食品スーパー『いなげや』の株主優待情報をまとめました。

記事最後まで読むことで、逆日歩リスクの理解とお得なクロス取引のやり方がわかります。

いなげやは、東京都の多摩地区を中心に、神奈川、千葉、埼玉に展開しているスーパーです。
国内130店舗以上、生鮮食品・一般食品・家庭用品・衣料品等を扱っており、地域とのつながりを大事にして店舗拡大中!
いなげや株主優待
引用元:いなげや

いなげや(8182)の株主優待

いなげや(8182)の株主優待は、自社店舗で利用できる買い物優待券です。
お米ギフト券や寄付に変更も可能です。

優待内容詳細

保有株式数 優待品(いずれか選択)
買物優待券 お米ギフト 寄付
100株以上 10枚 対象外 対象外
500株以上 50枚 2枚 1,000円
1,000株以上 100枚 5枚 2,500円
2,000株以上 200枚 5枚 2,500円
3,000株以上 300枚 5枚 2,500円

いなげや(8182)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

最初に買物優待券が贈られてきて、後からお米ギフトや寄付に変更できます。100株保有時のみ、変更はできません。

寄付の場合、寄付先は「公益財団法人 日本盲導犬協会」になる予定です。

買物優待券は、1,000円以上の買物につき、1枚利用できます。1,000円毎に1枚利用できるので、10,000円以上の買物なら10枚利用できます。

買い物優待券が利用できる店舗

いなげや他、グループ会社のウェルパーク、三浦屋でも利用できます。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、3年以上の保有で3月末に1,000円相当のオリジナル優待品が貰えます。

保有株式数 3年以上の継続保有(3月末のみ)
1,000株以上 1,000円相当のオリジナル優待品
継続保有の条件

割当基準日(3月末日・9月末日)の株主名簿に、1,000株以上の保有を同一株主番号で連続して7回以上記載または記録されていること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

いなげやに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

いなげやの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り2ヵ月と2日(64日)
逆日歩日数:1日

いなげや(8182)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code8182優待内容買物割引券
業種小売業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月、9月
本社東京上場年月日1978年10月1日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数52,381,000企業のHP優待詳細
優待の種類買物券 食品

株価更新日:2024年7月4日

4日の終値株価1,205円最低投資額120,500円
最低必要株数100継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


いなげや(8182)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-03-271,403127,000127,300300192,8000.024.037.5停止
2023-09-271,49311,30011,200-10095,0000.024.037.5停止
2023-03-291,294-19,100-60,500-41,400181,6001.210.437.5
2022-09-281,1410.00.00.0356,1000.09.637.5
2022-03-291,386-5,900-20,800-14,900200,7000.611.217.5
2021-09-281,4020.0-31,000-31,000454,8000.612.017.5
2021-03-291,750-5,700-25,200-19,500180,0001.5514.4115.0
2020-09-282,107-14,000-49,900-35,900328,8000.6517.617.5
2020-03-271,596-20,200-40,700-20,500166,8001.212.817.5
2019-09-261,633-29,400-42,700-13,300178,5001.213.617.5
2019-03-261,344-36,100-51,400-15,300182,7001.211.237.5
2018-09-251,816-26,700-37,500-10,800183,2000.1530.437.5注意
2018-03-271,8483,9001,000-2,90094,30037.5
2017-09-261,9560.00.00.0125,40037.5
2016-03-281,4521001000.097,80017.5
2015-03-261,3831,4001,000-40052,10017.5
2014-09-251,2152,900600-2,30047,60017.5
2014-03-261,029500400-10063,30017.5
2013-09-251,0275005000.028,50017.5
2013-03-261,0112,0001,200-80036,5003
2012-03-279823000.0-30026,1003
2011-09-279443,2002,200-1,00024,1003
2011-03-288793,0002,000-1,00012,0001

