コムチュア(3844)は、クラウドとビックデータの活用でデジタルトランスフォーメーション(DX)時代をリードすると宣言している企業です。

そんなコムチュア(3844)で優待クロス取引を行うために必要な情報をまとめています。

当記事を最後まで読むことで、株主優待制度、過去の逆日歩一覧、貸株料等の手数料を把握する事が可能です。

コムチュア株主優待
引用元:コムチュア

コムチュア(3844)の株主優待

コムチュア(3844)の株主優待は、QUOカードです。

コムチュアの優待内容詳細

保有株式数優待内容
300株以上1,000円分のQUOカード
コムチュア(3844)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

優待に必要な最低保有株数は300株になっているので、注意です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年3月31日」です。

権利付き最終日の「3月27日」までに300株以上の取得が必要です。

コムチュアに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

コムチュアの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年3月31日

権利付き最終日:3月27日(水)・・・残り26日(毎日更新)
逆日歩日数:3日

コムチュア(3844)の基本情報

情報更新日:2023年3月2日

code3844優待内容クオカード
業種情報・通信業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月、9月
本社東京上場年月日2007年3月20日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数32,241,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価1,817円最低投資額545,100円
最低必要株数300継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


コムチュア(3844)過去の逆日歩と制度信用リスクは?

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-272,3302,6000.0-2,600219,9000.019.2311.5
2023-03-292,13922,50022,300-20085,8000.052.8311.0
2022-09-282,24216,70011,300-5,400168,5000.055.2311.0
2022-03-293,2103,4001,500-1,90074,900111.25
2021-09-283,0952000.0-200135,5000.024.818.25
2021-03-292,74515,10014,300-80088,00017.75
2020-09-282,69537,30033,700-3,600165,60017.75
2020-03-272,08216,90012,600-4,300318,90017.25
2019-09-264,05026,20037,80011,600117,900114.5
2019-03-263,390-3,000-5,900-2,90094,9000.027.2319.5
2018-09-254,305-2,100-5,300-3,200208,1000.035.239.5
2018-03-273,66044,90052,8007,900240,700310.4
2017-09-265,83011,2005,100-6,10051,400322.0
2017-03-283,9852,9000.0-2,90040,9000.032.0323.0
2016-09-273,5450.00.00.077,6000.028.8318.0
2016-03-282,3328,70012,3003,60024,300138.0
2015-03-262,00213,800168,800155,00028,100124.0
2014-09-252,01038,400107,00068,60016,000124.0
2014-03-261,73192,800160,20067,40036,700126.0
2013-09-251,58224,20051,20027,00016,900116.0
2013-03-262,08066,00070,4004,40054,5003
2012-09-25031,80029,300-2,50003
2012-03-270237244703
2011-09-2701171321503
2011-03-280361343-1801

コムチュアの最大逆日歩リスクはどのくらい?【7つのチェック】

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(3月31日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 3月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は769、そのうち551銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    コムチュアと同じQUOカード優待がある銘柄。

    • 城南進学研究社
    • パイオラックス
    • 四国銀行
    • 中央倉庫
    • 東邦化学工業
    • エステールHD
    • フクシマガリレイ

    尚、3月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ○:株不足では低リスク
    発行済株数は32,241,000ですが、浮動株比率、貸借残比率などのバランスが良く、株不足に関しては、低リスクとデータが教えてくれています。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)600017,50000017,500-0
    01/29(月)20010016,90000016,900-0
    01/26(金)060016,80000016,800-0
    01/25(木)9005,40017,40000017,400-0
    01/24(水)50010021,90000021,900-0
    01/23(火)900021,50000021,500-0
    01/22(月)01,80020,60000020,600-0
    01/19(金)1001,70022,40000022,400-0
    01/18(木)500024,00000024,000-0
    01/17(水)1,50010023,5000300023,500-0
  5. コムチュアの発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    今まで1度も逆日歩が発生したことがない、かなり貴重な銘柄です。
  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    必要株数によって、優待内容の差はありませんが、必要株数が最低単位ではなく、300なので、やや注意です。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有の特典こそありませんが、利便性の高い優待だけに、注意が必要です。

    コムチュアと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


コムチュアの優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

怖い逆日歩ですが、コムチュアは逆日歩なしの一般信用クロス取引も可能です。

2月29日の終値、株価1,817円の必要株数分(300株)を丸めた金額でコストシミュレーション。

投資金額55万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
13/2742352329012123584
23/265294290113151294105
33/256353348136181353127
43/227411406158211411148
53/218470464181241470169
63/1911646638249332646232
73/1812705696271362705253
83/1514823812316422295
93/1415882870339452316
103/13181,0581,044407542380
113/12191,1171,102429573401
123/11201,1751,160452603422
133/8211,2341,218475633443
143/7221,2931,276497663464
153/625565753527
163/526588784548
173/427610814570
183/128633844591
192/2929655874612
202/2832723964675
212/2733746995696

コムチュアの権利付最終日(2024年3月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額55万円、コムチュアのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年3月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、コムチュアを55万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(28日分)(+プレミアム料)
2,833円=2,200円+633円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(28日分)+プレミアム料
1,445円=385×2円+42円+633円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(28日分)
3,044円=2,200円+844円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(28日分)
628円=38円+591円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、コムチュアを55万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:55万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ235円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
882円=385×2円+42円+69円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:55万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ232円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:460円 信用:264円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が460円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
624円=264×2円+30円+66円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)(+プレミアム料)
2,269円=2,200円+69円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
881円=385×2円+42円+69円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
2,269円=2,200円+69円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
2,266円=2,200円+66円
【超割】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
878円=385×2円+42円+66円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
107円=38円+69円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
101円=35円+66円

投資金額55万円の場合、売買手数料の差が大きくなるので、ベストな証券会社選びが大事です。

※コムチュアの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、コムチュアの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
02/29(木)1,0001,0001,000900
02/28(水)1,0001,0001,0001,000
02/27(火)1,0001,0001,0001,000
02/26(月)1,0001,0001,0001,000
02/23(金)1,0001,0001,0001,000
02/22(木)900900-1,000
02/21(水)900900900900
02/20(火)900900900900
02/19(月)1,0001,000900900

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

3月の株主優待情報をまとめて確認

コムチュアのクロス取引・株主優待まとめ

コムチュア(3844)は、クラウド事業が主力の企業です。DX時代をリードすると言っているわりに堅実な企業です。

売上、経常利益共に少しずつ地味に上昇、株価も一緒に上昇中、配当額も増えています。

 

株式数は、2017年9月に3分割、2019年9月に2分割しています。

なお、2016年に株主優待制度が導入、その時は100株保有が条件でしたが、2017年の株式分割に合わせて300株です。

その後、2分割になった時は、最低保有株数を据え置いているので、実質2倍に拡充です。

 

クロス取引するには、資金額が多く必要で、逆日歩リスクも大きいです。

無理にクロス取引でリスクを負うより、現物保有で配当狙いの方が正しい戦略になるかもしれません。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!