オークファン(3674)の優待品は、本当は教えたくありません!

「廃棄ロス削減セット」と中身が不明なのが幸いして、まだ人気化していないからです。

でも、クロス優待銘柄を全部紹介するのが当ブログの目的なので、公正に大公開です!

もちろん恒例のオークファン(3674)の株主優待制度以外の情報もまとめています。

優待クロス取引の貸株料、過去の逆日歩一覧データのチェックも忘れずに!!

オークファン株主優待
引用元:オークファン

オークファン(3674)の株主優待

オークファン(3674)の株主優待は、「廃棄ロス削減セット」という名の食品セット!

オークファンの優待内容詳細

保有株式数優待内容
300株以上5,000円相当の廃棄ロス削減セット
500株以上7,000円相当の廃棄ロス削減セット
1,000株以上15,000円相当の廃棄ロス削減セット
オークファン(3674)の優待権利日は年1回、9月末のみです。

廃棄ロス削減セットは、「NETSEA」での仕入れに使える割引券に交換可能です。廃棄ロス削減セットと同額のNETSEAクーポンが貰えます。

なお、NETSEAは、各商品が卸値で買えるので、入会審査があります。株主が入会できる保証はないので、よほどの事がない限り、廃棄ロス削減セットの方が良いでしょう。

因みにNETSEAでは、「新型コロナウイルスの抗原検査キット」なども買えます!!

廃棄ロス削減セットとは?

オークファン(3674)は、滞留在庫・返品・型落ち品など、本来捨てられる食品に注目している企業です。

廃棄品を有効活用しようとビジネス展開を始めています。

そうです。優待品は、本来は廃棄される予定のレトルト食品だったり、飲料だったりします。何が入っているかは、届くまでのお楽しみです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに300株以上の取得が必要です。

オークファンに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

オークファンの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り6ヵ月と25日(209日)
逆日歩日数:1日

オークファン(3674)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code3674優待内容廃棄ロス削減セット等
業種情報・通信業上場市場東証グロース 
決算9月 優待月9月
本社東京上場年月日2013年4月25日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数10,813,000企業のHP優待詳細
優待の種類自社商品

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価485円最低投資額145,500円
最低必要株数300継続保有-

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


オークファン(3674)過去の逆日歩と制度信用リスクは?

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-2748922,00021,200-80028,8000.012.03
2022-09-28528-107,700-105,6002,10040,2000.159.63停止
2021-09-28825-61,700-120,700-59,000154,0000.057.210.0
2020-09-281,4428,20015,9007,700183,70010.0
2019-09-26788-8,200-12,100-3,90052,3000.06.410.0
2018-09-258080.00.00.026,6000.07.230.0
2017-09-26843-6,300-9,600-3,30021,6000.07.230.0
2016-09-271,48619,60017,800-1,800392,70030.0
2014-09-251,39857,30064,3007,00068,60010.0
2013-09-2513,50042,30061,30019,00056,0001

オークファンの最大逆日歩リスクはどのくらい?【7つのチェック】

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は389、クロス取引可能な貸借銘柄は280、同じ優待分類の企業も多いです。

    オークファンと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、9月実施の『自社商品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    • 2022/09/28:15円 (3日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は10,813,000であり、東証グロース 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)007,4000007,400-0
    01/29(月)02,1007,4000007,400-0
    01/26(金)1,60009,5000009,500-0
    01/25(木)007,9000007,900-0
    01/24(水)02007,9000007,900-0
    01/23(火)05008,1000008,100-0
    01/22(月)2005008,6000008,600-0
    01/19(金)50008,9000008,900-0
    01/18(木)8003008,4000008,400-0
    01/17(水)007,9000007,900-0
  5. オークファンの発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    最大逆日歩も高額逆日歩も発生していませんが、1回ほど、少額ながら逆日歩は過去に発生しています。
    • 2022/09/28:15円 (3日)・・・停止
    • 2021/09/28:5円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は300株なので、実際の逆日歩金額はさらに3倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    300株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 300株:約15万円
    • 500株:約24万円
    • 1000株:約49万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    9月実施の高額優待、他にもあります。


スポンサーリンク


オークファンの優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

オークファンのクロス取引、手数料も忘れてはいけません。

2月29日の終値、株価485円の必要株数分(300株)で計算。

投資金額14.6万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262313112163111
29/255787730407828
39/246949236489434
49/207109108425610939
59/198125123486412545
69/1812187185729618767
79/17132032007810420373
89/13142182168411278
99/12152342319012084
109/1119296293114152106
119/1020312308120160112
129/921328323126168118
139/622343339132176123
149/523359354138184129
159/426156208146
169/327162216151
179/228168224157
188/3029174232162
198/2930180240168
208/2833198264185

オークファンの権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額14.6万円、オークファンのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、オークファンを14.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:14.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(211日分)+プレミアム料1,266円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(211日分)+プレミアム料
1,529円=115円+148円+1,266円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:14.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(211日分)1,688円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(211日分)
1,192円=10円+1,182円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、オークファンを14.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ31円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
272円=115円+148円+9円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ31円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
252円=100円+143円+9円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料9円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)+プレミアム料
272円=115円+148円+9円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)9円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)9円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)
272円=115円+148円+9円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
19円=10円+9円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
18円=9円+9円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので2日です。

※オークファンの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

オークファンのクロス取引・株主優待まとめ

オークファン(3674)の優待利回り、じつは滅茶苦茶よかったりします。

1,000株保有でも、必要投資額はたったの50万円前後です。

9月優待の中に隠されているおかげで、逆日歩もほとんど発生していません。

良い優待品ですが、実は有名ブロガーさんとか、あまり知らないんですよね。それは本当は株主優待実践していないからだったりするんです・・・・

当ブログも、運営開始したばかりなので、それほど影響力はないと思いますが・・・・2022年の優待の中では、掘り出し物になるでしょう。2023年ごろには、広く知られてしまう予感です。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!