ファーストコーポレーション株主優待

分譲マンション建設を中心としたゼネコン『ファーストコーポレーション』の株主優待情報をまとめました。

つなぎ売り(クロス取引)に必要な、過去の逆日歩、各証券会社毎の手数料(貸株料)が確認できます。

投資メモ
ファーストコーポレーションは、用地手当てから建築まで一貫の「造注」という事業モデルを推進している企業です。

事業エリアを東京近郊に限定することで、スピード成長、2015年にマザーズ市場に上場!

ファーストコーポレーション(1430)の株主優待

ファーストコーポレーションの株主優待は、ゼネコンの例に倣ってQUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数 優待の内容(QUOカード)
1年以上 3年以上
500株以上 2,000円分 3,000円分
1,000株以上 3,000円分 5,000円分
5,000株以上 5,000円分 10,000円分

ファーストコーポレーションの優待権利日は年1回、11月末のみです。

保有株数、継続保有年数によって、貰えるQUOカードの金額が異なります。

株主優待に長期保有制度はあるの?

必須・特典あり

1年以上の継続保有が必須、3年以上の継続保有なら、優待価値が1.5倍以上です。

継続保有の条件

毎年2月末日、5月末日、8月末日及び11月末日現在の株主名簿に5回、もしくは13回以上連続して、同一株主番号に手記載又は記録されること。

また、継続保有期間中のいずれかの時点においても、同一株主番号で各区分の最小株式数(500株、1,000株又は5,000株)を下回る事なく保有していること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年11月30日」です。

権利付き最終日の「11月27日」までに500株以上の取得が必要です。

ファーストコーポレーションに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ファーストコーポレーションの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年11月30日

権利付き最終日:11月27日(水)・・・残り6ヵ月と7日(191日)
逆日歩日数:3日

ファーストコーポレーション(1430)の基本情報

情報更新日:2024年3月24日

code1430優待内容クオカード
業種建設業上場市場東証スタンダード 
決算5月 優待月11月
本社東京上場年月日2015年3月24日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数13,363,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年5月17日

17日の終値株価825円最低投資額412,500円
最低必要株数500継続保有必須・特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ファーストコーポレーション過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-11-28750-94,800-173,700-78,900199,1000.56.410.0
2022-11-28720-70,200-172,500-102,300219,6001.56.410.0
2021-11-26743-53,400-114,800-61,400172,9000.056.41
2020-11-26701-21,600-108,900-87,300194,5000.056.41
2019-11-27706-188,000-361,700-173,700488,20019.26.43
2018-11-271,034-2,500-133,100-130,600356,3001.58.83
2017-11-271,2576,6006,500-100151,2001
2016-11-2592041,70045,6003,90074,4001
2015-11-254,6254,1004,20010010,1001

ファーストコーポレーション(1430)の最大逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(11月30日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 11月30日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    全部で31の企業で優待を実施、クロス向けは21、特にQUOカード優待は人気なので、注意が必要です。

    ファーストコーポレーションと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、11月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は13,363,000であり、東証スタンダード 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年5月20日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/17(金)3001,8009,00019,6000103,800-94,8000.090.05
    05/16(木)1002,20010,5003,90010084,200-73,7000.120.05
    05/15(水)7,200012,60020,700080,400-67,8000.160.15
    05/14(火)05005,40025,500059,700-54,3000.090.05
    05/13(月)01,6005,9006,000034,200-28,3000.170
    05/10(金)80007,50010,500028,200-20,7000.270
    05/09(木)3001,0006,7002,000017,700-11,0000.380
    05/08(水)1,00007,4009,300015,700-8,3000.470
    05/07(火)2,7004006,4004,70006,40001.00
    05/02(木)03,9004,1001,70001,7002,4002.410
  5. ファーストコーポレーションの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    最大逆日歩は、過去に1回発生していますが、それより逆日歩の常連、今まで6回逆日歩が発生しています。
    • 2023/11/28:50円 (1日)
    • 2022/11/28:150円 (1日)
    • 2021/11/26:5円 (1日)
    • 2020/11/26:5円 (1日)
    • 2019/11/27:1,920円 (3日)
    • 2018/11/27:150円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は500株なので、実際の逆日歩金額はさらに5倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 500株:約41万円
    • 1000株:約83万円
    • 5000株:約413万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有が必須と同時に優待額が豪華になる特典付き、警戒は必要です。

    ファーストコーポレーションと優待価値が2,000円でほぼ一緒、11月実施の優待一覧。


スポンサーリンク


ファーストコーポレーション(1430)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

ファーストコーポレーションは、逆日歩の発生しない、一般信用取引も可能です。

5月17日の終値、株価825円の必要株数分(500株)で計算。

投資金額41.3万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
111/274177174689117763
211/2652212188511322179
311/25626526110213626595
411/227309305119158309111
511/218353349136181353127
611/2011485479187249485174
711/1912530523204272530190
811/1813574566221294574206
911/1514618610238317222
1011/1415662653255339238
1111/1318794784306407285
1211/1219838828322430301
1311/1120883871339453317
1411/821927915356475333
1511/722373498349
1611/625424566396
1711/526441588412
1811/127458611428
1910/3128475634444
2010/3032543724507
2110/2933560747523

ファーストコーポレーションの権利付最終日(2024年11月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額41.3万円、ファーストコーポレーションのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月20日)から直近の優待権利日(2024年11月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ファーストコーポレーションを41.3万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:41.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(195日分)+プレミアム料3,310円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(195日分)+プレミアム料
3,737円=198×2円+32円+3,310円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(195日分)
5,513円=1,100円+4,413円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(195日分)
3,117円=28円+3,089円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ファーストコーポレーションを41.3万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:41.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ177円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
480円=198×2円+32円+52円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:41.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ174円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
446円=187×2円+23円+50円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:41.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料52円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
480円=198×2円+32円+52円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
1,152円=1,100円+52円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:41.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)50円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
477円=198×2円+32円+50円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
80円=28円+52円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
76円=26円+50円

※優待権利日最終日の貸株日数は、逆日歩日数の3日に返却日を加えた4日です。

※ファーストコーポレーションの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

ファーストコーポレーション(1430)のクロス取引・株主優待まとめ

ファーストコーポレーション、2019年にむごい最大逆日歩が発生していますが、実は優待が変更になる前の逆日歩です。

2020年より1年以上の継続保有が必須となり、その後の逆日歩は少額です。
因みにファーストコーポレーション過去の優待は、100株以上で1,000円分のQUOカードと優待利回りも大きく、お得だったのです。

優待クロスが可能な貸借銘柄ですが、最低500株保有で長期保有のチェックも厳しいので、あまりクロス優待向けとは言えません。

それなら、現物保有ですが、投資金額も大きいので、リスクも高いと、投資家を迷わす銘柄です。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!