物流業の老舗企業『川西倉庫』の株主優待情報をまとめました。

知らない方、多いと思いますが、実はクロス取引可能!

株主優待銘柄のつなぎ売り(クロス取引)の事を詳しく知りたい方向けの記事です。

投資メモ

川西倉庫(9322)は、港湾運送から保管、通関、流通加工、輸配送まで一貫した物流サービス体制のある企業です。
普通倉庫・冷蔵倉庫を展開、総合物流志向で、アジア開拓も積極的!太陽光発電及び売電事業にも注目!

川西倉庫株主優待引用元:川西倉庫

川西倉庫(9322)の株主優待

川西倉庫(9322)の株主優待は、多くの方が注目しているQUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数 保有期間と優待内容(QUOカード)
3年未満 3年以上 5年以上
100株以上 500円分 1,500円分 2,000円分

川西倉庫(9322)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

3年間は、投資金額相当のQUOカード額面ですが、3年を超えると、グーンと利回りがアップします。

クロス取引難度は相当高いですが、5年以上であれば、QUOカード2,000円分です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、優待額が最高4倍になるランクアップ特典です。

継続保有の条件

毎年3月末日および9月末日時点の株主名簿において、同一株主番号で3年以上は7回連続、5年以上は11回連続して記載または記録されていること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

川西倉庫に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

川西倉庫の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り4ヵ月と3日(126日)
逆日歩日数:1日

川西倉庫(9322)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code9322優待内容クオカード
業種倉庫・運輸関連業上場市場東証スタンダード 
決算3月 優待月3月、9月
本社兵庫上場年月日1994年10月13日 
単元株数100貸借区分制度
発行済株式数8,258,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年5月17日

17日の終値株価1,143円最低投資額114,300円
最低必要株数100継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


川西倉庫(9322)過去の逆日歩

貸借銘柄ではないので、過去にも逆日歩は発生していません。

川西倉庫(9322)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩は発生しませんが、各証券会社に在庫がないと、クロス取引出来ないのが、リスクです。


スポンサーリンク


川西倉庫(9322)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

川西倉庫は、貸借銘柄ではありません。

通常はクロス取引できませんが、証券会社に在庫があれば、一般信用クロス取引はできます。

すぐに一般信用クロス取引の手数料を確認

5月17日の終値、株価1,143円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額11.4万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/2622424912249
29/255616023316122
39/246737228377326
49/207858433448531
59/198979637509735
69/1812146144567514652
79/1713158156618115857
89/1314171168668761
99/1215183180709466
109/11192312288911983
119/10202442409412587
129/9212562539813192
139/62226826510313796
149/523280277108144101
159/426122162114
169/327126169118
179/228131175122
188/3029136181127
198/2930141187131
208/2833155206144

川西倉庫の権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額11.4万円、川西倉庫のクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月23日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、川西倉庫を11.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:11.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(128日分)+プレミアム料600円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(128日分)+プレミアム料
863円=115円+148円+600円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:11.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(128日分)800円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(128日分)
568円=8円+560円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


比較の為の制度信用クロス取引手数料は、貸借銘柄になったタイミングで表示します。

一般信用売りの在庫が確認できた証券会社

過去(ここ数年の間)に川西倉庫の一般信用売り在庫があった証券会社はたったの1つです。

  • SMBC日興証券

今後、取り扱う証券会社が増えるのを期待しましょう!

川西倉庫(9322)のクロス取引・株主優待まとめ

川西倉庫(9322)は、貸借銘柄ではないので、クロス取引をしたくても通常ほとんどできません。

2022年9月末も、GMOクリック証券やSBI証券で登場しないか、密に期待していましたが、取り扱いはなしです。

狙うなら、継続保有ですが、そうなると毎年クロスが必要なので、初心者向きのクロス取引銘柄にはならないでしょう。

近年株価は低迷、2022年9月末の優待権利日最終日には、1,029円の年初来安値を更新しています。

今後の業績アップを期待するなら、現物保有もありでしょう。

国内貨物の物流量は年々増えているので、期待できる業種なんですけどね。株購入は自己判断で!!

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!