です。

最初はmajicaアプリの紹介かなと思っていたら、下の部分にクーポンコードが記載されていました。

クーポンコードで2,000ポイントをチャージするのは、最初にmajicaアプリをインストールしておく必要がありますが、手順はとっても簡単です。

クレジットカードとの連携なども勧められますが、全部無視して、無料会員登録できます。

アプリインストール後に、冊子に記載の通り、クーポンコードを入力したら、即2,000ポイントがチャージされました。

チャージした2,000ポイントは、majicaのクーポンと一緒に使う事もできるので、お得感ありです。

majicoポイントの有効期限は、最後に使用した日から1年間です。

majicaポイントの登録も優待品が届いて約1年間も有効期限があるので、慌てて登録する必要がないのも魅力!

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年12月31日」です。

権利付き最終日の「12月26日」までに100株以上の取得が必要です。

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年12月31日

権利付き最終日:12月26日(木)・・・残り5ヵ月と2日(155日)
逆日歩日数:7日

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(7532)の基本情報

情報更新日:2024年7月1日

code7532優待内容自社ポイント
業種小売業上場市場東証プライム 
決算6月 優待月6月、12月
本社東京上場年月日1996年12月17日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数634,948,000企業のHP優待詳細
優待の種類自社商品

株価更新日:2024年7月4日

4日の終値株価3,859円最低投資額385,900円
最低必要株数100継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス過去の逆日歩と制度信用リスクは?

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-06-263,87784,100-96,900-181,0002,703,2000.331.2316.0
2023-12-273,33210,300-156,800-167,1001,361,7000.027.265.0
2023-06-282,54328,4000-28,4002,440,4000.020.8316.0
2022-12-282,52529,900-27,100-57,0004,093,5000.020.854.0
2022-06-282,116-26,800-202,200-175,4001,732,4000.117.6114.0
2021-12-281,59587,00086,800-2002,104,70053.0
2021-06-282,32335,6000-35,6001,726,2000.019.2113.0
2020-12-282,35222,60023,5009001,092,10053.0
2020-06-262,409-131,200-116,40014,8001,037,7000.120.0112.0
2019-12-261,833-147,500-153,100-5,6001,052,7000.3515.273.0
2019-06-256,79010,4008,700-1,700280,800330.0注意
2018-12-256,69025,40033,1007,700456,300710.0停止
2018-06-265,24017,70024,2006,500918,900327.0
2017-12-265,920-23,200-21,9001,300372,9000.048.065.0
2017-06-274,25507,5007,500280,300321.0
2016-12-274,395-12,500-17,200-4,700319,2000.535.255.0
2016-06-273,860-17,400-38,000-20,600986,0000.031.2117.0
2015-12-254,38548,60072,80024,200419,00055.0
2015-06-2510,50057,20074,60017,400274,900130.0
2014-12-258,210-22,500-31,800-9,300136,3000.066.4610.0
2014-06-255,64023,70022,300-1,400140,100126.0
2013-12-256,0001,0007,8006,800187,500710.0
2013-06-254,39532,50033,5001,000302,0003
2012-12-253,130-23,800-25,200-1,400152,8000.028.07
2012-06-262,72310,0005,600-4,400312,9003
2011-12-272,686-10,500-14,800-4,30090,4000.024.05
2011-06-272,70630,50028,000-2,500440,8001

ドン・キホーテのクロス取引・最大逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(12月31日)の逆日歩日数

    ×:逆日歩日数では警戒範囲
    2024年12月31日は、逆日歩日数が7日と、通常の権利日よりリスクが高まっています。
  2. 12月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は178、クロス取引可能な貸借銘柄は116、同じ優待分類の企業も多いです。

    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、12月実施の『自社商品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    現時点で注意喚起等の規制はありませんが、過去に2回、優待権利日に規制が入っているので、やや注意です。
    • 2019/06/25:0円 (3日)・・・注意
    • 2018/12/25:0円 (7日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は634,948,000と多い方ですが、優待価値の人気度も高く、権利日当日の急な株不足にご注意です。

