ナノ複合粒子技術が凄い!『ホソカワミクロン』の株主優待、クロス取引情報をまとめました。

当記事を最後まで読むことで、過去の逆日歩一覧、クロス取引手数料(貸株料・逆日歩)の理解が深まります。

ホソカワミクロンは、世界最大の粉体関連機器のラインナップがある企業です。
粉体処理装置、環境保全や製品捕集に用いる集じん装置、医薬品の開発までおこなっています。
新素材や化粧品・育毛剤などの開発・製造・販売にも注目です。
ホソカワミクロン株主優待
引用元:ホソカワミクロン

ホソカワミクロン(6277)の株主優待

ホソカワミクロン(6277)の株主優待は、グループ企業によるナノ技術を活かした化粧品です。

優待内容詳細

保有株式数優待の内容(化粧品)
3年未満継続保有3年以上
100株以上2,500円相当3,500円相当
200株以上5,000円相当7,000円相当
1,000株以上10,000円相当15,000円相当

優待権利日は年1回、9月末のみです。

ホソカワミクロンには、育毛剤等や化粧品を開発しているホソカワミクロン化粧品という関連会社があります。

「ナノインパクト」や「ナノクリスフェア」といったブランドで展開しており、この化粧品が優待品で貰えます。

尚、2021年までは、100株保有で5,000円相当の優待品でしたが、1株を2株にする株式分割を2021年10月1日におこなった関係で、2022年度より、5,000相当の優待品を入手するには、200株必要です。

ただ、100株保有の優待制度も新たに新設しているので、事実上優待制度の拡充です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、3年以上で化粧品のラインナップが増えます!

継続保有の条件

毎年 3 月末及び 9 月末現在の株主名簿に、同一株主番号で、基準日を含めて 7 回以上連続して記載または記録されること。

ホソカワミクロンの株主優待制度を利用した感想

2021年度の100株保有の優待品は、5,000円相当なので、次の化粧品アイテムでした。

  • 薬用 ナノインパクト シャンプー 150g(2,750円)
  • 薬用 ナノインパクト コンディショナー 150g(2,750円)

シャンプーは、「PLGAナノカプセル」と「リポソーム」、2つのナノカプセルが健康な頭皮環境を整えると言う、医薬部外品の育毛シャンプーです。

10,000円相当になると、ナノクリスフェアの洗顔料や、化粧水、美容液等が追加になります。

優待品は、自分で選べるわけではなく、保有株数、保有年数によって、ホソカワミクロン側が用意したアイテムが贈られてきます。

残念ながら、話題のまつ毛美容液、アイラッシュセラムのコスメは含まれていません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

ホソカワミクロンに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ホソカワミクロンの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り6ヵ月と25日(209日)
逆日歩日数:1日

ホソカワミクロン(6277)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code6277優待内容自社グループ会社商品
業種機械上場市場東証プライム 
決算9月 優待月9月
本社大阪上場年月日1989年6月1日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数17,230,000企業のHP優待詳細
優待の種類ファッション

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価4,740円最低投資額474,000円
最低必要株数100継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ホソカワミクロン(6277)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-274,220-100-24,900-24,800151,1005.134.4337.5
2022-09-282,5151,200-26,200-27,400154,6003.320.8340.0
2021-09-287,2701,000-8,700-9,70050,5004.2558.4180.0
2020-09-285,880-900-11,500-10,60090,3000.5547.2155.0
2019-09-263,87510,1003,500-6,600106,000155.0
2018-09-256,3003,0002,500-500100,300360.0
2017-09-266,5700.0-7,300-7,300251,4000.4552.8350.0
2016-09-2759460,00049,000-11,000103,000310.0
2014-09-25666100,000111,00011,000173,00017.5
2013-09-25690234,000269,00035,000222,0001
2012-09-2543633,00041,0008,00067,0003
2011-09-27335103,000106,0003,00040,0003

ホソカワミクロン(6277)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施数は389と多く、クロス取引可能な銘柄数も280ですが、ユニークな優待で注目の可能性もありです。

