歴史も実績もある老舗印刷業の『共同印刷』の株主優待情報をまとめました。

記事最後まで読むことで、逆日歩リスクの理解とお得なクロス取引のやり方がわかります。

投資メモ

共同印刷(7914)は、100年以上の歴史がある総合印刷会社です。
「情報系」「生活・産業資材系」向けの印刷事業を中心に、BPO、ICカードなど、事業領域拡大中!

共同印刷株主優待引用元:共同印刷(7914)

共同印刷(7914)の株主優待

共同印刷(7914)の株主優待は、従来のカレンダーにQUOカード優待が加わって、魅力度アップです。

優待内容詳細

保有株式数優待内容(QUOカード)
100株以上1,000円分
300株以上3,000円分

共同印刷(7914)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

3月末と9月末に、保有株数に応じてQUOカードが貰えますが、3月末はさらに100株以上の株主にカレンダーです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

必須あり

半年以上の継続保有が必須です。

尚、2022年9月末からQUOカード優待が新設されたので、初回の9月末の優待は、継続保有の縛りなしです。

継続保有の条件

毎年3月末日および9月末日の基準日現在の株主名簿に同一株主番号で100株以上または300株以上の保有記録が連続して記載または記録されていること。

優待制度の変更(拡充情報)

共同印刷の優待制度は、2021年度までは、年1回、3月末のみの実施で優待品もカレンダーのみです。

それが、2022年9月末より年2回、QUOカード優待も追加と大幅に拡充です。

  1. 2022年3月末まで
    <年1回の3月末のみ>
    100株:カレンダー
  2. 2022年9月末(拡充)
    <年2回の3月末と9月末>
    100株:QUO1,000円分
    300株:QUO3,000円分

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年3月31日」です。

権利付き最終日の「3月27日」までに100株以上の取得が必要です。

共同印刷に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

共同印刷の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年3月31日

権利付き最終日:3月27日(水)・・・残り3ヵ月と18日(109日)
逆日歩日数:3日

共同印刷(7914)の基本情報

情報更新日:2023年10月29日

code7914優待内容クオカード
業種その他製品上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月、9月
本社東京上場年月日1953年1月12日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数8,370,000企業のHP優待詳細
優待の種類暮らし

株価更新日:2023年12月8日

8日の終値株価3,370円最低投資額337,000円
最低必要株数100継続保有必須

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


共同印刷(7914)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-273,3250.0-7,900-7,90026,1006.7527.2350.0
2023-03-292,762-1,000-5,000-4,00022,2007.0522.4350.0
2022-09-282,5352,000-8,800-10,80062,1007.820.8350.0
2022-03-292,9310.0-3,000-3,00022,1000.124.0150.0
2021-03-293,205-1,700-1,800-10021,3000.026.4150.0
2020-03-272,9150.00.00.021,4000.024.0150.0
2019-03-262,4577,9008,80090019,500350.0
2018-03-273,2806,1005,000-1,10017,500350.0
2017-03-2837810,0000.0-10,00092,0000.04.034.0
2016-03-283420.0-5,000-5,00058,0000.04.014.0
2015-03-2637435,00049,00014,000141,00014.0
2014-03-26278159,000227,00068,000100,00014.0
2013-03-26272170,000186,00016,000111,0003
2012-03-27231145,000129,000-16,000140,0003
2011-03-28186211,000241,00030,00085,0001

過去の逆日歩データも2021年迄は、年1回の3月のみ、2022年から3月と9月の年2回です。

共同印刷(7914)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(3月31日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 3月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は769、そのうち551銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    共同印刷と同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、3月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    発行済株式数や浮動株比率などが低く、株不足の原因になる要素が多いです。

    逆日歩更新日:2023年12月8日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    12/07(木)005006001,2001,700-1,2000.290.05
    12/06(水)10005002001002,300-1,8000.220.15
    12/05(火)0040010002,200-1,8000.180.05
    12/04(月)01004001001002,100-1,7000.190.10
    12/01(金)005004001002,100-1,6000.240.10
    11/30(木)005001001001,800-1,3000.280.10
    11/29(水)020050050001,800-1,3000.280.15
    11/28(火)20010070030001,300-6000.540.05
    11/27(月)020060010001,000-4000.60
    11/24(金)40008000300900-1000.890
  5. 共同印刷の発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去4回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2023/09/27:675円 (3日)
    • 2023/03/29:705円 (3日)
    • 2022/09/28:780円 (3日)
    • 2022/03/29:10円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 100株:約34万円
    • 300株:約101万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ○:優待価値では低リスク
    継続保有が必須、優待クロスの難易度アップでクロス参加者は限定!

    共同印刷と同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


共同印刷(7914)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

共同印刷なら、逆日歩のないクロス取引も可能、それが一般信用クロス取引です。

12月8日の終値、株価3,370円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額33.7万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
13/274144142557414452
23/265180178699218065
33/2562162138311121678
43/2272522499712925290
53/218288284111148288103
63/2011396391152203396142
73/1912432427166222432155
83/1813468462180240468168
93/1514504498194259181
103/1415540533208277194
113/1318648640249332233
123/1219684675263351246
133/1120720711277369259
143/821756746291388271
153/722305406284
163/625346462323
173/526360480336
183/427374499349
193/128388517362
202/2929402536375
212/2832443591414
222/2733457609427

共同印刷の権利付最終日(2024年3月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額33.7万円、共同印刷のクロス取引シミュレーションです。

本日(2023年12月9日)から直近の優待権利日(2024年3月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、共同印刷を33.7万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:33.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(111日分)+プレミアム料1,537円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(111日分)+プレミアム料
1,959円=198×2円+26円+1,537円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(111日分)
3,150円=1,100円+2,050円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(111日分)
1,458円=23円+1,435円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、共同印刷を33.7万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:33.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ144円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
464円=198×2円+26円+42円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:33.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ142円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
433円=187×2円+18円+41円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:33.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料42円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
464円=198×2円+26円+42円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
1,142円=1,100円+42円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:33.7万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)41円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
462円=198×2円+26円+41円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
66円=23円+42円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
62円=21円+41円

※優待権利日最終日の貸株日数は、逆日歩日数の3日に返却日を加えた4日です。

※共同印刷の制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、共同印刷の一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
12/08(金)800800800800
12/07(木)800800800800
12/06(水)800800800800
12/05(火)800800800800
12/04(月)800800800800
12/01(金)800800800800
11/29(水)800800800800
11/28(火)800800800800
11/27(月)800800800800

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

3月の株主優待情報をまとめて確認

共同印刷(7914)のクロス取引・株主優待まとめ

共同印刷(7914)は、逆日歩リスクのほとんどない、カレンダー優待でしたが、2022年9月末から状況は一変するはずです。

人気のQUOカードが追加になり、年1回から年2回に優待実施日も増えたことで、一躍人気優待銘柄になる事でしょう。

リスクはもちろん高額逆日歩です。もともと発行済株式数が少ない銘柄なので、優待人気で一気に株不足になる可能性ありです。

特に、半年以上の継続保有のしばりがない、2022年9月末は、要注意です。

最近は、優待制度の変更(拡充)情報は、すぐに知れ渡ります。制度信用クロス取引する際、今までの過去データはあまり参考にならないと思った方が良いでしょう。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!