カスタムホイールの企画開発型商社『ウェッズ』の株主優待情報をまとめました。

過去の逆日歩クロス取引コスト(売買手数料・貸株料)の理解を深める事を目的とした記事です。

ウェッズは車と社会の未来を創造する企業です。
アルミホイール・スチールホイールなど、自動車部品・用品の企画開発及び販売をおこなっています。
ウェッズ株主優待
引用元:ウェッズ

ウェッズ(7551)の株主優待

ウェッズ(7551)の株主優待は、自社製品のホイールではなく、QUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数優待の内容(QUOカード)
3年未満継続保有3年以上
1,000株以上2,000円分2,000円分
2,000株以上5,000円分5,000円分
10,000株以上10,000円分11,000円分
20,000株以上20,000円分21,000円分

ウェッズ(7551)の優待権利日は年1回、9月末のみです。

最低保有株数は1,000株以上なので、注意です。

株主優待制度(変更の歴史)

  1. 2013年9月末(新設)
    500株で3,000円のQUOカード
  2. 2015年9月末(改悪)
    500株で2,000円のQUOカード
  3. 2018年9月末(拡充)
    株式分割(1株⇒2株)
    1,000株で2,000円のQUOカード
    継続保有特典の追加

株主優待の新設時は、今より優待利回りが良かったです。
株価も上がってきているので、もうそろそろ、更なる拡充を期待したいところです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、3年以上10,000株以上で、QUOカード1,000円分の追加です。

継続保有の条件

2015年9月末日以降、毎年3月末日、9月末日の株主名簿に同一の株主番号で、連続して7回以上10,000株(2015年9月末は5,000株)以上保有されていることが記載または記録されていること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに1000株以上の取得が必要です。

ウェッズに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ウェッズの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り6ヵ月と25日(209日)
逆日歩日数:1日

ウェッズ(7551)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code7551優待内容クオカード
業種輸送用機器上場市場東証スタンダード 
決算3月 優待月9月
本社東京上場年月日1997年9月3日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数16,118,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価653円最低投資額653,000円
最低必要株数1,000継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ウェッズ(7551)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-27658300-44,700-45,000108,1001.655.6310.0
2022-09-284973,900-54,900-58,80072,2001.54.0310.0
2021-09-285481,300-119,900-121,200162,9003.94.8110.0
2020-09-28496-4,700-105,200-100,500113,4004.04.0110.0
2019-09-26631-3,500-88,300-84,800117,5005.65.6110.0
2018-09-257556,100-12,200-18,30070,6000.1512.8310.0注意
2017-09-26694-19,600-56,600-37,00070,20033.611.2310.0注意
2016-09-27631-13,800-102,100-88,300113,10033.611.2310.0注意
2015-09-251,36610,90070,00059,100102,4000.0522.4120.0注意
2014-09-251,2639,9008,900-1,00090,600120.0
2013-09-251,36048,30049,9001,6007,9001
2012-09-2564811,30011,100-2001,3003
2011-09-2702,3002,3000.003

ウェッズ(7551)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は389、そのうち280銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    ウェッズと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、9月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    今までの優待権利日では、過去に4回、規制が入っています。調査時点では注意喚起等にはなっていませんが、今後に警戒です。
    • 2018/09/25:15円 (3日)・・・注意
    • 2017/09/26:3,360円 (3日)・・・注意
    • 2016/09/27:3,360円 (3日)・・・注意
    • 2015/09/25:5円 (1日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は16,118,000であり、東証スタンダード 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)10020017,3001,10001,10016,20015.730
    01/29(月)4001,00017,40000017,400-0
    01/26(金)1,700018,00000018,000-0
    01/25(木)0016,3000100016,300-0
    01/24(水)0016,300100010016,200163.00
    01/23(火)010016,30000016,300-0
    01/22(月)0016,40000016,400-0
    01/19(金)0016,40000016,400-0
    01/18(木)0016,40000016,400-0
    01/17(水)010016,40000016,400-0
  5. ウェッズの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    高額逆日歩の常連銘柄です。過去に4回も最大逆日歩になっているので、最大限の警戒が必要です。
    • 2023/09/27:165円 (3日)
    • 2022/09/28:150円 (3日)
    • 2021/09/28:390円 (1日)
    • 2020/09/28:400円 (1日)
    • 2019/09/26:560円 (1日)
    • 2018/09/25:15円 (3日)・・・注意
    • 2017/09/26:3,360円 (3日)・・・注意
    • 2016/09/27:3,360円 (3日)・・・注意
    • 2015/09/25:5円 (1日)・・・注意

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は1,000株なので、実際の逆日歩金額はさらに10倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 1000株:約65万円
    • 2000株:約131万円
    • 10000株:約653万円
    • 20000株:約1,306万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    人気のQUOカード優待に加えて、継続保有で利回りアップ、逆日歩リスクが高まるので、ご注意です。

    ウェッズと優待価値が2,000円でほぼ一緒、9月実施の優待一覧。


スポンサーリンク


ウェッズ(7551)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

怖い逆日歩ですが、ウェッズは逆日歩なしの一般信用クロス取引も可能です。

2月29日の終値、株価653円の必要株数分(1000株)を丸めた金額でコストシミュレーション。

投資金額65万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262139137537113950
29/255347343134178347125
39/246417411160214417150
49/207486480187249486175
59/198556548214285556199
69/1812833823321427833299
79/1713903891347463903324
89/1314972960374499349
99/12151,0421,028401534374
109/11191,3201,303508677474
119/10201,3891,371534712499
129/9211,4581,440561748524
139/6221,5281,508588784548
149/5231,5971,577614819573
159/426695926648
169/327721962673
179/228748997698
188/30297751,033723
198/29308011,068748
208/28338821,175823

ウェッズの権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額65万円、ウェッズのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ウェッズを65万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(211日分)(+プレミアム料)
7,836円=2,200円+5,636円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(211日分)+プレミアム料
6,456円=385×2円+50円+5,636円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(211日分)
9,715円=2,200円+7,515円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(211日分)
5,305円=45円+5,261円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ウェッズを65万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:65万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ139円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
861円=385×2円+50円+41円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:65万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ137円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:460円 信用:264円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が460円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
603円=264×2円+36円+39円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)(+プレミアム料)
2,241円=2,200円+41円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)+プレミアム料
861円=385×2円+50円+41円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
2,241円=2,200円+41円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
2,239円=2,200円+39円
【超割】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)
859円=385×2円+50円+39円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
85円=45円+41円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
80円=41円+39円

投資金額65万円の場合、売買手数料の差が大きくなるので、ベストな証券会社選びが大事です。

※ウェッズの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

ウェッズ(7551)のクロス取引・株主優待まとめ

ウェッズ(7551)の株主優待制度は、何度か変更していますが、今も継続しているのは素晴らしいです。

尚、逆日歩常連銘柄です。優待新設してから2年間、全く逆日歩がなかったのは、貸借銘柄ではなかったからです。

また貸借銘柄になったばかりの2015年は、優待制度が改悪されたこともあり、少額の逆日歩です。ただその後は、優待利益をはるかに超える高額逆日歩ばかり発生しています。

株式分割で株数が増えても、高額逆日歩リスクは顕在、クロス取引する際は、かなり警戒が必要です。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!