    9月実施、「自社グループ会社商品」優待銘柄。

    • フォーシーズHD
  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は17,230,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)009,7009002005,2004,5001.870
    01/29(月)009,700004,5005,2002.160
    01/26(金)03009,7004002004,5005,2002.160
    01/25(木)200010,00040004,3005,7002.330
    01/24(水)70009,8001001003,9005,9002.510
    01/23(火)01009,1001001003,9005,2002.330
    01/22(月)009,2001005003,9005,3002.360
    01/19(金)009,20040004,3004,9002.140
    01/18(木)02009,20070003,9005,3002.360
    01/17(水)8,0001,0009,40060003,2006,2002.940
  5. ホソカワミクロンの発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    最大逆日歩も高額逆日歩も発生していませんが、3回ほど、少額ながら逆日歩は過去に発生しています。
    • 2023/09/27:510円 (3日)
    • 2022/09/28:330円 (3日)
    • 2021/09/28:425円 (1日)
    • 2020/09/28:55円 (1日)
    • 2017/09/26:45円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 100株:約47万円
    • 200株:約95万円
    • 1000株:約474万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

    優待価値がホソカワミクロンと同じぐらいの銘柄。


スポンサーリンク


ホソカワミクロン(6277)の優待クロス(制度・一般)

逆日歩の次に大事なホソカワミクロンのクロス取引手数料です。

2月29日の終値、株価4,740円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額47.4万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262101100395210136
29/2552532509713025391
39/246304300117156304109
49/207355350136182355127
59/198405400156208405145
69/1812608600234312608218
79/1713658650253338658236
89/1314709700273364255
99/1215760750292390273
109/1119962950370493345
119/10201,0131,000390519364
129/9211,0641,050409545382
139/6221,1141,100429571400
149/5231,1651,150448597418
159/426506675473
169/327526701491
179/228545727509
188/3029565753527
198/2930584779545
208/2833643857600

ホソカワミクロンの権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額47.4万円、ホソカワミクロンのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ホソカワミクロンを47.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:47.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(211日分)+プレミアム料4,110円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(211日分)+プレミアム料
4,542円=198×2円+36円+4,110円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(211日分)
6,580円=1,100円+5,480円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(211日分)
3,869円=32円+3,836円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ホソカワミクロンを47.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:47.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ101円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
462円=198×2円+36円+30円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:47.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ100円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
429円=187×2円+26円+29円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:47.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料30円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)+プレミアム料
462円=198×2円+36円+30円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
1,130円=1,100円+30円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:47.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)29円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)
461円=198×2円+36円+29円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
62円=32円+30円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
58円=30円+29円

※優待権利日最終日の貸株日数は、逆日歩日数の1日に返却日を加えた2日です。

※ホソカワミクロンの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、ホソミクロンの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
02/29(木)1,000900900900
02/28(水)1,0001,0001,0001,000
02/27(火)1,0001,0001,0001,000
02/26(月)1,0001,0001,0001,000
02/23(金)1,0001,0001,0001,000
02/22(木)1,0001,000-1,000
02/21(水)1,0001,0001,0001,000
02/20(火)1,0001,0001,0001,000
02/19(月)1,0001,0001,0001,000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

9月の株主優待情報をまとめて確認

ホソカワミクロン(6277)のクロス取引・株主優待まとめ

ホソカワミクロン(6277)の優待品は、あまり知られていなかったかもしれません。

2018年の9月から、株主優待制度を導入していますが、まさか粉体機器メーカーの優待品が、化粧品とは思わないでしょう。

そういう事もあり、また投資金額も結構必要であったため、9月の優待品としては、あまり目立つことがなかったと感じています。

あまり歓迎できませんが、それなりの逆日歩が付いたのは、2021年の9月からです。それでも、貸株料等の手数料を加えても500円ぐらいで5,000円相当の優待品が貰えるのは、メリットあります。

因みに、2021年の100株保有の優待品、先ほどの感想でも記述しましたが、小売販売価格を調べてみたら、総額5,500円でした!

2022年の優待品からは、100株保有で、投資金額が2021年度の半額でOK!

これはクロス取引、逆日歩に警戒が必要かもしれません。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!