スギホールディングス株主優待クロス取引

調剤薬局の評判が良いドラッグストア『スギホールディングス』の株主優待情報をまとめました。

記事最後まで読むことで、過去の優待制度、逆日歩リスクの理解とお得なクロス取引のやり方がわかります。

スギホールディングスの株主優待歴10年以上だからこそ知っている、過去の優待制度もご紹介!

投資メモ
スギホールディングスは、東海地域が地盤のドラッグストアであり、地域医療に貢献している企業です。
薬剤師・管理栄養士を中心とした専門家によるカウンセリングが好評!
健康維持から予防・治療・介護まで健康管理を幅広くサポート!

スギホールディングス(7649)の株主優待

スギホールディングス(7649)の株主優待は、店舗で使える買物優待券です。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
100株以上 3,000円分の買物券
1,000株以上 5,000円分の買い物券

スギホールディングス(7649)の優待権利日は年1回、2月末のみです。

保有株数に応じて、買物券が貰えます。

優待利回りが良いのは、100株保有です。

買物券は、全国にあるスギ薬局の店舗で、1枚、1,000円分として利用できます。

スギ薬局、スギドラッグ、ドラッグスギ、ジャパンの全店で利用可能です。

店舗が近くにない株主の方は、優待券相当のカタログギフトに選択もできますが、おすすめしません。

買物優待券を使った方が、ポイントも付いて、断然お得だからです。

スギ薬局で株主優待券を使用した感想

スギホールディングス株主優待

買物券は、スギグループ全店で利用可能!

枚数の制限はありませんが、3,000円単位で使うのがお得!

その理由は、一緒に送られてくる「株主様 ご優待パスポート」の存在です。

隠れた名優待アイテムで、1回のお買い物金額が3,000円を超えるとプラス150ポイントが貰えます。

もちろん、優待券と一緒に使えるので、スギ薬局の優待価値は、ポイント分を加えると3,150円相当です。

なお、「株主様 ご優待パスポート」の利用期間は買い物優待券と同じで1年間、期間中何度でも使えます。

また、店舗が近くにない株主対応もしっかりしており、希望により自社指定商品(カタログギフト)にすることもできます。

 

こんな素晴らしい、株主優待制度ですが、改悪変更した過去ありです。

改悪と言っても、微々たるものです。

2015年2月までは、優待券と一緒に買い物の際に店頭価格より 5%割引する「株主優待カード」も貰えました。

現在のように3,000円以上といった条件もなく、単純に株主はいつでも安く買えたのです。

この「株主優待カード」が大人気で、ヤフオク等の転売サイトで500円ぐらいで売買されていた事もあります。

そんな人気の株主優待カードが、廃止になり、日頃、スギ薬局の店舗をよく使う方には、反感もあったようです。

個人的には今の株主優待でも、「株主優待パスポート」があるので、十分満足です。

今後も長く継続して欲しい、株主優待銘柄です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2025年2月28日」です。

権利付き最終日の「2月26日」までに100株以上の取得が必要です。

スギホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

スギホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2025年2月28日

権利付き最終日:2月26日(水)・・・残り7ヵ月と2日(217日)
逆日歩日数:3日

スギホールディングス(7649)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code7649優待内容買物券
業種小売業上場市場東証プライム 
決算2月 優待月2月
本社愛知上場年月日2000年6月19日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数189,992,000企業のHP優待詳細
優待の種類買物券 暮らし

株価更新日:2024年7月4日

4日の終値株価2,233円最低投資額223,300円
最低必要株数100継続保有-

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


スギホールディングス(7649)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-02-277,250-5,800-137,900-132,100886,1000.8558.4140.0
2023-02-245,6405,900-141,300-147,200778,4005.5545.6140.0
2022-02-246,540-18,800-110,900-92,100740,2006.1552.8140.0
2021-02-247,530-7,800-86,100-78,300681,7006.1560.8340.0
2020-02-265,2902,300-94,200-96,500583,9006.4542.4340.0
2019-02-254,790-3,800-108,600-104,800750,5002.9538.4135.0
2018-02-235,800-11,500-139,600-128,100554,5002.7546.4135.0
2017-02-235,280-20,100-142,600-122,500516,9003.042.4125.0
2016-02-245,360-8,800-133,400-124,600631,2000.143.2125.0
2015-02-245,730-53,900-138,400-84,500443,9000.346.4320.0
2014-02-253,970-28,200-302,400-274,200797,90075.032.0324.0
2013-02-253,285-64,200-423,000-358,800877,9000.5528.01
2012-02-242,182-18,800-288,400-269,600838,4000.5520.01
2011-02-231,995-78,000-298,200-220,200605,9000.516.01

ここ数年は、毎年600円程度の逆日歩が発生しています。

スギホールディングス(7649)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(2月28日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 2月28日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待銘柄は全部で131、クロス可能な貸借銘柄は77、類似優待銘柄は多いですが、注意が必要です。

