ジャパンインベストメントアドバイザー株主優待

航空機リースやM&A支援業の『ジャパンインベストメントアドバイザー』の株主優待情報をまとめました。

優待制度が何度も変更しており、今回の変更は、改悪?それとも拡充?

一見すると、拡充しているようにも見えますが、果たして・・・・

長期保有で威力を発揮する株主優待制度を実施しているのは、さすが証券業という感じです。

そんなJIAの過去の逆日歩クロス取引の理解を深めたい方向けの記事です。

投資メモ

ジャパンインベストメントアドバイザーは、金融商品の組成・販売・運営をおこなっている企業です。
「金融を通じて社会に貢献する企業でありつづける」が経営理念!

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)の株主優待

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)の株主優待は、みんな大好き①QUOカードと、②日本証券新聞デジタル版購読券の2本立てです。

優待内容詳細

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)の優待権利日は年1回、12月末のみです。

2022年12月26日、優待権利日最終日まで後2日という段階で、優待制度の改悪発表です。

このように、株主優待の実施内容は企業の自由なので、直前まで情報をチェックしておく必要が重要です。

尚、最新の優待情報を見逃したくない方、当サイトでも毎日、株主優待に厳選したIR情報を毎日更新中。

2024年12月からの株主優待

保有株式数 優待の内容
1年未満 継続1年以上 継続2年以上 継続3年以上
100株以上 対象外
②3か月分
対象外
②3か月分
対象外
②6か月分
対象外
②12か月分
200株以上 対象外
②3か月分
①500円分
②3か月分
①1,000円分
②6か月分
①3,000円分
②12か月分
400株以上 ①500円分
②3か月分
①1,000円分
②6か月分
①3,000円分
②12か月分
①5,000円分
②12か月分
4,000株以上 ①1,000円分
②6か月分
①3,000円分
②12か月分
①5,000円分
②12か月分
①10,000円分
②12か月分

2024年に入り、株式分割しているので、優待価値の魅力は低いまま、改悪したわけではありません。

分割後に100株保有の制度が新設されたので、少しだけ拡充したともとれますが、QUOカードは貰えません。

優待よりも、配当アップに注目です。

2022年12月末迄の株主優待

保有株式数 優待の内容
1年未満 継続1年以上 継続2年以上 継続3年以上
100株以上 対象外
②3か月分
①500円分
②3か月分
①1,000円分
②6か月分
①3,000円分
②12か月分
200株以上 ①500円分
②3か月分
①1,000円分
②6か月分
①3,000円分
②12か月分
①5,000円分
②12か月分
2,000株以上 ①1,000円分
②6か月分
①3,000円分
②12か月分
①5,000円分
②12か月分
①10,000円分
②12か月分

今まで100株保有で貰えていたQUOカード額を2022年12月で貰うなら、200株必要です。

単純に理解するなら、優待価値の半減です。

尚、100株の場合は、最低でも1年以上の継続保有が必須です。

2021年までの株主優待

参考までに2021年12月までの株主優待制度です。

保有株式数 優待の内容
1年未満 継続1年以上 継続2年以上 継続3年以上
100株以上 ①500円分
②3か月分
①1,000円分
②6か月分
①3,000円分
②6か月分
①5,000円分
②6か月分
2,000株以上 ①1,000円分
②6か月分
①3,000円分
②12か月分
①5,000円分
②12か月分
①10,000円分
②12か月分

QUOカード優待

①QUOカードは、シンプルに社名のロゴとURLの記載されたQUOカードです。

保有株数、保有期間に応じて、QUOカードが貰えます。

QUOカード優待の改悪発表を受けて、2022年12月末のQUOカード優待ランキングも順位が変更!

