ハイディ日高株主優待クロス取引

駅前でよく見かける中華食堂「日高屋」を運営している企業が、ハイディ日高です。

日高屋のビジネスモデルが秀逸と、ビジネス誌、メディアで特集が組まれるなど、投資家なら注目すべき企業です。

そんなハイディ日高の株主優待制度、クロス取引コスト、過去の逆日歩一覧をご紹介です。

投資メモ

ハイデイ日高は、中華食堂「日高屋」「焼鳥日高」「とんかつ日高」などを展開している企業です。
埼玉県の大宮からスタート、首都圏の駅前一等地や繁華街の好立地に出店!
カンブリア宮殿といったメディアにも注目される企業!

ハイデイ日高(7611)の株主優待

ハイディ日高の株主優待は、自社店舗で利用できる食事優待券です。

1枚あたり500円の食事券が貰えます。

優待内容詳細

保有株式数 2月末 8月末
3年未満 3年以上
100株以上 1,000円分 or 1kg 1,000円分 or 1kg 1,000円分 or 1kg
500株以上 5,000円分 or 3kg 6,000円分 or 4kg 5,000円分 or 3kg
1,000株以上 10,000円分 or 5kg 12,000円分 or 7kg 10,000円分 or 5kg

ハイディ日高の株主優待は年2回、2月末と8月末です。

2月末のみ、継続保有制度がありますが、対象は500株以上です。

また、優待券の代わりに、お米券に変更も可能ですが、優待価値を考えると、お店で使用できる優待券の方がお得です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、優待価値が2割増しになるランクアップ特典です。

継続保有の条件

毎年2月末及び8月末現在の株主名簿に500株(5単元)以上の株数を「同一株主番号」で連続して7回以上記載または記録される事。

ハイデイ日高の株主優待制度を利用した感想

ハイディ日高株主優待

ハイディ日高の運営する日高屋の店舗は、元々値段が安いんです。

おつまみとビールとラーメンを頼んでも1,000円ちょっと、優待券2枚で晩酌が楽しめます。

また、日高屋他、来来軒、焼鳥日高など、グループ店舗での利用も可能です。

食事優待券なので、お釣りはでませんが、1回に枚数の制限がないのは魅力です。

テイクアウトでも利用できるので、コロナ禍においても安心して使いきれる優待品です。

お昼など、ワンコイン、優待券1枚でお腹いっぱい食べられます!

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年8月31日」です。

権利付き最終日の「8月28日」までに100株以上の取得が必要です。

ハイデイ日高に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ハイデイ日高の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年8月31日

権利付き最終日:8月28日(水)・・・残り3ヵ月と5日(97日)
逆日歩日数:3日

ハイデイ日高(7611)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code7611優待内容おこめ券
業種小売業上場市場東証プライム 
決算2月 優待月2月、8月
本社埼玉上場年月日1999年9月16日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数38,147,000企業のHP優待詳細
優待の種類飲食券 食品

株価更新日:2024年5月17日

17日の終値株価2,861円最低投資額286,100円
最低必要株数100継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ハイデイ日高(7611)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-02-272,666-15,400-323,600-308,200855,5001.821.6118.0
2023-08-292,809-96,400-440,000-343,600980,4003.323.215.0
2023-02-242,020-65,600-305,900-240,300745,3001.916.8112.0
2022-08-292,104-91,600-399,100-307,500867,0004.717.6112.0
2022-02-241,690-89,500-247,000-157,500479,6001.1513.6112.0
2021-08-271,658-3,200-236,700-233,500560,9001.913.6112.0
2021-02-241,778-42,800-199,600-156,800490,40030.014.4318.0
2020-08-271,729-113,300-322,400-209,100572,0003.014.4118.0
2020-02-261,819-1,700-101,300-99,600602,9002.8515.2318.0
2019-08-282,136-29,500-79,700-50,200253,4002.8517.6318.0
2019-02-252,363-4,600-2,3002,300173,0001.3538.4118.0停止
2018-08-282,26210,6007,300-3,30064,500318.0
2018-02-233,35036,90020,400-16,500127,900118.0停止
2017-08-283,070-52,000-51,60040045,2000.5524.8118.0
2017-02-232,905-500-11,200-10,700141,10048.048.0118.0停止
2016-08-262,18812,40015,0002,60052,000118.0
2016-02-243,5009,40010,9001,50081,100118.0停止
2015-08-262,8497,2006,300-90023,500118.0
2015-02-243,770-3,400-2,90050097,8003.060.8318.0停止
2014-08-262,505-19,300-22,000-2,70025,8000.620.8318.0
2014-02-252,5773,600-2,600-6,20061,5002.5548.0318.0
2013-08-272,0208,0008,0000.07,500318.0
2013-02-251,999-39,700-202,100-162,400311,3001.416.01
2012-08-281,283-7,400-9,100-1,70013,6000.1512.03
2012-02-241,611-30,000-28,6001,40068,90032.032.01
2011-08-261,2033,300-800-4,10012,7000.012.01
2011-02-231,406-49,200-175,100-125,900165,1001.124.01

逆日歩がまったく発生しない時もあるが、最大逆日歩も数回発生!

