ノジマ株主優待

家電量販店『ノジマ』の株主優待情報をまとめました。

過去の逆日歩クロス取引コスト(売買手数料・貸株料)の理解を深める事を目的とした記事です。

投資メモ

ノジマは、神奈川地盤の家電量販店です。
インターネットサービスプロバイダのニフティや東南アジアの家電販売会社を買収するなど、攻めの姿勢の企業です。

ノジマ(7419)の株主優待

株主優待は、自社の店舗で利用できる割引券やポイント、サービス券や商品です。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
100株以上 ①5枚 ②2枚
200株以上 ①10枚 ②4枚
500株以上 ①25枚 ②6枚 ③1枚
1,000株以上 ①50枚 ②12枚 ③2枚 ④

ノジマ(7419)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

保有株数に応じて、優待の種類が増えます。

①10%優待割引券(利用限度額1,000円)

1枚で最大1,000円まで割引できる10%割引券です。
1万円の買い物に1枚ずつ使うと最もお得、複数利用できるので、10万円の買い物で10枚利用すれば、1万円の割引です。

全国にあるノジマの店舗他、公式オンラインショップ(ノジマオンライン)でも利用可能です。

②株主来店ポイント券(500ポイント)

ノジマはポイント制の家電量販店です。
店頭に来店すると1日1回限り、そのノジマポイントが、500ポイント分貰えます。

100株保有なら1,000ポイント、200株保有なら2,000ポイント貰える事になります。

ただし、ノジマの店舗に行って、はじめて500ポイントずつ増えます。
ポイント付与には、モバイル会員になっておく必要があるので、注意です。

③店頭サービス優待券(3,000円相当)

ネットプリントサービスが3300円引きになる優待券です。

④自社PBエルソニック商品(3,000円相当)

9月末のみの優待品です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

ノジマに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ノジマの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り5ヵ月と12日(165日)
逆日歩日数:1日

ノジマ(7419)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code7419優待内容買物割引券等
業種小売業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月、9月
本社神奈川上場年月日1994年12月6日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数102,579,000企業のHP優待詳細
優待の種類買物券 暮らし 自社商品

株価更新日:2024年4月12日

12日の終値株価1,811円最低投資額181,100円
最低必要株数100継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ノジマ(7419)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-03-271,732247,50049,800-197,700501,2000.014.4315.0
2023-09-271,34259,100-195,000-254,1001,140,5000.011.2315.0
2023-03-291,390287,500177,300-110,200597,1000.033.6315.0
2022-09-282,694108,700-74,700-183,4001,476,4001.221.6313.0
2022-03-292,42186,100-36,400-122,500220,8000.0520.0126.0
2021-09-282,90225,000-92,900-117,900446,6003.6524.0124.0
2021-03-292,950105,30031,800-73,500254,600124.0
2020-09-282,95129,100-48,000-77,100359,4000.124.0122.0
2020-03-272,000112,00091,700-20,300288,800120.0
2019-09-261,878152,300116,400-35,900534,500120.0
2019-03-262,06058,10053,400-4,700349,900317.0
2018-09-252,5280.00.00.0382,0000.041.6317.0注意
2018-03-272,5580.0-2,600-2,600219,7000.1541.6316.0注意
2017-09-262,129-119,900-141,200-21,300339,4000.1535.2315.0注意
2017-03-281,42647,90021,800-26,100232,200313.0注意
2016-09-271,29534,60017,800-16,800317,900312.0注意
2016-03-281,22755,40048,500-6,900191,000112.0
2015-03-262,46910,6000.0-10,600192,3000.040.0118.0注意
2014-09-2566319,9000.0-19,900197,2000.05.6112.0
2014-03-26749241,700209,700-32,000174,900112.0
2013-09-25742-9,300-109,400-100,100136,0008.08.0112.0
2013-03-2661526,600-16,000-42,60059,30024.03
2012-09-2554258,200-21,000-79,20094,3009.03
2012-03-27615172,500100,000-72,500116,5003
2011-09-2767788,000-4,900-92,900134,2001.53
2011-03-28623109,70022,600-87,100129,2001

ノジマ(7419)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は387、クロス取引可能な貸借銘柄は276、同じ優待分類の企業も多いです。

