サカタインクス株主優待

印刷インキの化学メーカー『サカタインクス(4633)』の株主優待情報を詳しく知りたい方向けの記事です。

株主優待の変更履歴、クロス取引のやり方と各手数料、過去の逆日歩一覧、まとめて確認できます。

投資メモ

サカタインクスは、新聞や包装など様々なパッケージインキと、機能性材料を開発している総合化学メーカーです。
北米、アジアなど海外展開や他業種事業への参入、産学連携など、新規事業創出に注力!

サカタインクス(4633)の株主優待

サカタインクス(4633)の株主優待は、プリペイドカードで有名なQUOカード優待です。

優待内容詳細

保有株式数 保有期間
1年未満 1年以上 3年以上
100株以上 500円分 1,000円 2,000円分

サカタインクス(4633)の優待権利日は年1回、12月末のみです。

サカタインクスの企業ロゴの入った、オリジナルデザインのQUOカードです。

長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではありませんが、1年以上、3年以上でQUOカード金額が増えるランクアップ特典です。

継続保有の条件

同じ株主番号で毎年6月30日および12月31日現在の株主名簿に100株以上の保有を下記のとおり、連続で記載または記録されていること。
1年以上:直近株主名簿に連続3回以上6回記載
3年以上:直近株主名簿に連続7回以上記載

株主優待制度を利用した感想

QUOカードのお得な使い方は、色々紹介してきたので、今回は、サカタインクスの過去の優待制度について、参考までにご紹介です。

尚、QUOカードの利用方法と言えば、金額関係なく配送料無料、さらにセブンイレブンQUOカード支払いでOKという、お得技がありましたが、2022年12月時点では、使えなくなったので、代替え案を実践中!

詳しくは↓

サカタインクスクスがQUOカード優待なのは、ず~と変わりませんが、以前はもっと楽にクロス取引出来た銘柄です。

サカタインクスの株主優待制度の変更
  1. 2017年12月末まで
    100株:1,000円分
    継続保有期間関係なし
  2. 2018年12月末(変更)
    継続保有期間に応じて変更
    100株:500円(1年未満)
    100株:1,000円(1年以上)
    100株:2,000円(3年以上)

継続保有期間という縛りありの変更を改悪とするか、拡充とするかは、意見が分かれていますが、クロス取引の難易度があがったのは間違いないです。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年12月31日」です。

権利付き最終日の「12月26日」までに100株以上の取得が必要です。

サカタインクスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

サカタインクスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年12月31日

権利付き最終日:12月26日(木)・・・残り7ヵ月と7日(221日)
逆日歩日数:7日

サカタインクス(4633)の基本情報

情報更新日:2024年3月24日

code4633優待内容クオカード
業種化学上場市場東証プライム 
決算12月 優待月12月
本社大阪上場年月日1961年10月1日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数54,172,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年5月17日

17日の終値株価1,709円最低投資額170,900円
最低必要株数100継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


サカタインクス(4633)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-12-271,3382,000-31,900-33,900462,6000.911.2620.0
2022-12-281,049-10,200-44,800-34,600353,9000.258.8515.0
2021-12-281,0140-32,800-32,800275,5000.258.8515.0
2020-12-281,177-5,700-41,100-35,400389,9002.59.6515.0
2019-12-261,203-8,700-32,400-23,700256,5000.3510.4715.0
2018-12-251,105-11,500-19,100-7,600532,1000.79.6715.0
2017-12-261,80725,400-17,100-42,500373,2001.215.2616.0
2016-12-271,4668,500-85,800-94,300345,5002.512.0515.0
2015-12-251,269-2,800-76,000-73,200312,1000.2510.4512.0
2014-12-251,3602,5005,4002,90083,1006
2013-12-25957-52,400-46,1006,300187,9000.02.07
2012-12-2544554,00021,000-33,00047,0007
2011-12-2734873,00087,00014,00025,0005

サカタインクス(4633)のクロス取引・最大逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(12月31日)の逆日歩日数

