総合金融サービス業の三十三フィナンシャルグループの株主優待制度とクロス取引に関する情報をまとめました。

当記事を最後まで読むことで、過去の逆日歩一覧、クロス取引手数料(貸株料・逆日歩)の理解が深まります。

三十三フィナンシャルグループ(7322)の株主優待

三十三フィナンシャルグループ(7322)の株主優待は、定期預金の優遇サービスと、カタログギフトです。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
70株以上 定期預金優遇サービス
500株以上 5,000円相当のカタログギフト

三十三フィナンシャルグループ(7322)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

定期預金優遇サービスとは?

スーパー定期1年ものの店頭表示金利に年0.15%金利を上乗せしてくれます。

金額は、10万円以上100万円以下までで、スーパー定期1年ものです。

基本窓口での対応ですが、来店できない方は、郵送対応も可能です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

注目はココ!

500株以上の優待は、1年以上の継続が必須です。(2023年3月から適用)2022年9月末は、継続保有必須にはなっていません。

継続保有の条件

基準日(3 月末日)とその前年の 3 月末日及び 9 月末日の株主名簿に同一株主番号で 500 株以上の保有記録が連続して記録されていること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2025年3月31日」です。

権利付き最終日の「3月27日」までに500株以上の取得が必要です。

三十三フィナンシャルグループに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

三十三フィナンシャルグループの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2025年3月31日

権利付き最終日:3月27日(木)・・・残り8ヵ月と9日(252日)
逆日歩日数:1日

三十三フィナンシャルグループ(7322)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code7322優待内容定期預金優遇金利
業種銀行業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月
本社三重上場年月日2018年4月2日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数26,167,000企業のHP優待詳細
優待の種類暮らし 自社商品

株価更新日:2024年7月4日

4日の終値株価2,112円最低投資額1,056,000円
最低必要株数500継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


三十三フィナンシャルグループ(7322)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-03-272,1589,9000.0-9,900162,9000.017.6336.0
2023-09-271,9557,400-2,000-9,40092,5000.016.0336.0
2023-03-291,5923,000100-2,90089,2000.038.4336.0
2022-09-281,43311,50011,80030094,7000.012.0336.0
2022-03-291,576-500-39,400-38,900111,4003.312.8136.0
2021-09-281,4950.0-11,900-11,900106,6000.112.0136.0
2021-03-291,5110.0-11,300-11,300249,3000.0512.8136.0
2020-09-281,4750.0-11,200-11,20071,0000.5512.0136.0
2020-03-271,5860.0-16,900-16,900124,8005.4512.8136.0
2019-09-261,719-15,600-14,90070065,7000.0514.4136.0
2019-03-261,6483,3001,600-1,70080,600336.0
2018-09-252,500-9,600-20,800-11,20066,8000.320.0336.0

三十三フィナンシャルグループ(7322)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(3月31日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2025年3月31日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 3月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は795、クロス取引可能な貸借銘柄は556、同じ優待分類の企業も多いです。

    三十三フィナンシャルグループと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、3月実施の『暮らし 自社商品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は26,167,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年7月18日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    07/17(水)1007004,9000004,900-0
    07/16(火)80005,5000005,500-0
    07/12(金)4006004,7000004,700-0
    07/11(木)01,1004,9000004,900-0
    07/10(水)08006,0000006,000-0
    07/09(火)6005006,8000006,800-0
    07/08(月)1,0001,1006,7000006,700-0
    07/05(金)2,60006,8000006,800-0
    07/04(木)1,90004,2000004,200-0
    07/03(水)09002,3000002,300-0
  5. 三十三フィナンシャルグループの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去7回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2022/03/29:330円 (1日)
    • 2021/09/28:10円 (1日)
    • 2021/03/29:5円 (1日)
    • 2020/09/28:55円 (1日)
    • 2020/03/27:545円 (1日)
    • 2019/09/26:5円 (1日)
    • 2018/09/25:30円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は500株なので、実際の逆日歩金額はさらに5倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ×:必要株数では警戒範囲
    優待取得の最低投資金額だけでも100万越え、さらに2つのバリエーションもあり警戒が必要です。
    • 70株:約15万円
    • 500株:約106万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    3月実施の高額優待、他にもあります。