日本証券新聞デジタル版の優待

②日本証券新聞デジタル版は、ネット限定のコンテンツの購読券です。

通常1ヵ月の料金が3,000円するので、最低でも9,000円分の価値ありです。

優待制度は近年4回、変更しています。

  • 2019年12月(拡充):日本証券新聞デジタル版の購読期間のアップ!
  • 2021年12月(拡充):3年以上の継続保有でQUOカード額がさらにアップ!
  • 2022年12月(改悪):200株枠の追加、100株保有は最低1年間の継続必須
  • 2024年12月(やや拡充):100株枠の追加

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、1年、2年、3年と継続保有することで優待内容が豪華になるランクアップ特典です。

継続保有の条件

12月末日、6月末日時点の株主名簿に同一の株主番号で、連続して3回記載または記録されること。

ジャパンインベストメントアドバイザーの株主優待制度を利用した感想

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)、通称JIAは、100株においてクロス取引1回限りなら、500円のQUOカードです。

おまけで証券新聞デジタル版購読券も3ヵ月だけ付いてきますが、正直使った事ありません・・・・

登録も簡単で、無料期間が終了したら、自動で有料購読になる事もない、素晴らしい購読制度なんですが・・・・

暇を見つけたらと思っていたら、登録機関が終了していた・・・という毎度のパターンです。

ただ、JIAは、継続保有になってこそ、優待価値を発揮する銘柄です。

継続保有3年間で、QUOカード5,000円は豪華です。

投資金額を考えると、破格の株主優待制度です。ただ同じぐらいの配当を出す企業も探せばいっぱい見つかるので、まあ優待にこだわるならという感じです。

また、現行の優待制度にリニューアルしたのは、2021年12月からです。

優待制度がコロコロ変わる、JIAだけに、制度が続くかどうかもリスクとしてありです。

↑やはり変更ありました!!(2022年12月から200株枠の追加)

以前から知っている銘柄だけに、ここ数年の一般信用売り在庫量をチェックしたりしていますが、早い時だと4ヵ月ぐらい前に信用売り在庫が即効なくなります。

参考:こちらで毎日の信用売り在庫状況をチェック中!

クロス取引目的なら、100株で1,000円ぐらいの貸株料コストがかかるのに・・・それなら逆日歩貰った方がマシだと思うのは管理人だけでしょうか・・・

株価がさがっているので、純粋に信用売りをしたいだけなのかも知れませんが・・・

そうそう一時5,000円以上した、JIAの株は1,000円台なので、かなりお買い得かも!

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年12月31日」です。

権利付き最終日の「12月26日」までに100株以上の取得が必要です。

ジャパンインベストメントアドバイザーに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ジャパンインベストメントアドバイザーの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年12月31日

権利付き最終日:12月26日(木)・・・残り5ヵ月と8日(161日)
逆日歩日数:7日

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)の基本情報

情報更新日:2024年3月24日

code7172優待内容クオカード等
業種証券、商品先物取引業上場市場東証プライム 
決算12月 優待月12月
本社東京上場年月日2014年9月11日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数61,022,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券 自社商品

株価更新日:2024年7月4日

4日の終値株価1,708円最低投資額170,800円
最低必要株数100継続保有特典

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-12-271,48728,1000-28,100249,1000.012.069.923232
2022-12-281,17410,000-12,600-22,600220,3000.259.659.923232
2021-12-281,300-176,100-219,200-43,100199,8000.2510.4516.0
2020-12-281,280-158,000-213,900-55,900455,2002.7520.8516.0注意
2019-12-261,485000448,0000.012.0712.5
2018-12-252,674-264,500-368,900-104,400659,9000.743.279.5注意
2017-12-263,2200400400221,60066.0
2016-12-273,48016,200116,00099,800137,50056.0
2015-12-251,8029,60012,4002,80031,20050.0
2014-12-2510,25035,70038,0002,30054,30060.0