    逆日歩更新日:2024年7月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    07/22(月)6,2006,40061,4001,4001003,00058,40020.470
    07/19(金)1,20011,60061,60030001,70059,90036.240
    07/18(木)1,3004,00072,0001001001,40070,60051.430
    07/17(水)12,5001,10074,700001,40073,30053.360
    07/16(火)4003,90063,3001001001,40061,90045.210
    07/12(金)15,20010066,8001003,1001,40065,40047.710
    07/11(木)7,4002,00051,7004002004,40047,30011.750
    07/10(水)50015,40046,3002,8001,0004,20042,10011.020
    07/09(火)03,20061,2001,20002,40058,80025.50
    07/08(月)2003,30064,4001002,5001,20063,20053.670
  5. パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去5回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2024/06/26:30円 (3日)
    • 2022/06/28:10円 (1日)
    • 2020/06/26:10円 (1日)
    • 2019/12/26:35円 (7日)
    • 2016/12/27:50円 (5日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ○:必要株数では低リスク
    優待に必要な株数は100株のみですが、株価が高いと逆日歩が発生した時の金額もあがるので、少しだけ注意です。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスと優待価値が2,000円でほぼ一緒、12月実施の優待一覧。


スポンサーリンク


ドン・キホーテのクロス取引(制度信用・一般信用)

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは、逆日歩の発生しない、一般信用取引も可能です。

7月4日の終値、株価3,859円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額38.6万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
112/268330326127169330118
212/2511454448174233454163
312/2412495489190254495178
412/2313536529206275536192
512/2014577570222296577207
612/1915619611238317619222
712/1818742733286381742266
812/1719784774301402281
912/1620825814317423296
1012/1321866855333444311
1112/1222907896349465326
1212/11251,0311,018397529370
1312/10261,0721,059412550385
1412/9271,1141,099428571400
1512/628444592415
1612/529460613429
1712/432508677474
1812/333523698489
1912/234539719503
2011/2935555740518
2111/2836571761533
2211/2739619825577

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの権利付最終日(2024年12月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額38.6万円、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年7月24日)から直近の優待権利日(2024年12月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスを38.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:38.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(165日分)+プレミアム料2,617円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(165日分)+プレミアム料
3,043円=198×2円+30円+2,617円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(165日分)
4,590円=1,100円+3,490円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(165日分)
2,469円=26円+2,443円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスを38.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:38.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ330円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(8日分)
523円=198×2円+30円+97円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:38.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ326円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(8日分)
488円=187×2円+21円+93円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:38.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)+プレミアム料97円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(8日分)+プレミアム料
523円=198×2円+30円+97円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(8日分)
1,197円=1,100円+97円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:38.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)93円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(8日分)
519円=198×2円+30円+93円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
124円=26円+97円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
117円=24円+93円

※優待権利日最終日の貸株日数は、逆日歩日数の7日に返却日を加えた8日です。

※パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、パンパシフィックの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
07/23(火)3,0002,8003,0003,000
07/22(月)2,8002,9003,0003,000
07/19(金)2,6002,3002,6002,600
07/18(木)2,6002,6002,6002,600
07/16(火)2,7002,8002,9002,900
07/12(金)2,5002,5002,6002,600
07/11(木)7,2006,9002,4002,400
07/10(水)6,9007,0007,2007,200

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

12月の株主優待情報をまとめて確認

PPIH(ドン・キホーテ)のクロス取引・株主優待まとめ

  • 「majica」ポイントは、6月末と12月末にそれぞれ2,000ポイントなので、1年間で4,000ポイント
  • PPIH(パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)の株価から算出すると、優待利回りはかなり良い
  • 優待取得の過去逆日歩の最高額は100株保有で10円!(まだ1回だけですが・・・)
  • 発行済株式数も多いですが、「ドン・キホーテ」のファンが殺到すれば、あっという間に株不足になる可能性もあり
  • 優待クロスも可能な銘柄だけに、過去逆日歩データ以外の情報で、逆日歩の可能性を見極めるのが勝利の近道
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!