情報企画(3712)は、金融機関向けのシステムコンサルティングとして、企画、開発をおこなっている企業です。

また、社会に役立つ企業であることをミッションにしており、「人」を育てる会社風土を大切にしています。

そんな情報企画(3712)で優待クロス取引を行うために必要な情報をまとめています。

当記事を最後まで読むことで、株主優待制度、過去の逆日歩一覧、貸株料等の手数料を把握する事が可能です。

情報企画株主優待
引用元:情報企画

情報企画(3712)の株主優待

情報企画(3712)の株主優待は、図書カードとカタログギフトです。
一見豪華に感じますが、詳細を確認すると・・・

優待内容詳細

保有株式数優待の内容
1年未満継続保有1年以上
100株以上図書カード(500円分)対象外
400株以上図書カード(500円分)産直品のカタログギフト
(5,000円相当)
情報企画(3712)の優待権利日は年1回、9月のみです。

産直品のカタログギフトが貰えるのは、400株以上でかつ継続保有1年以上です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、1年以上の継続保有で優待品が豪華になるランクアップ特典です。

継続保有の条件

基準日(毎年9月30日現在)に、4単元(400株)以上を継続して1年以上保有していること。
なお、貸株」等によって株主名簿から記載がなくなったり、名簿記載の株数が4単元(400株)未満に減った場合は対象外。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

情報企画に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

情報企画の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り6ヵ月と24日(208日)
逆日歩日数:1日

情報企画(3712)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code3712優待内容図書カード
業種情報・通信業上場市場東証スタンダード 
決算9月 優待月9月
本社大阪上場年月日2003年5月30日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数4,090,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券 食品

株価更新日:2024年3月1日

1日の終値株価3,845円最低投資額384,500円
最低必要株数100継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


情報企画(3712)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-272,9580.0-2,600-2,6009,3000.1524.0345.0
2022-09-283,445200-2,300-2,5009,2004.228.0345.0
2021-09-282,950100-3,000-3,1008,8000.124.0145.0
2020-09-283,2051,2000.0-1,20027,5000.026.4140.0
2019-09-262,207600-2,400-3,0007,8000.0518.4140.0
2018-09-252,29530040010011,500335.0
2017-09-261,7760.00.00.015,8000.028.8330.0注意
2016-09-271,40311,2007,700-3,50018,100325.0注意
2014-09-259633,300-13,200-16,50029,7008.08.0115.0
2013-09-2581,4001-179-180264800.0800.01
2012-09-2555,20018-68-8614790.0800.03
2011-09-2754,300-6-131-1252072400.0800.03

情報企画(3712)の最大逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待数は非常に多く、クロス取引可能な銘柄数は280(優待実施銘柄の全体は389)です。

    9月の図書カードと同じ分類銘柄。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    現時点で注意喚起等の規制はありませんが、過去に2回、優待権利日に規制が入っているので、やや注意です。
    • 2017/09/26:0円 (3日)・・・注意
    • 2016/09/27:0円 (3日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    発行済株式数や浮動株比率などが低く、株不足の原因になる要素が多いです。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)001,000001,00001.00
    01/29(月)20001,00020001,00001.00
    01/26(金)008000080001.00
    01/25(木)008000080001.00
    01/24(水)0100800010080001.00
    01/23(火)009000090001.00
    01/22(月)009000090001.00
    01/19(金)100090030020090001.00
    01/18(木)500100800400080001.00
    01/17(水)004000040001.00
  5. 情報企画の発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    高額逆日歩の常連銘柄です。過去に3回も最大逆日歩になっているので、最大限の警戒が必要です。
    • 2023/09/27:15円 (3日)
    • 2022/09/28:420円 (3日)
    • 2021/09/28:10円 (1日)
    • 2019/09/26:5円 (1日)
    • 2014/09/25:800円 (1日)
    • 2013/09/25:80,000円 (1日)
    • 2012/09/25:9,000円 (3日)
    • 2011/09/27:240,000円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 100株:約38万円
    • 400株:約154万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

    優待価値は低いですが、『情報企画』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。


スポンサーリンク


情報企画(3712)の優待クロス(制度・一般)

情報企画の逆日歩が嫌なら、早めの一般信用クロス取引です。

3月1日の終値、株価3,845円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額38.5万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262828132428230
29/2552062037910520674
39/2462472449512724789
49/207288284111148288103
59/198329325127169329118
69/1812494487190253494177
79/1713535528206274535192
89/1314576569222295207
99/1215617609237316222
109/1119782772301401281
119/1020823812316422295
129/921864853332443310
139/622905893348464325
149/523946934364485340
159/426411548384
169/327427570399
179/228443591413
188/3029459612428
198/2930475633443
208/2833522696487

情報企画の権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額38.5万円、情報企画のクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月2日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、情報企画を38.5万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:38.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(210日分)+プレミアム料3,323円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(210日分)+プレミアム料
3,748円=198×2円+29円+3,323円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(210日分)
5,530円=1,100円+4,430円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(210日分)
3,127円=26円+3,101円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、情報企画を38.5万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:38.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ82円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
450円=198×2円+30円+24円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:38.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ81円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
418円=187×2円+21円+23円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:38.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料24円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)+プレミアム料
450円=198×2円+29円+24円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
1,124円=1,100円+24円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:38.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)23円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)
449円=198×2円+30円+23円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
51円=26円+24円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
47円=24円+23円

※優待権利日最終日の貸株日数は、逆日歩日数の1日に返却日を加えた2日です。

※情報企画の制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

情報企画(3712)のクロス取引・株主優待まとめ

情報企画(3712)のクロス取引、500円図書カードでは、利回り低すぎ!だからといって、5,000円相当の産直品を狙うにはリスクが高すぎます。

2013年に1株から100株に株式分割してから、高額逆日歩の発生率は低くなりましたが、逆日歩リスクは顕在です。

逆日歩が発生しないのは、単に優待の人気がないだけだからでしょう。内部要因的には、すぐに株不足になる状況が揃っています。

資金が余ったからといって安易にクロス取引をおこなうと、大ダメージを食らう場合もあるので、ご注意ください。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!