滋賀と京阪エリアが地盤の『京阪ホールディングス』の株主優待情報をまとめました。

過去の逆日歩クロス取引コスト(売買手数料・貸株料)を知りたい方向けの記事です。

投資メモ

京阪ホールディングスは、グループ約50社におよぶ企業により4つのコア事業を展開しています。
公共性の高い「運輸業」中心に沿線開発の「不動産業」「流通業」「レジャー・サービス業」に注力!

京阪ホールディングス(9045)の株主優待

京阪ホールディングス(9045)の株主優待は、株主優待乗車証他、色々な優待の種類があるので、簡潔にまとめました。

優待内容詳細

京阪ホールディングス(9045)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

株主優待乗車証は、保有株数に応じた枚数が貰えます。

株主優待乗車証

保有株式数 優待の内容(株主優待乗車証)
200株以上 3枚(切符型)200株毎に3枚
4,000株以上 60枚(切符型)
6,800株以上 1枚(定期型①)or 90枚(切符型)
9,600株以上 1枚(定期型②)or 120枚(切符型)
20,000株以上 2枚(定期型②)or 240枚(切符型)
60,000株以上 3枚(定期型②)or 360枚(切符型)
100,000株以上 5枚(定期型②)or 600枚(切符型)
200,000株以上 10枚(定期型②)or 1,200枚(切符型)

切符型の電車券は、京阪電車全線で利用可能、1回の乗車に1枚必要です。

定期型の電車乗車証は、有効期間内であれば、何回でも乗車可能です。

定期型①:京阪電車全線 通用乗車証
定期型②:京阪電車全線 京阪バス線 通用乗車証

6,800株以上の株主は、希望で定期型の「乗車証」を切符型の「乗車券」に変更できます。

複数人で旅行計画があるなら、1人しか利用できない定期型より、皆で同時に利用できる切符型の乗車券の方がメリットあります。

京阪グループ諸施設株主優待

保有株式数 優待内容
200株以上 株主優待カード1枚
回数券(クーポン)複数枚
ひらかたパーク招待2名分 入園券2枚

200株以上の株主は、株主優待カードを提示するだけで京阪グループの諸施設が割引価格で利用できます。

京阪グループの主なホテル・レストランやレジャー施設等で利用できる、株主優待カードです。

また、「ひらかたパーク」「くずはゴルフリンクス」「パナンテ(京阪天満橋駅構内)」「京阪百貨店」「ビオ・マルシェ」の各施設に関しては、割引回数券(クーポン)が貰えます。

さらに、6カ月間有効のひらかたパーク株主招待券2名分(入園券2枚(ザ・ブーンまたはウインターカーニバル入場券付)、招待用乗車券4枚)まで貰えます。

株主優待に長期保有制度はあるの?

継続保有特典あり

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに200株以上の取得が必要です。

京阪ホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

京阪ホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り2ヵ月と8日(70日)
逆日歩日数:1日

京阪ホールディングス(9045)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code9045優待内容電車乗車券等
業種陸運業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月、9月
本社大阪上場年月日1950年4月1日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数113,182,000企業のHP優待詳細
優待の種類旅行・宿泊 娯楽レジャー 自社商品 買物券 飲食券

株価更新日:2024年7月4日

4日の終値株価2,858円最低投資額571,500円
最低必要株数200継続保有継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


京阪ホールディングス(9045)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-03-273,44815,5005,500-10,000749,2000.028.0335.0
2023-09-274,093800-6,500-7,300566,9000.1532.830.0
2023-03-293,47028,10020,100-8,000448,8000.084.0330.0
2022-09-283,62525,1002,500-22,600672,7000.029.630.0
2022-03-292,96448,00030,200-17,800592,200125.0
2021-09-283,155101,20075,300-25,900728,4001
2021-03-294,8800.0-33,800-33,800504,7001.8539.2125.0
2020-09-284,580-12,100-70,400-58,300499,9000.0536.8117.5
2020-03-275,000-57,500-103,400-45,900561,8002.840.0117.5
2019-09-264,9351,300-65,600-66,900517,3002.940.0117.5
2019-03-264,610-20,300-60,400-40,100618,0002.437.6317.5
2018-09-254,390-89,300-170,600-81,300588,3002.735.2317.5
2018-03-273,3357,400-65,300-72,700493,8000.627.2320.0
2017-09-26678-62,000-767,000-705,0002,431,0000.65.633.0
2017-03-287085,000-432,000-437,0001,901,0000.66.033.0
2016-09-27742-111,000-512,000-401,0002,352,0000.456.033.0
2016-03-28821-54,000-367,000-313,0002,284,0000.256.813.0
2015-09-25789-43,000-695,000-652,0002,152,0000.56.413.0
2015-03-26747-425,000-909,000-484,0002,705,0000.056.013.0
2014-09-25486-170,000-1,276,000-1,106,0003,300,0000.054.013.0
2014-03-26408-49,000-701,000-652,0003,318,0000.46.013.5
2013-09-25418-130,000-966,000-836,0002,425,0000.056.012.5
2013-03-26437-21,000-49,000-28,000160,0000.06.03
2012-09-25389-7,000-72,000-65,00068,0000.36.03
2012-03-27408-9,000-69,000-60,000104,0000.36.03
2011-09-27380-111,000-253,000-142,000326,0000.36.03
2011-03-28350-30,000-165,000-135,000209,0000.056.01

京阪ホールディングス(9045)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待数は非常に多く、クロス取引可能な銘柄数は278(優待実施銘柄の全体は393)です。

