鋳造製品メーカー『中央可鍛工業』の株主優待情報をまとめました。

過去の逆日歩クロス取引の理解を深めたい方向けの記事です。

投資メモ

中央可鍛工業は、自動車や産業用機械部品等の素形材(鋳造)メーカーです。
得意先のメインは、トヨタグループ!オフィス家具も開発生産!

中央可鍛工業(5607)株主優待引用元:中央可鍛工業

中央可鍛工業(5607)の株主優待

中央可鍛工業(5607)の株主優待は、QUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
100株以上 500円分のQUOカード
1,000株以上 1,000円分のQUOカード
5,000株以上 2,000円分のQUOカード

中央可鍛工業(5607)の優待権利日は年1回、9月末のみです。

保有株数に応じた、QUOカードが貰えます。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

中央可鍛工業に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

中央可鍛工業の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り2ヵ月と2日(64日)
逆日歩日数:1日

中央可鍛工業(5607)の基本情報

情報更新日:2023年2月10日

code5607優待内容クオカード
業種鉄鋼上場市場名証メイン 
決算3月 優待月9月
本社愛知上場年月日1961年10月1日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数16,020,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年7月24日

最低必要株数100継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


中央可鍛工業(5607)過去の逆日歩

データベース更新中

中央可鍛工業(5607)のクロス取引・逆日歩リスク

中央可鍛工業は、2018年9月25日からの申込停止(売禁)により、制度信用クロス取引はできませんが、今後の為に逆日歩回避のチェック結果を残しています。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は393、そのうち278銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    中央可鍛工業と同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、9月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    2018年9月25日より申込停止の規制が発生中、更に今まで4回も規制が入っている、要注意銘柄です。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況株不足(貸借倍率・発行済株式数)

    ○:株不足では低リスク
    発行済株数は16,020,000ですが、浮動株比率、貸借残比率などのバランスが良く、株不足に関しては、低リスクとデータが教えてくれています。
  5. 中央可鍛工業の発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    逆日歩の発生はありません。
  6. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有の特典こそありませんが、利便性の高い優待だけに、注意が必要です。

    優待価値は低いですが、『中央可鍛工業』と同じ金額相当の株主優待がある銘柄です。


スポンサーリンク


中央可鍛工業(5607)のクロス取引・株主優待まとめ

中央可鍛工業(5607)は、クロス取引できないので、逆日歩の危険はありません。(2022年9月末優待)

現物保有100株でQUOカード500円が貰えます。

QUOカード取得の為の投資金額は少なくてすみますが、出来高も少なく、株価の変動も大きくないです。

地元密着の歴史ある企業、今後の業績に期待するなら、現物保有もありでしょう。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!