販促や集客キャンペーンの企画、実施をおこなっているCLホールディングス、マーケティングが得意な会社として有名ですが、株主優待はなんと、CLホールディングス・プレミアム優待クラブ!

お前もか?!と叫びそうになるぐらい、株主優待クラブが普及しています。

CLホールディングス株主優待引用元:CLホールディングス株主優待倶楽部

CLホールディングス(4286)の株主優待

CLホールディングス独自の株主優待クラブを運営しており、貯まったポイントは2,000種類の優待商品と交換可能です。

CLホールディングスの優待内容詳細

保有株式数 優待内容
200株以上 2,500円相当のポイント
400株以上 8,000円相当のポイント
600株以上 13,000円相当のポイント

CLホールディングスの優待権利日は年1回、6月のみです。

また優待に必要な最低必要株数は200株からになるので、ご注意です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

継続保有のランクアップ制度はありませんが、株主を続けていれば、2回までポイントを繰り越すことは可能です。

CLホールディングスの株主優待制度を利用した感想

株主優待クラブって何?って思う方は、次の記事をお読みください。

個人的にはQUOカードの方がありがたいのですが・・・・

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年6月30日」です。

権利付き最終日の「6月26日」までに200株以上の取得が必要です。

CLホールディングスに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

CLホールディングスの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年6月30日

権利付き最終日:6月26日(水)・・・残り4日(毎日更新)
逆日歩日数:3日

CLホールディングス(4286)の基本情報

情報更新日:2024年5月24日

code4286優待内容自社ポイント
業種サービス業上場市場東証スタンダード 
決算12月 優待月6月
本社東京上場年月日2001年7月31日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数10,840,000企業のHP優待詳細
優待の種類プレミアム優待倶楽部ポイント

株価更新日:2024年6月21日

21日の終値株価1,301円最低投資額260,200円
最低必要株数200継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


CLホールディングス(4286)過去の逆日歩と制度信用リスクは?

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-06-28896-35,100-150,600-115,500202,3009.014.430.0注意
2022-06-28976-40,500-284,100-243,600587,10020.020.0110倍
2021-06-282,709-213,900-289,700-75,800144,90022.022.41
2020-06-26914-21,400-20,2001,20042,7000.08.01
2019-06-251,733-59,400-66,500-7,100229,8000.1514.43
2018-06-261,0467,8008,9001,10034,2003
2017-06-277850005,5000.06.43
2016-06-27698300100-20014,2001
2015-06-2581351,90059,4007,50070,50014.0
2014-06-251,48442,10075,60033,50037,3001
2013-06-25575800700-1003,1003
2012-06-2660,200140173335833
2011-06-2753,00032-1101

CLホールディングスの最大逆日歩リスクはどのくらい?【7つのチェック】

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(6月30日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 6月30日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待銘柄は全部で113、クロス可能な貸借銘柄は64、類似優待銘柄は多いですが、注意が必要です。

    CLホールディングスと同じ優待分類の銘柄です。

    尚、6月実施の『プレミアム優待倶楽部ポイント』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    現時点で注意喚起等の規制はありませんが、過去に2回、優待権利日に規制が入っているので、やや注意です。
    • 2023/06/28:900円 (3日)・・・注意
    • 2022/06/28:2,000円 (1日)・・・10倍
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は10,840,000であり、東証スタンダード 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年6月21日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    06/20(木)30090013,2008009008,7004,5001.520
    06/19(水)060013,8009008008,8005,0001.570
    06/18(火)700014,4001,5001008,7005,7001.660
    06/17(月)20020013,70070007,3006,4001.880
    06/14(金)100013,70080006,6007,1002.080
    06/13(木)20020013,6002001,3005,8007,8002.340
    06/12(水)80030013,6001,10006,9006,7001.970
    06/11(火)060013,1006002005,8007,3002.260
    06/10(月)900013,70020005,4008,3002.540
    06/07(金)080012,8001004005,2007,6002.460
  5. CLホールディングスの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩1回、高額逆日歩1回と逆日歩実績があるので、注意です。
    • 2023/06/28:900円 (3日)・・・注意
    • 2022/06/28:2,000円 (1日)・・・10倍
    • 2021/06/28:2,200円 (1日)
    • 2019/06/25:15円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は200株なので、実際の逆日歩金額はさらに2倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 200株:約26万円
    • 400株:約52万円
    • 600株:約78万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    優待価値がCLホールディングスと同じぐらいの銘柄。


スポンサーリンク


CLホールディングスのクロス取引(制度信用・一般信用)どちらが良いの?

CLホールディングスは、逆日歩の発生しない、一般信用クロス取引も可能です。

6月21日の終値、株価1,301円の必要株数分(200株)で計算。

投資金額26.0万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
16/264111110435711140
26/255139137537113950
36/246167165648516760
46/2171941927510019470
56/2082222198511422280
66/1911306302118157306110
76/1812333329128171333120
86/1713361357139185361130
96/1414389384150199140
106/1315417411160214150
116/1218500494192256180
126/1119528521203271189
136/1020556548214285199
146/721583576224299209
156/622235313219
166/525267356249
176/426278370259
186/327288385269
195/3128299399279
205/3029310413289
215/2932342456319
225/2833353470329

CLホールディングスの権利付最終日(2024年6月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額26.0万円、CLホールディングスのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年6月22日)から直近の優待権利日(2024年6月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、CLホールディングスを26.0万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:26万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(6日分)のみ167円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=一般信用手数料+金利(1日)+貸株料(6日分)
583円=198×2円+20円+167円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:26万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(6日分)のみ165円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(6日分)
553円=187×2円+14円+165円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:26万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(6日分)+プレミアム料64円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(6日分)+プレミアム料
480円=198×2円+20円+64円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(6日分)
1,185円=1,100円+85円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:26万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(6日分)167円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(6日分)
583円=198×2円+20円+167円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(6日分)
78円=18円+60円

※クロス取引の最適組み合わせにより、より安くなる手数料を表示していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、CLホールディングスを26.0万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:26万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ111円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
449円=198×2円+20円+33円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:26万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ110円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
420円=187×2円+14円+31円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:26万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料33円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
449円=198×2円+20円+33円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
1,133円=1,100円+33円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:26万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)31円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
447円=198×2円+20円+31円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
51円=18円+33円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
48円=16円+31円

※優待権利日最終日に売買しても、逆日歩日数が多い時は、貸株日数(貸株料)も通常より多くなります。

※CLホールディングスの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、CLホールディンの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
06/21(金)0000
06/20(木)0000
06/19(水)0000
06/18(火)-01000
06/17(月)0000
06/14(金)0000
06/13(木)0000
06/12(水)0000
06/11(火)0000
06/10(月)0000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

6月の株主優待情報をまとめて確認

CLホールディングスのクロス取引・株主優待まとめ

株価も下がっており、現物保有だと現時点でもリスクがありそうな「CLホールディングス」です。

こういう時こそ、優待クロスが威力を発揮しますが、もうほとんど最大逆日歩でしょうという高額逆日歩を発生させています。

 

一般信用クロスできれば一番ですが、実は制度信用クロスでも規制が出なければ、200株で保有できる優待価値の方が、逆日歩MAXよりも上です。つまり利益が出る計算です。

逆日歩覚悟で実践するのも良いですが、管理人は優待クラブの入会がめんどくさいので、恐らくパスするでしょう。