いなげや(8182)のクロス取引・逆日歩リスク

いなげやは、2023年4月26日からの申込停止(売禁)により、制度信用クロス取引はできませんが、今後の為に逆日歩回避のチェック結果を残しています。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は393、クロス取引可能な貸借銘柄は278、同じ優待分類の企業も多いです。

    いなげやと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、9月実施の『買物券 食品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    2023年4月26日より申込停止の規制が発生中、逆日歩が更に2倍、リスクが高まります。
    • 2024/03/27:0円 (3日)・・・停止
    • 2023/09/27:0円 (3日)・・・停止
    • 2018/09/25:15円 (3日)・・・注意
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は52,381,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年7月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    07/22(月)010020,10000020,100-0
    07/19(金)01,00020,20000020,200-0
    07/18(木)050021,20000021,200-0
    07/17(水)400021,70000021,700-0
    07/16(火)10020021,30000021,300-0
    07/12(金)030021,40000021,400-0
    07/11(木)0021,70000021,700-0
    07/10(水)10020021,70000021,700-0
    07/09(火)40010021,80000021,800-0
    07/08(月)300021,50000021,500-0
  5. いなげやの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去9回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2023/03/29:120円 (3日)
    • 2022/03/29:60円 (1日)
    • 2021/09/28:60円 (1日)
    • 2021/03/29:155円 (1日)
    • 2020/09/28:65円 (1日)
    • 2020/03/27:120円 (1日)
    • 2019/09/26:120円 (1日)
    • 2019/03/26:120円 (3日)
    • 2018/09/25:15円 (3日)・・・注意

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ×:必要株数では警戒範囲
    株数によって複数の優待バリエーションがあります。確認できただけでも5つ、大量取得者がいると危険です。
    • 100株:約12万円
    • 500株:約60万円
    • 1000株:約121万円
    • 2000株:約241万円
    • 3000株:約362万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

    優待価値は低いですが、『いなげや』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。


スポンサーリンク


いなげや(8182)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

いなげやは、貸借銘柄ですが、申込停止の状態で、制度信用クロス取引はできません。

証券会社に在庫があれば、一般信用クロス取引は可能です。

すぐに一般信用クロス取引の手数料を確認

7月4日の終値、株価1,205円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額12.1万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/26226261013269
29/255656425336523
39/246787730407828
49/207918935469132
59/198103102405310337
69/1812155153608015556
79/1713168166658616860
89/1314181179709365
99/1215194191759970
109/11192462429412688
119/10202592559913393
129/92127226810413997
139/622284281109146102
149/523297294114152107
159/426129172121
169/327134179125
179/228139186130
188/3029144192135
198/2930149199139
208/2833164219153

いなげやの権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額12.1万円、いなげやのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年7月24日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、いなげやを12.1万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:12.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(68日分)+プレミアム料338円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(68日分)+プレミアム料
601円=115円+148円+338円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:12.1万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(68日分)451円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(68日分)
324円=8円+316円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料について

制度信用取引の手数料と最適クロス取引の組み合わせは、申込停止(売禁)の規制が解除になり次第、この部分に表示します。

いなげや(8182)のクロス取引・株主優待まとめ

いなげや(8182)の株主優待は、以前から実施されていますが、現行の制度になったのは、2018年3月末からです。

以前は、買物優待券だけで、お米券や寄付に変更もできませんし、長期保有制度もありませんでした。

さらに、2018年3月から、貸借銘柄に選定、つまり優待変更になったタイミングでクロス取引が出来るようになっています。

気になる逆日歩は、毎回発生していますが、少額です。買物優待券の利用できるエリアが限られるという事と、1,000円支払いで100円安くなる割引券だからでしょう。

しかし日常品が安く買えるスーパーでの割引券による節約効果は高いです。最寄りのスーパーで月どのくらい買物しているか、思い出してみてください。

いなげやの店舗が通える範囲の場所にあるなら、100株ではなく、500株や1,000株以上の優待品が欲しくなるでしょう。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!