ハイデイ日高(7611)の最大逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(8月31日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 8月31日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待銘柄数107のうち、クロス向けの貸借銘柄は66、類似優待も少ないので注意です。

    8月実施、「おこめ券」優待銘柄。

    • 進和
  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    今までの優待権利日では、過去に5回、規制が入っています。調査時点では注意喚起等にはなっていませんが、今後に警戒です。
    • 2019/02/25:135円 (1日)・・・停止
    • 2018/02/23:0円 (1日)・・・停止
    • 2017/02/23:4,800円 (1日)・・・停止
    • 2016/02/24:0円 (1日)・・・停止
    • 2015/02/24:300円 (3日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    東証プライム 市場、それなりに知名度や優待価値が高いため、株不足に注意。

    逆日歩更新日:2024年5月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/22(水)2,9005006,10010003,8002,3001.610
    05/21(火)6006003,700003,70001.00
    05/20(月)4003003,70010003,70001.00
    05/17(金)4005003,60050003,60001.00
    05/16(木)1006003,70020003,1006001.190
    05/15(水)4002004,2001005002,9001,3001.450
    05/14(火)04004,00009003,3007001.210
    05/13(月)004,400004,2002001.050
    05/10(金)01,3004,40010004,2002001.050
    05/09(木)1,0001005,700004,1001,6001.390
  5. ハイデイ日高の発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    最大逆日歩は、過去に2回発生していますが、それより逆日歩の常連、今まで20回逆日歩が発生しています。
    • 2024/02/27:180円 (1日)
    • 2023/08/29:330円 (1日)
    • 2023/02/24:190円 (1日)
    • 2022/08/29:470円 (1日)
    • 2022/02/24:115円 (1日)
    • 2021/08/27:190円 (1日)
    • 2021/02/24:3,000円 (3日)
    • 2020/08/27:300円 (1日)
    • 2020/02/26:285円 (3日)
    • 2019/08/28:285円 (3日)
    • 2019/02/25:135円 (1日)・・・停止
    • 2017/08/28:55円 (1日)
    • 2017/02/23:4,800円 (1日)・・・停止
    • 2015/02/24:300円 (3日)・・・停止
    • 2014/08/26:60円 (3日)
    • 2014/02/25:255円 (3日)
    • 2013/02/25:140円 (1日)
    • 2012/08/28:15円 (3日)
    • 2012/02/24:3,200円 (1日)
    • 2011/02/23:110円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 100株:約29万円
    • 500株:約143万円
    • 1000株:約286万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

    ハイデイ日高と同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


ハイデイ日高(7611)のクロス取引(制度信用・一般信用)比較

逆日歩の理解を深めたら、次はハイデイ日高のクロス取引手数料です。

5月17日の終値、株価2,861円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額28.6万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
18/284122121476312244
28/275153151597815355
38/266183181719418366
48/2372142118211021477
58/2282442419412524488
68/2111336332129172336121
78/2012367362141188367132
88/1913397392153204397143
98/1614428422165219154
108/1515458453176235165
118/1418550543212282197
128/1319581573223298208
138/920611603235313219
148/821642634247329230
158/725294392274
168/626306407285
178/527317423296
188/228329439307
198/129341454318
207/3132376501351
217/3033388517362

ハイデイ日高の権利付最終日(2024年8月28日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額28.6万円、ハイデイ日高のクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月23日)から直近の優待権利日(2024年8月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ハイデイ日高を28.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:28.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(99日分)+プレミアム料1,164円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(99日分)+プレミアム料
1,581円=198×2円+22円+1,164円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(99日分)
2,651円=1,100円+1,551円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(99日分)
1,106円=20円+1,086円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ハイデイ日高を28.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:28.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ122円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
454円=198×2円+22円+36円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:28.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ121円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
424円=187×2円+16円+34円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:28.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料36円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
454円=198×2円+22円+36円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
1,136円=1,100円+36円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:28.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)34円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
452円=198×2円+22円+34円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
56円=20円+36円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
52円=18円+34円

※優待権利日最終日に売買しても、逆日歩日数が多い時は、貸株日数(貸株料)も通常より多くなります。

※ハイデイ日高の制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、ハイデ日高の一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
05/22(水)3,6003,6003,9002,700
05/21(火)3,3003,5003,9003,600
05/20(月)3,4003,4003,7003,400
05/17(金)3,7003,7003,7003,500
05/16(木)3,8003,800-3,700
05/15(水)2,900-3,9003,900
05/14(火)3,7003,7003,9002,900
05/13(月)3,4003,6003,9003,700
05/10(金)3,7003,7003,7003,500

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

8月の株主優待情報をまとめて確認

ハイデイ日高(7611)のクロス取引・株主優待まとめ

  • 高額な逆日歩が発生したり、しなかったりと、人気優待銘柄だけに、逆日歩予測が難しい
  • 優待権利日の数日前なら、一般信用在庫もあるので、逆日歩が怖い方は、一般信用クロスがおすすめ
  • ただ、ハイディ日高の過去逆日歩データをよーくチェックしてみると、高額逆日歩が発生しているのは、2月末だけ
  • 優待クロス取引はこのように、過去データなどをきちんと分析すると、制度信用クロスでの攻略法も見えてくる