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(12月31日)の逆日歩日数

    ×:逆日歩日数では警戒範囲
    2024年12月31日は、逆日歩日数が7日と、通常の権利日よりリスクが高まっています。
  2. 12月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は178、そのうち116銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    ジャパンインベストメントアドバイザーと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、12月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    現時点で注意喚起等の規制はありませんが、過去に2回、優待権利日に規制が入っているので、やや注意です。
    • 2020/12/28:275円 (5日)・・・注意
    • 2018/12/25:70円 (7日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は61,022,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年7月18日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    07/17(水)70013,000132,40002,20073,90058,5001.790
    07/16(火)6,80027,000144,7009,000076,10068,6001.90
    07/12(金)21,900300164,90001,40067,10097,8002.460
    07/11(木)11,40015,200143,3001,1001,60068,50074,8002.090
    07/10(水)06,700147,1006,0001,70069,00078,1002.130
    07/09(火)8,0003,700153,8004,600064,70089,1002.380
    07/08(月)58,3005,700149,5003,7002,30060,10089,4002.490
    07/05(金)9,9002,10096,9002,10080058,70038,2001.650
    07/04(木)5,900089,1006,300057,40031,7001.550
    07/03(水)5001,00083,2008,800051,10032,1001.630
  5. ジャパンインベストメントアドバイザーの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去4回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2022/12/28:25円 (5日)
    • 2021/12/28:25円 (5日)
    • 2020/12/28:275円 (5日)・・・注意
    • 2018/12/25:70円 (7日)・・・注意

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    100株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 100株:約17万円
    • 200株:約34万円
    • 2000株:約342万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    人気のQUOカード優待に加えて、継続保有で利回りアップ、逆日歩リスクが高まるので、ご注意です。

    優待価値は低いですが、『ジャパンインベストメントアドバイザー』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。


スポンサーリンク


ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

ジャパンインベストメントアドバイザーの逆日歩が嫌なら、早めの一般信用クロス取引です。

7月4日の終値、株価1,708円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額17.1万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
112/268146144567514652
212/25112011987710320172
312/24122192168411221979
412/23132382349112223885
512/20142562539813125692
612/191527427110514127498
712/1818329325126169329118
812/1719347343134178125
912/1620365361141187131
1012/1321384379148197138
1112/1222402397155206144
1212/1125457451176234164
1312/1026475469183244171
1412/927493487190253177
1512/628197262184
1612/529204272190
1712/432225300210
1812/333232309216
1912/234239319223
2011/2935246328230
2111/2836253337236
2211/2739274365256

ジャパンインベストメントアドバイザーの権利付最終日(2024年12月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額17.1万円、ジャパンインベストメントアドバイザーのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年7月18日)から直近の優待権利日(2024年12月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ジャパンインベストメントアドバイザーを17.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(169日分)+プレミアム料1,188円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(169日分)+プレミアム料
1,451円=115円+148円+1,188円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(169日分)1,584円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(169日分)
1,120円=12円+1,108円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ジャパンインベストメントアドバイザーを17.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ146円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(8日分)
306円=115円+148円+43円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ144円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(8日分)
284円=100円+143円+41円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)+プレミアム料43円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(8日分)+プレミアム料
306円=115円+148円+43円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)43円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:17.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)41円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(8日分)
304円=115円+148円+41円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
55円=12円+43円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
52円=11円+41円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので8日です。

※ジャパンインベストメントアドバイザーの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)のクロス取引・株主優待まとめ

  • ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)は、逆日歩は発生していますが、過去最高で2.75と少額!
  • 一般信用売り在庫もあるが、1日で消失してしまうケースが多い
  • 200株保有の1回のクロス取引の利回りは低いが、継続保有の利回りが格別豪華!
  • 日本証券新聞のデジタル版購読券が欲しい方には、最高の優待銘柄だが、好き嫌い分かれるはず!
  • 現物保有に魅力を感じるが、過剰すぎる優待制度は廃止のリスクあり!
  • 2022年12月末は、2日前に改悪発表!
  • 2024年7月17日に上方修正、配当アップを発表、株価は1,775円の年初来高値を更新
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!