象印マホービン(7965)の株主優待とクロス取引【逆日歩一覧】

「ZOJIRUSHI」ブランドの魔法瓶で一躍脚光を浴びた『象印マホービン』の株主優待情報をまとめました。

つなぎ売り(クロス取引)に必要な、過去の逆日歩、各証券会社毎の手数料(貸株料)が確認できます。

投資メモ

象印マホービンは、調理用家電・リビング用品などを扱う大手家電メーカーです。
炊飯ジャーやステンレスボトル、加湿器などが主力製品、日本国内より、海外比率が高い!
アジアや北米、積極的に海外への事業展開拡大中!

象印マホービン(7965)の株主優待

象印マホービン(7965)の株主優待は、自社商品の割引価格販売です。

象印のロゴが可愛くて素敵ですが、株主優待品の中に、可愛いお値段のアイテムはありません。

優待内容詳細

保有株式数優待内容
100株以上1,000円の割引
500株以上2,000円の割引
1,000株以上4,000円の割引

象印マホービン(7965)の優待権利日は年1回、11月20日のみです。

優待品は、完全無料ではなく、毎年2月頃に届く、優待販売カタログの中にある商品が割引価格で買えます。

象印マホービンの優待制度

<2021年11月の優待カタログ>

例年、平均10アイテムの商品が掲載されているカタログです。

圧力IH炊飯ジャー、コーヒーメーカー、ふとん乾燥機などが、割引優待価格で購入可能です。

ただ、電気ケトルなど、家電量販店でもっと安く購入出来る場合もあるので、優待の価値はそれほど高くないでしょう。

象印のクロス取引を個人的にしない理由

実際、管理人も象印のアイテム色々持っていますが、お気に入りは魔法瓶・水筒・ステンレスマグです。

サーモネスの水筒とほぼ同じようなデザインですが、象印のロゴがさりげなくて好きです。

でも、残念ながら、株主優待品には含まれていないんですよね・・・・(安すぎるから)

ビックカメラの商品券などで、手に入れる事出来るので、象印の優待は不要となってしまうんです。

因みに、ビックカメラの株主優待は毎年取得しています。↓

ビックカメラの株主優待クロス取引【逆日歩・信用在庫】総合情報

配当目的で、現物保有するならありかもしれませんが、優待目的は、どうしても欲しいっていう高級家電を見つけた時だけです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年11月20日」です。

権利付き最終日の「11月18日」までに100株以上の取得が必要です。

象印マホービンに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

象印マホービンの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年11月20日

権利付き最終日:11月18日(月)・・・残り8ヵ月と17日(262日)
逆日歩日数:1日

株主優待が貰える権利付き最終日が、他の11月優待と異なるので、クロス取引予定の方は注意です。

象印マホービン(7965)の基本情報

情報更新日:2023年10月31日

code7965優待内容自社製品割引
業種電気機器上場市場東証プライム 
決算11月 優待月11月20日
本社大阪上場年月日1986年9月25日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数72,600,000企業のHP優待詳細
優待の種類自社商品

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価1,399円最低投資額139,900円
最低必要株数100継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


象印マホービン(7965)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2022-11-161,569-62,700-175,900-113,200591,9003.012.8317.0
2021-11-171,6209,8000-9,800793,7000.013.6319.0
2020-11-181,912-46,100-139,300-93,200357,3001.616.0413.0
2019-11-181,722-256,300-409,500-153,200456,9001.014.4113.0
2018-11-151,161-2,600-119,100-116,5001,017,0000.059.6115.0
2017-11-151,01434,600-81,000-115,600683,5000.058.8111.0
2016-11-151,28218,1000-18,100565,0000.010.4312.0
2015-11-171,7209,00049,00040,000332,000412.0
2014-11-1774555,000-158,000-213,000580,0000.556.016.0
2013-11-15382-75,000-226,000-151,000261,0000.056.01
2012-11-1526827,000-59,000-86,000251,0000.051
2011-11-15244117,00031,000-86,000314,0003