    ノジマと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、9月実施の『買物券 暮らし 自社商品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    今までの優待権利日では、過去に6回、規制が入っています。調査時点では注意喚起等にはなっていませんが、今後に警戒です。
    • 2018/09/25:0円 (3日)・・・注意
    • 2018/03/27:15円 (3日)・・・注意
    • 2017/09/26:15円 (3日)・・・注意
    • 2017/03/28:0円 (3日)・・・注意
    • 2016/09/27:0円 (3日)・・・注意
    • 2015/03/26:0円 (1日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は102,579,000と多い方ですが、優待価値の人気度も高く、権利日当日の急な株不足にご注意です。

    逆日歩更新日:2024年4月12日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    04/11(木)01,800256,4005007005,800250,60044.210
    04/10(水)0400258,2002002006,000252,20043.030
    04/09(火)00258,6001004006,000252,60043.10
    04/08(月)3000258,6005001006,300252,30041.050
    04/05(金)00258,3005002005,900252,40043.780
    04/04(木)1000258,3001001,2005,600252,70046.120
    04/03(水)1,400300258,2001,4001006,700251,50038.540
    04/02(火)00257,1002001,4005,400251,70047.610
    04/01(月)100400257,1003001,4006,600250,50038.950
    03/29(金)100600257,4002003007,700249,70033.430
  5. ノジマの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    最大逆日歩が、いままで1回も発生、逆日歩が脅威です。
    • 2022/09/28:120円 (3日)
    • 2022/03/29:5円 (1日)
    • 2021/09/28:365円 (1日)
    • 2020/09/28:10円 (1日)
    • 2018/03/27:15円 (3日)・・・注意
    • 2017/09/26:15円 (3日)・・・注意
    • 2013/09/25:800円 (1日)
    • 2013/03/26:2,400円 (3日)
    • 2012/09/25:900円 (3日)
    • 2011/09/27:150円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    100株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 100株:約18万円
    • 200株:約36万円
    • 500株:約91万円
    • 1000株:約181万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    優待価値は低いですが、『ノジマ』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。


スポンサーリンク


ノジマ(7419)の優待クロス(制度・一般)

ノジマなら、逆日歩のないクロス取引も可能、それが一般信用クロス取引です。

4月12日の終値、株価1,811円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額18.1万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262393815203914
29/255979537509735
39/246116115456011642
49/207135134526913549
59/198155153607915556
69/18122322298911923283
79/17132512489712925190
89/131427126710413997
99/1215290286112149104
109/1119367363141188132
119/1020387382149198139
129/921406401156208146
139/622425420164218153
149/523445439171228160
159/426193258181
169/327201268187
179/228208278194
188/3029216288201
198/2930223298208
208/2833245327229

ノジマの権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額18.1万円、ノジマのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年4月14日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ノジマを18.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:18.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(168日分)+プレミアム料1,250円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(168日分)+プレミアム料
1,513円=115円+148円+1,250円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:18.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(168日分)1,666円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(168日分)
1,179円=12円+1,166円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ノジマを18.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:18.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ39円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
274円=115円+148円+11円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:18.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ38円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
254円=100円+143円+11円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:18.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料11円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)+プレミアム料
274円=115円+148円+11円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:18.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)11円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:18.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)11円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)
274円=115円+148円+11円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
24円=12円+11円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
22円=11円+11円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので2日です。

※ノジマの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、ノジマの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
04/12(金)700700700700
04/11(木)700700700700
04/10(水)700700700700
04/09(火)700700700700
04/08(月)700700700700
04/05(金)-700700700
04/04(木)700700700700
04/03(水)700700700700
04/02(火)700700700700

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

9月の株主優待情報をまとめて確認

ノジマ(7419)のクロス取引・株主優待まとめ

ノジマ(7419)の株主優待、2016年9月末までは、10%OFFの割引券だけでした。

それが、ちょっと複雑にはなりましたが、色々と優待内容が増えています。

特に、注目なのが、店舗に通うと貰える500ポイントです。1ポイント1円相当の買い物に利用できるので、100株保有で1,000円、200株なら2,000円相当の価値があります。

ただし、2,000ポイント獲得するには、最低でも4回、ノジマに通う必要ありです。(同じ日は不可)

ただ、それだけでは、優待の魅力度アップにつながっていないらしく、逆日歩リスクは優待変更前とそれほど変わっていません。

ノジマの店舗が自宅のすぐそばで通える方には、おすすめ優待になるでしょう。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!