オークファン(3674)の株主優待は、それはそれは、素晴らしかった。

9月優待の中でもかなりのお気に入りでしたが、残念ながら優待制度は廃止です。

今まで、株価チェックなどしてきましたが、紛らわしいので、記事更新をストップします。

 

 

以下過去記事です。

オークファン(3674)の優待品は、本当は教えたくありません!

「廃棄ロス削減セット」と中身が不明なのが幸いして、まだ人気化していないからです。

でも、クロス優待銘柄を全部紹介するのが当ブログの目的なので、公正に大公開です!

もちろん恒例のオークファン(3674)の株主優待制度以外の情報もまとめています。

優待クロス取引の貸株料、過去の逆日歩一覧データのチェックも忘れずに!!

オークファン株主優待
引用元:オークファン

オークファン(3674)の株主優待

オークファン(3674)の株主優待は、「廃棄ロス削減セット」という名の食品セット!

オークファン(3674)の優待内容詳細

保有株式数 優待内容
300株以上 5,000円相当の廃棄ロス削減セット
500株以上 7,000円相当の廃棄ロス削減セット
1,000株以上 15,000円相当の廃棄ロス削減セット

オークファン(3674)の優待権利日は年1回、9月末のみです。

廃棄ロス削減セットは、「NETSEA」での仕入れに使える割引券に交換可能です。廃棄ロス削減セットと同額のNETSEAクーポンが貰えます。

なお、NETSEAは、各商品が卸値で買えるので、入会審査があります。株主が入会できる保証はないので、よほどの事がない限り、廃棄ロス削減セットの方が良いでしょう。

因みにNETSEAでは、「新型コロナウイルスの抗原検査キット」なども買えます!!

廃棄ロス削減セットとは?

オークファン(3674)は、滞留在庫・返品・型落ち品など、本来捨てられる食品に注目している企業です。

廃棄品を有効活用しようとビジネス展開を始めています。

そうです。優待品は、本来は廃棄される予定のレトルト食品だったり、飲料だったりします。何が入っているかは、届くまでのお楽しみです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに300株以上の取得が必要です。

オークファンに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

オークファンの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り6ヵ月と4日(188日)
逆日歩日数:1日

オークファン(3674)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code 3674 優待内容 廃棄ロス削減セット等
業種 情報・通信業 上場市場 東証グロース
決算 9月 優待月 9月
本社 東京 上場年月日 2013年4月25日
単元株数 100 貸借区分 貸借
発行済株式数 10,813,000 企業のHP 優待詳細
優待の種類 自社商品

株価更新日:2024年3月21日

21日の終値株価 455円 最低投資額 136,500円
最低必要株数 300 継続保有

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。

オークファン(3674)過去の逆日歩と制度信用リスクは?

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日 株価 前日
貸借残
当日
貸借残
差分 出来高 確逆 最逆 品貸
日数
配当 規制
2023-09-27 489 22,000 21,200 -800 28,800 0.0 12.0 3
2022-09-28 528 -107,700 -105,600 2,100 40,200 0.15 9.6 3 停止
2021-09-28 825 -61,700 -120,700 -59,000 154,000 0.05 7.2 1 0.0
2020-09-28 1,442 8,200 15,900 7,700 183,700 1 0.0
2019-09-26 788 -8,200 -12,100 -3,900 52,300 0.0 6.4 1 0.0
2018-09-25 808 0.0 0.0 0.0 26,600 0.0 7.2 3 0.0
2017-09-26 843 -6,300 -9,600 -3,300 21,600 0.0 7.2 3 0.0
2016-09-27 1,486 19,600 17,800 -1,800 392,700 3 0.0
2014-09-25 1,398 57,300 64,300 7,000 68,600 1 0.0
2013-09-25 13,500 42,300 61,300 19,000 56,000 1

オークファンの最大逆日歩リスクはどのくらい?

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク

    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。

  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク

    優待実施企業は395、クロス取引可能な貸借銘柄は282、同じ優待分類の企業も多いです。

    オークファンと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、9月実施の『自社商品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク

    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。

    • 2022/09/28:15円 (3日)・・・停止

    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!

  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意

    発行済株式数は10,813,000であり、東証グロース 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年3月18日

    市場区分:東証

    月/日 融資新規 融資返済 融資残高 貸株新規 貸株返済 貸株残高 差引残高 貸借倍率 逆日歩
    03/15(金) 1,500 0 14,200 0 0 1,300 12,900 10.92 0
    03/14(木) 100 500 12,700 200 0 1,300 11,400 9.77 0
    03/13(水) 800 0 13,100 200 200 1,100 12,000 11.91 0
    03/12(火) 0 1,900 12,300 100 200 1,100 11,200 11.18 0
    03/11(月) 0 500 14,200 200 0 1,200 13,000 11.83 0
    03/08(金) 0 700 14,700 0 200 1,000 13,700 14.7 0
    03/07(木) 3,700 400 15,400 0 0 1,200 14,200 12.83 0
    03/06(水) 600 1,900 12,100 0 0 1,200 10,900 10.08 0
    03/05(火) 1,500 2,600 13,400 300 0 1,200 12,200 11.17 0
    03/04(月) 300 200 14,500 100 0 900 13,600 16.11 0
  5. オークファンの発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク

    最大逆日歩も高額逆日歩も発生していませんが、1回ほど、少額ながら逆日歩は過去に発生しています。

    • 2022/09/28:15円 (3日)・・・停止
    • 2021/09/28:5円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は300株なので、実際の逆日歩金額はさらに3倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意

    300株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。

    • 300株:約14万円
    • 500株:約23万円
    • 1000株:約46万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意

    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    9月実施の高額優待、他にもあります。

オークファン(3674)のクロス取引・株主優待まとめ

オークファン(3674)の優待利回り、じつは滅茶苦茶よかったりします。

1,000株保有でも、必要投資額はたったの50万円前後です。

9月優待の中に隠されているおかげで、逆日歩もほとんど発生していません。

良い優待品ですが、実は有名ブロガーさんとか、あまり知らないんですよね。それは本当は株主優待実践していないからだったりするんです・・・・

当ブログも、運営開始したばかりなので、それほど影響力はないと思いますが・・・・2022年の優待の中では、掘り出し物になるでしょう。2023年ごろには、広く知られてしまう予感です。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!