訪問介護、医療系サービスをおこなっている『セントケア・ホールディング』の株主優待情報をまとめました。

つなぎ売り(クロス取引)に必要な、各証券会社毎の手数料(貸株料)の確認ができます。

投資メモ

セントケア・ホールディングは、訪問介護、訪問看護等のサービスをおこなっている企業です。
施設サービス、小規模多機能型居宅介護、福祉用具レンタル、介護ロボット事業等も展開中!

セントケア・ホールディング(2374)の株主優待

セントケア・ホールディング(2374)の株主優待は、QUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数 優待の内容(QUOカード)
3年未満 継続保有3年以上
100株以上 500円分 1,500円分

セントケア・ホールディング(2374)の優待権利日は年1回の9月末のみです。

貸借銘柄ではありませんが、多くの証券会社で一般信用売りの在庫があるので、クロス取引可能です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、3年以上でQUOカード額が3倍になるランクアップ特典です。

継続保有の条件

毎年3月末日現在及び9月末日現在の株主名簿に同一の株主番号が連続して7回以上記載または記録されること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

セントケア・ホールディングに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

セントケア・ホールディングの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り2ヵ月と2日(64日)
逆日歩日数:1日

セントケア・ホールディング(2374)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code2374優待内容クオカード
業種サービス業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月9月
本社東京上場年月日2003年10月24日 
単元株数100貸借区分制度
発行済株式数24,998,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年7月4日

4日の終値株価871円最低投資額87,100円
最低必要株数100継続保有特典

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


セントケア・ホールディング(2374)過去の逆日歩

貸借銘柄ではないので、過去にも逆日歩は発生していません。

セントケア・ホールディング(2374)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩は発生しませんが、各証券会社に在庫がないと、クロス取引出来ないのが、リスクです。


スポンサーリンク


セントケア・ホールディング(2374)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

セントケア・ホールディングは、貸借銘柄ではありません。

通常はクロス取引できませんが、証券会社に在庫があれば、一般信用クロス取引はできます。

すぐに一般信用クロス取引の手数料を確認

7月4日の終値、株価871円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額8.7万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/2621918710197
29/255464618244617
39/246565521295620
49/207656425336523
59/198747329387427
69/1812112110435711240
79/1713121119466212143
89/1314130128506747
99/1215139138547250
109/1119177174689163
119/1020186184729567
129/9211951937510070
139/6222052027910573
149/5232142118211077
159/4269312487
169/3279712990
179/22810013393
188/302910413897
198/2930107143100
208/2833118157110

セントケア・ホールディングの権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額8.7万円、セントケア・ホールディングのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年7月24日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、セントケア・ホールディングを8.7万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(68日分)+プレミアム料243円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(68日分)+プレミアム料
441円=99円+99円+243円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(68日分)324円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(68日分)
233円=6円+227円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


比較の為の制度信用クロス取引手数料は、貸借銘柄になったタイミングで表示します。

一般信用売りの在庫が確認できた証券会社

セントケア・ホールディングの一般信用売り在庫が確認できた証券会社は次の4つです。

  • SMBC日興証券
  • 楽天証券
  • GMOクリック証券
  • auカブコム証券

この記事アップの段階で、GMOクリック証券には、まだ在庫が余っていました。

貸株料も安いので、早めのクロス取引がおすすめ!

セントケア・ホールディング(2374)のクロス取引・株主優待まとめ

セントケア・ホールディング(2374)は、逆日歩の心配することなく、クロス取引可能です。

ただし、各証券会社にある一般信用売り在庫次第です。

500円と優待価値も少ないですが、ちょっとしたおこずかい稼ぎをしたい方、クロス取引を1度も経験した事がない方におすすめです。

株価も安く、貸株料負担も少ないので、もうそろそろ在庫がなくなってもおかしくないです。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!