エコートレーディング株主優待

ペット関連商品の卸大手なので、一般の方は知らない方が多い『エコートレーディング』の株主優待情報をまとめました。

クロス取引を行いたい方に必要な情報(逆日歩・貸株料・つなぎ売り方法)をすべてまとめています。

投資メモ
エコートレーディングは、ペット用品の卸売りを中心に成長、ペット産業を母体に事業を拡大し続けている企業です。
教育事業「ペットビジネスの専門学校」やイベント開催事業に注目!

エコートレーディング(7427)の株主優待

エコートレーディング(7427)の株主優待は、クオカードや新米コシヒカリです。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
500株以上 1,000円相当のクオカード
1,000株以上 5,000円相当の「特選魚沼産こしひかり」5Kg

エコートレーディング(7427)の優待権利日は年1回、2月末のみです。

保有株数に応じて、クオカードや特選新米コシヒカリが貰えます。

500株より、1,000株保有のコシヒカリの方が断然優待利回りは良くなります。

しかし、市場価値5,000円ってちょっと言い過ぎって思われるかもしれませんが、魚沼産は高価です。

魚沼産のコシヒカリ、安ければ4,000円ぐらいで購入もできますが、送料等含めると結構妥当な金額相当です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2025年2月28日」です。

権利付き最終日の「2月26日」までに500株以上の取得が必要です。

エコートレーディングに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

エコートレーディングの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2025年2月28日

権利付き最終日:2月26日(水)・・・残り10ヵ月と4日(310日)
逆日歩日数:3日

エコートレーディング(7427)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code7427優待内容クオカード
業種卸売業上場市場東証スタンダード 
決算2月 優待月2月
本社兵庫上場年月日1995年3月13日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数6,036,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券 食品

株価更新日:2024年4月19日

19日の終値株価1,170円最低投資額585,000円
最低必要株数500継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


エコートレーディング(7427)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-02-271,23024,00012,700-11,300131,3000.010.4114.0
2023-02-248140.0-68,700-68,700208,5001.87.2113.0
2022-02-24572-22,700-108,900-86,200132,5001.554.8112.0
2021-02-24687-9,300-69,200-59,900116,9004.655.6310.0
2020-02-26564-41,700-99,100-57,40081,6009.34.8310.0
2019-02-25599-21,000-83,500-62,500105,3001.554.8110.0
2018-02-23748-15,600-66,100-50,50094,6001.556.4110.0
2017-02-23701-20,600-94,100-73,500113,4006.46.4110.0
2016-02-24599-7,500-86,100-78,600119,4004.84.8110.0
2015-02-24690-6,700-58,600-51,900110,3000.755.6310.0
2014-02-25714-38,600-76,500-37,90069,20024.08.0310.0
2013-02-25842-1,600-105,800-104,200127,8008.08.01
2012-02-24760-8,600-81,400-72,800100,3001.258.01
2011-02-238492,800-74,700-77,500102,0001.58.01

エコートレーディングは、昔から高額逆日歩が発生しているので、注意銘柄です。

エコートレーディング(7427)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(2月28日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 2月28日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    全部で129の企業で優待を実施、クロス向けは76、特にQUOカード優待は人気なので、注意が必要です。

    エコートレーディングと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、2月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    発行済株数が少ないと、株不足になるという典型的な例。因みに東証スタンダード 市場、ある程度の逆日歩は覚悟が必要。

    逆日歩更新日:2024年4月19日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    04/18(木)030022,90000022,900-0
    04/17(水)5,10040023,20000023,200-0
    04/16(火)20030018,50000018,500-0
    04/15(月)100018,60000018,600-0
    04/12(金)070018,50000018,500-0
    04/11(木)3002,10019,20000019,200-0
    04/10(水)1,500021,00000021,000-0
    04/09(火)2004,90019,50000019,500-0
    04/08(月)5,4007,10024,20000024,200-0
    04/05(金)2,200025,90001,200025,900-0
  5. エコートレーディングの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    高額逆日歩の常連銘柄です。過去に4回も最大逆日歩になっているので、最大限の警戒が必要です。
    • 2023/02/24:180円 (1日)
    • 2022/02/24:155円 (1日)
    • 2021/02/24:465円 (3日)
    • 2020/02/26:930円 (3日)
    • 2019/02/25:155円 (1日)
    • 2018/02/23:155円 (1日)
    • 2017/02/23:640円 (1日)
    • 2016/02/24:480円 (1日)
    • 2015/02/24:75円 (3日)
    • 2014/02/25:2,400円 (3日)
    • 2013/02/25:800円 (1日)
    • 2012/02/24:125円 (1日)
    • 2011/02/23:150円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は500株なので、実際の逆日歩金額はさらに5倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 500株:約59万円
    • 1000株:約117万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有の特典こそありませんが、利便性の高い優待だけに、注意が必要です。

    エコートレーディングと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


エコートレーディング(7427)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

総合的な逆日歩リスク判断でも、500株や1,000株必要という事もあり、リスクは高いです。

下手したら、優待利益を簡単に吹き飛ばす逆日歩に遭遇してしまうかも・・・

そんなリスクを冒してまで、クロス取引したくない方は、一般信用売り在庫によるクロス取引がおすすめ!

エコートレーディングは、逆日歩の発生しない、一般信用クロス取引も可能です。

4月19日の終値、株価1,170円の必要株数分(500株)を丸めた金額でコストシミュレーション。

投資金額59万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
12/2642522499712925291
22/255315311121162315113
32/246378373145194378136
42/217441436170226441158
52/208504498194259504181
62/1911693685267356693249
72/1812756747291388756272
82/1713820809315420820294
92/1414883871339453317
102/1315946933364485339
112/12181,1351,120436582407
122/11191,1981,182461614430
132/10201,2611,245485647453
142/7211,3241,307509679475
152/622533711498
162/525606808566
172/426630841588
182/327655873611
191/3128679905634
201/3029703938656
211/29327761,035724
221/28338001,067747

エコートレーディングの権利付最終日(2025年2月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額59万円、エコートレーディングのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年4月22日)から直近の優待権利日(2025年2月28日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、エコートレーディングを59万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(314日分)(+プレミアム料)
9,813円=2,200円+7,613円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(314日分)+プレミアム料
8,429円=385×2円+45円+7,613円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(314日分)
12,351円=2,200円+10,151円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(314日分)
7,146円=40円+7,106円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、エコートレーディングを59万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:59万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ252円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
890円=385×2円+45円+74円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:59万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ249円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:460円 信用:264円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が460円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
631円=264×2円+32円+71円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)(+プレミアム料)
2,274円=2,200円+74円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
889円=385×2円+45円+74円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
2,274円=2,200円+74円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
2,271円=2,200円+71円
【超割】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
886円=385×2円+45円+71円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
115円=40円+74円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
108円=37円+71円

投資金額59万円の場合、売買手数料の差が大きくなるので、ベストな証券会社選びが大事です。

※エコートレーディングの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

エコートレーディング(7427)のクロス取引・株主優待まとめ

  • エコートレーディングは、ペット関連事業で成長している企業だが、優待はペット関連商品ではない
  • 500株と1,000株で優待内容が異なるが、クオカードと新米のコシヒカリとどちらも人気優待アイテム
  • 過去何度も最大逆日歩を発生しているので、一般信用売り在庫による一般信用クロス取引がおすすめ
  • 2023年に入り株価は急上昇中!年初来高値を更新中!波に乗るなら現物保有も視野に!
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!