    スギホールディングスと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、2月実施の『買物券 暮らし』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株数は189,992,000もありますが、優待が人気のため、権利日最終日はいつも株不足になっており、警戒が必要。

    逆日歩更新日:2024年7月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    07/22(月)8001,5006,50090002,8003,7002.320
    07/19(金)01,2007,200001,9005,3003.790
    07/18(木)2002,0008,400001,9006,5004.420
    07/17(水)50020010,200001,9008,3005.370
    07/16(火)1002,5009,900001,9008,0005.210
    07/12(金)2,50060012,3001,3003,9001,90010,4006.470
    07/11(木)070010,4003,90004,5005,9002.310
    07/10(水)020011,1000060010,50018.50
    07/09(火)04,10011,300400060010,70018.830
    07/08(月)011,00015,400200020015,20077.00

    市場区分:名証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    07/22(月)00000100-1000.00.15
    07/19(金)00000100-1000.00.15
    07/18(木)00000100-1000.00.15
    07/17(水)00000100-1000.00.45
    07/16(火)00000100-1000.00.10
    07/12(金)00000100-1000.00.15
    07/11(木)00000100-1000.00.10
    07/10(水)0001000100-1000.00.40
    07/09(火)00000000
    07/08(月)00000000
  5. スギホールディングスの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    最大逆日歩にはなっていませんが、高額な逆日歩が過去1回、逆日歩も今まで14回発生、日数が多い時は危険です。
    • 2024/02/27:85円 (1日)
    • 2023/02/24:555円 (1日)
    • 2022/02/24:615円 (1日)
    • 2021/02/24:615円 (3日)
    • 2020/02/26:645円 (3日)
    • 2019/02/25:295円 (1日)
    • 2018/02/23:275円 (1日)
    • 2017/02/23:300円 (1日)
    • 2016/02/24:10円 (1日)
    • 2015/02/24:30円 (3日)
    • 2014/02/25:7,500円 (3日)
    • 2013/02/25:55円 (1日)
    • 2012/02/24:55円 (1日)
    • 2011/02/23:50円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 100株:約22万円
    • 300株:約67万円
    • 3000株:約670万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    スギホールディングスと同じ3,000円相当の優待価値、2月実施の優待一覧。


スポンサーリンク


スギホールディングス(7649)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

投資金額が高いので、逆日歩と貸株料を加味すると、クロス取引手数料も馬鹿になりません。

少しでも、お安くクロス取引したいなら、優待権利日直前に一般信用売り在庫によるクロス取引がおすすめです。

次はスギホールディングスのクロス取引手数料です。

7月4日の終値、株価2,233円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額22.3万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
12/264959437499534
22/255119118466111943
32/246143141557314351
42/217167165648616760
52/208191188739819168
62/191126225910113426294
72/1812286282110147286103
82/1713310306119159310111
92/1414334329128171120
102/1315357353137183128
112/1218429423165220154
122/1119453447174232163
132/1020477470183244171
142/721500494192257180
152/622202269188
162/525229305214
172/426238318222
182/327247330231
191/3128257342239
201/3029266354248
211/2932293391274
221/2833302403282

スギホールディングスの権利付最終日(2025年2月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

一般信用売り在庫がある場合、投資金額22.3万円、スギホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年7月24日)から直近の優待権利日(2025年2月28日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、スギホールディングスを22.3万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:22.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(221日分)+プレミアム料2,025円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(221日分)+プレミアム料
2,438円=198×2円+17円+2,025円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:22.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(221日分)2,700円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(221日分)
1,906円=15円+1,890円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。

制度信用クロス取引手数料とやり方

優待取得の権利日当日、スギホールディングスを22.3万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:22.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ95円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
441円=198×2円+17円+28円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:22.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ94円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
413円=187×2円+12円+27円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:22.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料28円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
441円=198×2円+17円+28円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:22.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)28円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:22.3万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)27円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
440円=198×2円+17円+27円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
43円=15円+28円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
41円=14円+27円

※優待権利日最終日に売買しても、逆日歩日数が多い時は、貸株日数(貸株料)も通常より多くなります。

※スギホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、スギHDの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
07/23(火)4,6004,6004,6004,600
07/22(月)4,6004,4004,6004,600
07/19(金)4,6004,6004,6004,600
07/18(木)4,7004,6004,6004,600
07/16(火)5,0005,0005,0005,000
07/12(金)5,0004,9005,0005,000
07/11(木)5,0005,0005,0005,000
07/10(水)5,0005,0005,0005,000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

2月の株主優待情報をまとめて確認

スギホールディングス(7649)のクロス取引・株主優待まとめ

  • スギホールディングスの株主優待は、企業が発表している以上の付加価値あり
  • 「株主様 ご優待パスポート」は、1枚300円ぐらいで転売されるほどの人気
  • 優待を使ってお得に商品を購入する場合でも3,000円以上にして、パスポート併用すると更にお得!
  • 優待価値が高いので、毎年ある程度の逆日歩は発生中!
  • 一般信用売り在庫もあるので、想定逆日歩より貸株料が安くなったら買い時!
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!