    9月の電車乗車券等と同じ分類銘柄。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株数は113,182,000もありますが、優待が人気のため、権利日最終日はいつも株不足になっており、警戒が必要。

    逆日歩更新日:2024年7月18日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    07/17(水)10,500053,90000053,900-0
    07/16(火)3,500043,40000043,400-0
    07/12(金)1,6002,10039,90000039,900-0
    07/11(木)2006,10040,40000040,400-0
    07/10(水)4,200046,30000046,300-0
    07/09(火)4002,60042,10000042,100-0
    07/08(月)5,300044,3000100044,300-0
    07/05(金)5,500039,0000010038,900390.00
    07/04(木)9003,00033,5000010033,400335.00
    07/03(水)1,1001,90035,6000010035,500356.00
  5. 京阪ホールディングスの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去21回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2023/09/27:15円 (3日)
    • 2021/03/29:185円 (1日)
    • 2020/09/28:5円 (1日)
    • 2020/03/27:280円 (1日)
    • 2019/09/26:290円 (1日)
    • 2019/03/26:240円 (3日)
    • 2018/09/25:270円 (3日)
    • 2018/03/27:60円 (3日)
    • 2017/09/26:60円 (3日)
    • 2017/03/28:60円 (3日)
    • 2016/09/27:45円 (3日)
    • 2016/03/28:25円 (1日)
    • 2015/09/25:50円 (1日)
    • 2015/03/26:5円 (1日)
    • 2014/09/25:5円 (1日)
    • 2014/03/26:40円 (1日)
    • 2013/09/25:5円 (1日)
    • 2012/09/25:30円 (3日)
    • 2012/03/27:30円 (3日)
    • 2011/09/27:30円 (3日)
    • 2011/03/28:5円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は200株なので、実際の逆日歩金額はさらに2倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ×:必要株数では警戒範囲
    株数によって複数の優待バリエーションがあります。確認できただけでも8つ、大量取得者がいると危険です。
    • 200株:約57万円
    • 4000株:約1,143万円
    • 6800株:約1,943万円
    • 9600株:約2,743万円
    • 20000株:約5,715万円
    • 60000株:約17,145万円
    • 100000株:約28,575万円
    • 200000株:約57,150万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    優待がお得になる継続保有特典あり、条件次第で、リスクの増減有!

    9月実施の高額優待、他にもあります。


スポンサーリンク


京阪ホールディングス(9045)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

次は京阪ホールディングスのクロス取引手数料です。

7月4日の終値、株価2,858円の必要株数分(200株)を丸めた金額でコストシミュレーション。

投資金額57万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262122120476212244
29/255305301117156305109
39/246365361141187365131
49/207426421164219426153
59/198487481187250487175
69/1812731721281375731262
79/1713792782305406792284
89/1314853842328437306
99/1215914902351468328
109/11191,1571,142445593415
119/10201,2181,202468625437
129/9211,2791,263492656459
139/6221,3401,323515687481
149/5231,4011,383539718503
159/426609812568
169/327632843590
179/228656875612
188/3029679906634
198/2930703937656
208/28337731,031721

京阪ホールディングスの権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額57万円、京阪ホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年7月18日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、京阪ホールディングスを57万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(72日分)(+プレミアム料)
3,887円=2,200円+1,687円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(72日分)+プレミアム料
2,500円=385×2円+44円+1,687円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(72日分)
4,449円=2,200円+2,249円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(72日分)
1,613円=39円+1,574円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、京阪ホールディングスを57万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:57万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ122円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
850円=385×2円+44円+36円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:57万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ120円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:460円 信用:264円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が460円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
594円=264×2円+31円+34円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)(+プレミアム料)
2,236円=2,200円+36円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)+プレミアム料
849円=385×2円+44円+36円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
2,236円=2,200円+36円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計200万円まで2,200円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
2,234円=2,200円+34円
【超割】

約定毎の手数料【現物:535円 信用:385円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が535円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)
848円=385×2円+44円+34円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
75円=39円+36円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
70円=36円+34円

投資金額57万円の場合、売買手数料の差が大きくなるので、ベストな証券会社選びが大事です。

※京阪ホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、京阪HDの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
07/16(火)8008001,000900
07/12(金)1,0001,0001,0001,000
07/11(木)1,0001,0001,0001,000
07/10(水)1,0001,0001,0001,000
07/09(火)1,0001,0001,0001,000
07/07(日)1,0001,0001,0001,000
07/05(金)1,0001,0001,0001,000
07/04(木)1,0001,0001,0001,000
07/03(水)1,0001,000-1,000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

9月の株主優待情報をまとめて確認

京阪ホールディングス(9045)のクロス取引・株主優待まとめ

京阪ホールディングス(9045)の逆日歩は、投資金額が大きいわりに、逆日歩金額は低額です。

大型株であり、公共性の高い鉄道株、簡単に急な株不足になる方が怖いです。

よって、逆日歩常連ではありますが、高額逆日歩のリスクは低いでしょう。

また、200株保有で貰える「ひらかたパークご招待券2名分」はフリーパスではないのでご注意です。株数を増やしてもフリーパスにはなりません。

ザ・ブーンまたはウインターカーニバル入場券は付いているので、大人1名2,500円が相場のプールやスケート施設への入場は無料です。

フリーパスにしたい場合、同じく200株で貰える「ひらかたパーク」の回数券を利用すれば、3,000円が2,700円に割引です。

折角レジャー施設の優待券も付いているのに、完全無料にならないところが、そこまでの優待人気になっていないのかもしれません。

でもそれは、クロス取引には、向いています。今後優待拡充(するかは不明)で、人気が出る前に優待クロスを堪能してみるのも悪くないでしょう。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!