    ×:逆日歩日数では警戒範囲
    2024年12月31日は、逆日歩日数が7日と、通常の権利日よりリスクが高まっています。
  2. 12月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は177、そのうち114銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    サカタインクスと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、12月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は54,172,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年5月17日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/16(木)020010,500020010,50001.00
    05/15(水)1,8001,40010,700400010,70001.00
    05/14(火)3,0003,00010,3000010,30001.00
    05/13(月)10040010,300030010,30001.00
    05/10(金)10020010,600010010,60001.00
    05/09(木)4,3004,10010,700200010,70001.00
    05/08(水)4,0004,20010,50010030010,50001.00
    05/07(火)20010010,700100010,70001.00
    05/02(木)3,0003,10010,600010010,60001.00
    05/01(水)10010010,7000010,70001.00
  5. サカタインクスの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去9回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2023/12/27:90円 (6日)
    • 2022/12/28:25円 (5日)
    • 2021/12/28:25円 (5日)
    • 2020/12/28:250円 (5日)
    • 2019/12/26:35円 (7日)
    • 2018/12/25:70円 (7日)
    • 2017/12/26:120円 (6日)
    • 2016/12/27:250円 (5日)
    • 2015/12/25:25円 (5日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ○:必要株数では低リスク
    優待に必要な株数は100株のみ、株価もそれほど高くないので、逆日歩リスクは少ないです。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    人気のQUOカード優待に加えて、継続保有で利回りアップ、逆日歩リスクが高まるので、ご注意です。

    優待価値は低いですが、『サカタインクス』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。

    • デイトナ
    • キッツ
    • いちごグリーンインフラ
    • 東京ソワール
    • Chatwork


スポンサーリンク


サカタインクス(4633)の優待クロス(制度・一般)

逆日歩の理解を深めたら、次はサカタインクスのクロス取引手数料です。

5月17日の終値、株価1,709円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額17.1万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
112/268146144567514652
212/25112011987710320172
312/24122192168411221979
412/23132382349112223885
512/20142562539813125692
612/191527427110514127498
712/1818329325126169329118
812/1719347343134178125
912/1620365361141187131
1012/1321384379148197138
1112/1222402397155206144
1212/1125457451176234164
1312/1026475469183244171
1412/927493487190253177
1512/628197262184
1612/529204272190
1712/432225300210
1812/333232309216
1912/234239319223
2011/2935246328230
2111/2836253337236
2211/2739274365256

サカタインクスの権利付最終日(2024年12月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額17.1万円、サカタインクスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月19日)から直近の優待権利日(2024年12月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、サカタインクスを17.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(230日分)+プレミアム料1,616円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(230日分)+プレミアム料
1,879円=115円+148円+1,616円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(230日分)2,155円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(230日分)
1,520円=12円+1,509円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、サカタインクスを17.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ146円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(8日分)
306円=115円+148円+43円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ144円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(8日分)
284円=100円+143円+41円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)+プレミアム料43円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(8日分)+プレミアム料
306円=115円+148円+43円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)43円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)41円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(8日分)
304円=115円+148円+41円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
55円=12円+43円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
52円=11円+41円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので8日です。

※サカタインクスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、サカタインクスの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
05/17(金)2,0002,2002,4001,900
05/16(木)2,0002,100-2,000
05/15(水)2,000-2,4002,000
05/14(火)2,0002,2002,4002,100
05/13(月)2,0002,2002,4002,000
05/10(金)2,1002,3002,5002,000
05/09(木)2,1002,3002,5002,100
05/08(水)2,1002,4002,6002,100
05/07(火)2,2002,4002,6002,100
05/06(月)2,2002,2002,2002,200

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

12月の株主優待情報をまとめて確認

サカタインクス(4633)のクロス取引・株主優待まとめ

  • サカタインクス(4633)は、逆日歩常連銘柄
  • 継続保有期間に応じて貰えるQUOカードの額面が変更しても、逆日歩リスクはそれほど変わっていません
  • 気持ち、逆日歩金額が少なくなった程度
  • 投資金額が少ないので、保有期間1年未満の500円でも、最大逆日歩ぐらいまでの高額逆日歩にならなければ、利益が出る
  • ただ、500円のQUOカードを得るために、手間と時間をかけてクロス取引するのも、どうなのでしょうか
  • 継続保有対象者でもない限り、逆日歩リスクにさらされてまでの、制度信用クロス取引はおすすめしません
  • 優待権利日最終日に一般信用売りが残っていたら、クロス取引するぐらいで十分、そんな感じのクロス取引銘柄
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!