植木組(1867)は、総合建設業として、100年以上の歴史がある企業です。

一般ユーザーには馴染みのない企業かもしれませんが、アパホテル(アパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉)など、数多くの施工実績があります。

そんな植木組(1867)の株主優待制度、優待クロス取引手数料、過去の逆日歩一覧データをご紹介です。

植木組株主優待
引用元:植木組

植木組(1867)の株主優待

植木組(1867)の株主優待は、QUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数優待の内容(QUOカード)
1年未満継続保有1年以上
100株以上500円分1,000円分
200株以上1,000円分2,000円分
1,000株以上2,000円分3,000円分

植木組(1867)の優待権利日は年1回、9月末のみです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、QUOカードの優待額が2倍になるランクアップ特典です。

継続保有の条件

過去1年間の9月、3月の各末日現在の株主名簿において、株式1単元(100株)以上を継続して保有し、同一の株主番号で連続して3回以上、記載または記録されていること。

植木組の株主優待制度が拡充!

長年の優待クロス愛好家なら知っていると思いますが、植木組(1867)のQUOカード優待は2021年9月に拡充しています。

2021年に株式分割し、1株から2株になったので、本来ならQUOカードの優待を貰う為には、200株以上必要です。

しかし、そこは建設会社らしい、太っ腹の対応です。
100株保有(分割前なら50株保有)でも、QUOカード500円が貰える優待制度に変更です。

さらに、1年以上の継続保有なら、100株でも1,000円のQUOカードが貰えます。

注目すべきは、優待拡充後の2021年9月の権利日ですが、なんと逆日歩金額は、100株保有でたったの5円です。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

植木組に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

植木組の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り6ヵ月と25日(209日)
逆日歩日数:1日

植木組(1867)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code1867優待内容クオカード
業種建設業上場市場東証スタンダード 
決算3月 優待月9月
本社新潟上場年月日1973年9月1日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数6,873,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価1,735円最低投資額173,500円
最低必要株数100継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


植木組(1867)過去の逆日歩と制度信用リスクは?

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-271,574-13,800-39,500-25,70045,8000.325.630.0注意
2022-09-281,288-1,300-24,200-22,90068,0000.1520.830.0注意
2021-09-281,547-3,000-22,900-19,90037,0000.0512.81
2020-09-282,946-11,100-35,600-24,50045,3009.048.01注意
2019-09-262,565-2,000-22,800-20,80036,4000.1520.81
2018-09-252,6733,500-15,600-19,10040,4000.1543.23注意
2017-09-26274134,000-12,000-146,000374,0000.158.03注意
2016-09-2721668,000-145,000-213,000412,0000.04.03
2015-09-2524972,000-100,000-172,000230,0000.04.01
2014-09-25289101,000111,00010,000111,0001
2013-09-25201239,000206,000-33,000237,0001
2012-09-2514527,00011,000-16,00067,0003
2011-09-2715032,00043,00011,00066,0003

植木組(1867)の最大逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は389、そのうち280銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    植木組と同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、9月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    現時点で注意喚起等の規制はありませんが、過去に3回、優待権利日に規制が入っているので、やや注意です。
    • 2023/09/27:30円 (3日)・・・注意
    • 2022/09/28:15円 (3日)・・・注意
    • 2020/09/28:900円 (1日)・・・注意
    • 2018/09/25:15円 (3日)・・・注意
    • 2017/09/26:15円 (3日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    発行済株式数や浮動株比率などが低く、株不足の原因になる要素が多いです。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)7,100012,00010001,80010,2006.670
    01/29(月)07004,90030001,7003,2002.880
    01/26(金)20005,600001,4004,2004.00
    01/25(木)005,400001,4004,0003.860
    01/24(水)30005,4001,20001,4004,0003.860
    01/23(火)005,1002003002004,90025.50
    01/22(月)01005,10003003004,80017.00
    01/19(金)20005,20001,8006004,6008.670
    01/18(木)03005,0002,4005002,4002,6002.080
    01/17(水)3001,0005,30009005004,80010.60
  5. 植木組の発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去5回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2023/09/27:30円 (3日)・・・注意
    • 2022/09/28:15円 (3日)・・・注意
    • 2021/09/28:5円 (1日)
    • 2020/09/28:900円 (1日)・・・注意
    • 2019/09/26:15円 (1日)
    • 2018/09/25:15円 (3日)・・・注意
    • 2017/09/26:15円 (3日)・・・注意

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    100株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 100株:約17万円
    • 200株:約35万円
    • 1000株:約174万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    人気のQUOカード優待に加えて、継続保有で利回りアップ、逆日歩リスクが高まるので、ご注意です。

    優待価値は低いですが、『植木組』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。

    • タメニー
    • 岩手銀行
    • エステールHD
    • ひらまつ
    • KNT-CTHD


スポンサーリンク


植木組(1867)の優待クロス(制度・一般)

植木組は、クロス取引の仕方によって、手数料も異なります。

2月29日の終値、株価1,735円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額17.4万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262373714193713
29/255939236489333
39/246112110435711240
49/207130128506713047
59/198149147577614953
69/18122232208611422380
79/17132422399312424287
89/131426025710013393
99/1215279275107143100
109/1119353349136181127
119/1020372367143191133
129/921390385150200140
139/622409404157210147
149/523428422164219154
159/426186248174
169/327193257180
179/228200267187
188/3029207276194
198/2930215286200
208/2833236315220

植木組の権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額17.4万円、植木組のクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、植木組を17.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(211日分)+プレミアム料1,509円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(211日分)+プレミアム料
1,772円=115円+148円+1,509円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(211日分)2,012円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(211日分)
1,420円=12円+1,408円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、植木組を17.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ37円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
274円=115円+148円+11円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ37円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
253円=100円+143円+10円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料11円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)+プレミアム料
274円=115円+148円+11円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)11円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)10円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)
273円=115円+148円+10円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
23円=12円+11円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
21円=11円+10円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので2日です。

※植木組の制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

植木組のクロス取引・株主優待まとめ

植木組(1867)は、株式分割して、発行済株式数が増えていますが、まだまだリスク圏内です。

それでも、2021年に逆日歩が少額だったのは、1,000円QUOカード銘柄が他に多数あったことが影響しているでしょう。
QUOカード500円にしては、ちょっとだけ投資金額が高いんです

優待クロスを実践している方って、結構シビアなので、少しでも投資金額が少ない、つまり優待利回りが高い銘柄をクロスします。

よって、今後も優待クロスは安全圏!とは限りませんが、注意喚起等の規制さえなければ、大損する事もないでしょう。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!