逆日歩とは無関係の優待銘柄に思われましたが、2022年は、そこそこの逆日歩発生です。

象印マホービン(7965)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(11月20日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年11月20日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 11月20日のクロス取引可能な銘柄数

    ×:銘柄数では警戒範囲
    2024年11月20日のクロス取引可能な銘柄数は3と、極端に数が少なく、1つの銘柄に集中する可能性も高くかなり危険です。

    11月実施の『自社製品割引』関連銘柄。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は72,600,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)3,000022,8001,70005,70017,1004.00
    01/29(月)01,80019,80030004,00015,8004.950
    01/26(金)2,100021,600003,70017,9005.840
    01/25(木)500019,5001,90003,70015,8005.270
    01/24(水)800019,00008001,80017,20010.560
    01/23(火)60010018,200002,60015,6007.00
    01/22(月)060017,70004002,60015,1006.810
    01/19(金)1,100018,300003,00015,3006.10
    01/18(木)070017,2001001003,00014,2005.730
    01/17(水)090017,90030003,00014,9005.970
  5. 象印マホービンの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去8回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2022/11/16:300円 (3日)
    • 2020/11/18:160円 (4日)
    • 2019/11/18:100円 (1日)
    • 2018/11/15:5円 (1日)
    • 2017/11/15:5円 (1日)
    • 2014/11/17:55円 (1日)
    • 2013/11/15:5円 (1日)
    • 2012/11/15:5円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ×:必要株数では警戒範囲
    株数によって複数の優待バリエーションがあります。確認できただけでも0つ、大量取得者がいると危険です。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。


スポンサーリンク


象印マホービン(7965)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

逆日歩リスクの次は、象印マホービンのクロス取引手数料で比較です。

2月29日の終値、株価1,399円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額14.0万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
111/182303012153011
211/153454417234516
311/144605923316021
411/137105103405410538
511/128120118466112043
611/119135133526913548
711/810150148587715054
811/711165162638416559
911/6142092078110775
1011/5152242228611581
1111/1162392369212386
1210/31172542519813091
1310/3021314310121161113
1410/2922329325127169118
1510/2823132176124
1610/2524138184129
1710/2425144192134
1810/2328161215150
1910/2229167222156
2010/2130173230161

象印マホービンの権利付最終日(2024年11月18日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額14.0万円、象印マホービンのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年11月20日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、象印マホービンを14.0万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:14万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(262日分)+プレミアム料1,507円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(262日分)+プレミアム料
1,770円=115円+148円+1,507円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:14万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(262日分)2,010円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(262日分)
1,416円=10円+1,407円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、象印マホービンを14.0万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ30円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
272円=115円+148円+9円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ30円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
251円=100円+143円+8円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料9円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)+プレミアム料
272円=115円+148円+9円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)9円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:14万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)8円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(2日分)
271円=115円+148円+8円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
18円=10円+9円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
17円=9円+8円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので2日です。

※象印マホービンの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、象印の一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
02/29(木)3,0003,0003,0003,000
02/28(水)3,0003,0003,0003,000
02/27(火)3,0003,0003,0003,000
02/26(月)3,0003,0003,0003,000
02/23(金)3,0003,0003,0003,000
02/22(木)3,0003,000-3,000
02/21(水)3,0003,0003,0003,000
02/20(火)3,0003,0003,0003,000
02/19(月)3,0003,0003,0003,000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

11月の株主優待情報をまとめて確認

象印マホービン(7965)のクロス取引・株主優待まとめ

  • 象印マホービン(7965)の逆日歩リスクは低い
  • 割引価格で購入出来る製品は限られるので、優待価値の魅力は低いかも・・・
  • クロス取引の縛りはなし、一般信用・制度信用、どちらのクロス取引でも、コスト差は少ない!
  • 証券会社によって貸株料が異なる一般信用より、制度信用クロス取引の方が玄人好み?
  • 株価が安いので、逆日歩も手数料もそれほど痛い目をみる可能性は低い
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!