    • テンポイノベーション
    • 日産自動車
    • 椿本チエイン
    • 日本トランスシティ


スポンサーリンク


三十三フィナンシャルグループ(7322)の優待クロス(制度・一般)

三十三フィナンシャルグループの逆日歩リスクがわかったら、次は貸株料です。

7月4日の終値、株価2,112円の必要株数分(500株)を丸めた金額でコストシミュレーション。

投資金額106万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
13/2722272248711622781
23/265566559218290566203
33/256680671261348680244
43/247793783305407793285
53/218906894348465906325
63/2091,0191,0063925231,019366
73/19121,3591,3425236971,359488
83/18131,4721,4545667551,472529
93/17141,5861,565610813569
103/14151,6991,677653871610
113/13161,8121,789697929651
123/12192,1522,1248281,104772
133/11202,2652,2368711,162813
143/10212,3782,3489151,220854
153/7229581,278894
163/6231,0021,336935
173/5261,1331,5101,057
183/4271,1761,5681,098
193/3281,2201,6261,138
202/28291,2631,6841,179
212/27301,3071,7421,220
222/26331,4381,9171,342

三十三フィナンシャルグループの権利付最終日(2025年3月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額106万円、三十三フィナンシャルグループのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年7月18日)から直近の優待権利日(2025年3月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、三十三フィナンシャルグループを106万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(254日分)(+プレミアム料)
14,365円=3,300円+11,065円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:1,148円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(254日分)+プレミアム料
11,916円=385×2円+81円+11,065円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(254日分)
18,053円=3,300円+14,753円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(254日分)
10,400円=73円+10,327円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、三十三フィナンシャルグループを106万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

投資額106万円の手数料【現物:1,238円 信用:880円】

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:信用取引だけにまとめた方が手数料が安くなる為
クロスコスト=制度信用手数料(300万円以内)+金利(1日)+貸株料(2日)
1,468円=1,320円+81円+67円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:640円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が640円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
918円=385×2円+81円+67円
GMOクリック証券
【1日定額】

106万円の手数料【現物:1,238円 信用:880円】

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:信用取引だけにまとめた方が手数料が安くなる為
クロスコスト=制度信用手数料(300万円以内)+金利(1日)+貸株料(2日)
1,464円=1,320円+80円+64円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:550円 信用:264円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が550円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
650円=264×2円+58円+64円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)(+プレミアム料)
3,367円=3,300円+67円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:1,148円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)+プレミアム料
918円=385×2円+81円+67円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
3,367円=3,300円+67円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計300万円まで3,300円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
3,364円=3,300円+64円
【超割】

約定毎の手数料【現物:640円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が640円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)
915円=385×2円+81円+64円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
139円=73円+67円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
131円=67円+64円

投資金額106万円にもなると、貸株料等の負担が大きくなるので、証券会社選びも大事です。

※三十三フィナンシャルグループの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、33FGの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
07/16(火)1,0001,0001,0001,000
07/12(金)1,0001,0001,0001,000
07/11(木)1,0001,0001,0001,000
07/10(水)1,0001,0001,0001,000
07/09(火)1,0001,0001,0001,000
07/07(日)1,0001,0001,0001,000
07/05(金)1,0001,0001,0001,000
07/04(木)1,0001,0001,0001,000
07/03(水)1,0001,000-1,000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

3月の株主優待情報をまとめて確認

三十三フィナンシャルグループ(7322)のクロス取引・株主優待まとめ

2023年より、継続保有が必須になるので、2022年9月のクロス取引(つなぎ売り)が簡単にできる最後の優待です。

逆日歩等は、そこそこの金額ですが、注意すべきは、カタログギフトの優待を取得するためには、500株以上必要である事です。

逆日歩が少し上昇するだけでも、100株の時の5倍です。

銀行系にしては、珍しく株不足になりやすい銘柄、クロス取引する際は、引き際も肝心なことを覚えておきましょう。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!