瑞光(6279)株主優待

紙おむつや生理用品の製造機を作っている『瑞光』の株主優待情報をご紹介です。

クロス取引を行いたい方に必要な情報(逆日歩・貸株料・つなぎ売り方法)をすべてまとめています。

投資メモ
瑞光は、小児用・大人用紙おむつなどの製造マシンで国内最大手の企業です。
日本国内だけではなく、中国やブラジルなどに生産拠点がある、グローバル企業!

瑞光(6279)の株主優待

瑞光(6279)の株主優待は、QUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容(QUOカード)
100株以上 2,000円分

瑞光(6279)の優待権利日は年1回、2月20日のみです。

100株保有でオリジナルQUOカード2,000円分が貰えます。

2023年は、5月20日も、創立60周年記念の株主優待を実施するなど、優待に力を入れている銘柄です。

それが、QUOカードなので、もう文句のつけどころがありません。

QUOカードの使い道が困るという声がSNSにあったのは、もう昔の話。

使えるのは、コンビニだけではありません。

本屋、ガソリンスタンド、飲食店(カフェ)でも、使える万能プリペイドカードです。

お財布に入れても、嵩張らないし、簡単に使えて、ホント気に入っています。

どんなに便利かなのかは、クオカードが使える店【 飲食店】の記事等でご紹介中。

もちろん、QUOカード優待がある瑞光も応援しています。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2025年2月20日」です。

権利付き最終日の「2月18日」までに100株以上の取得が必要です。

瑞光に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

瑞光の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2025年2月20日

権利付き最終日:2月18日(火)・・・残り8ヵ月と26日(271日)
逆日歩日数:1日

瑞光(6279)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code6279優待内容QUOカード
業種機械上場市場東証プライム 
決算2月 優待月2月20日
本社大阪上場年月日1989年10月31日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数28,800,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年5月17日

17日の終値株価1,093円最低投資額109,300円
最低必要株数100継続保有-

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


瑞光(6279)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-02-161,8525,4001,800-3,600192,0000.030.4110.0停止
2023-05-171,197-20,900-39,200-18,300316,7000.1519.230.0停止
2023-02-16888-85,200-105,200-20,00072,0001.2514.419.0停止

瑞光は2023年に優待が新設された銘柄です。

記念優待も2023年5月20日に実施しています。

瑞光(6279)のクロス取引・逆日歩リスク

瑞光は、2023年8月8日からの申込停止(売禁)により、制度信用クロス取引はできませんが、今後の為に逆日歩回避のチェック結果を残しています。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(2月20日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2025年2月20日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 2月20日のクロス取引可能な銘柄数

    ×:銘柄数では警戒範囲
    2025年2月20日のクロス取引可能な銘柄数は5と、極端に数が少なく、1つの銘柄に集中する可能性も高くかなり危険です。

    瑞光と同じ優待分類の銘柄です。

    尚、2月実施の『金券』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    2023年8月8日より申込停止の規制が発生中、逆日歩が更に2倍、リスクが高まります。
    • 2024/02/16:0円 (1日)・・・停止
    • 2023/05/17:15円 (3日)・・・停止
    • 2023/02/16:125円 (1日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は28,800,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年5月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/22(水)8001,10022,70000022,700-0
    05/21(火)2,00010023,00000023,000-0
    05/20(月)1,30020021,10000021,100-0
    05/17(金)1001,10020,00000020,000-0
    05/16(木)10070021,00000021,000-0
    05/15(水)20070021,60000021,600-0
    05/14(火)070022,10000022,100-0
    05/13(月)1001,90022,80000022,800-0
    05/10(金)20080024,60000024,600-0
    05/09(木)2003,40025,20000025,200-0
  5. 瑞光の発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    最大逆日歩も高額逆日歩も発生していませんが、2回ほど、少額ながら逆日歩は過去に発生しています。
    • 2023/05/17:15円 (3日)・・・停止
    • 2023/02/16:125円 (1日)・・・停止

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ○:必要株数では低リスク
    優待に必要な株数は100株のみ、株価もそれほど高くないので、逆日歩リスクは少ないです。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    2月実施の他銘柄。


スポンサーリンク


瑞光(6279)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

瑞光は、貸借銘柄ですが、申込停止の状態で、制度信用クロス取引はできません。

証券会社に在庫があれば、一般信用クロス取引は可能です。

すぐに一般信用クロス取引の手数料を確認

5月17日の終値、株価1,093円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額10.9万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
12/1822323912238
22/173353413183513
32/144474618244717
42/135585722305821
52/128939236489333
62/119105103405410538
72/1010116115456011642
82/711128126496612846
92/612140138547250
102/515175172679063
112/416186184729667
122/3171981957610271
131/31182102078110875
141/30192212188511379
151/29229913192
161/282310313796
171/2724108143100
181/2425112149105
191/2326116155109
201/2229130173121
211/2130134179125
221/2031139185130

瑞光の権利付最終日(2025年2月18日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額10.9万円、瑞光のクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月23日)から直近の優待権利日(2025年2月20日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、瑞光を10.9万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:10.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(271日分)+プレミアム料1,214円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(271日分)+プレミアム料
1,477円=115円+148円+1,214円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:10.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(271日分)1,619円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(271日分)
1,140円=7円+1,133円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料について

制度信用取引の手数料と最適クロス取引の組み合わせは、申込停止(売禁)の規制が解除になり次第、この部分に表示します。

瑞光(6279)のクロス取引・株主優待まとめ

  • 瑞光は、2023年2月20日が初の優待権利日の銘柄
  • 人気のQUOカード優待という事もあり、早くから規制も入り、逆日歩も発生中
  • 一般信用売り在庫によるクロス取引も可能だが、1月以上前にはチェックされていた
  • ここ数年で株価は2倍以上、優待にも力を入れている
  • 株価の割に高額配当、配当利回りも良いので、現物保有の方が魅力あり
  • リスクは申込停止の規制が長期間継続している事
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!