FPパートナー(7388)の株主優待と逆日歩

優待新設後にすぐに拡充を発表した、優待銘柄として絶対欲しい『FPパートナー』の株主優待情報をまとめました。

最後まで読むことで、株主優待銘柄のつなぎ売り(クロス取引)の知識を高める事ができます。

投資メモ

保険相談・資産運用・老後資金等の相談が無料でできるサービス「マネードクター」が有名な企業
訪問型乗合代理店を全国展開中

FPパートナー(7388)の株主優待

FPパートナー(7388)の株主優待は、高成長中の企業に多いQUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
100株以上 QUOカード3,000円分

優待権利日は年2回、5月末と11月末です。

優待新設時は、年1回の5月末のみでしたが、すぐに11月末も優待権利月です。

新設時の優待額が年間3,000円、それが株式2分割後も100株条件のまま、さらに11月も増えたので、利回り的には4倍に拡充です。

継続保有などの条件(しばり)などもなく、純粋に100株保有していれば、日本全国で利用可能なQUOカードが貰えます。

QUOカードのメリット、使えるお店に関しては、「QUOカードが使える飲食店」などで、ご紹介中です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年5月31日」です。

権利付き最終日の「5月29日」までに100株以上の取得が必要です。

FPパートナーに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

FPパートナーの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年5月31日

権利付き最終日:5月29日(水)・・・残り6日(毎日更新)
逆日歩日数:3日

FPパートナー(7388)の基本情報

情報更新日:2024年5月15日

code7388優待内容クオカード
業種保険業上場市場東証プライム 
決算11月 優待月5月、11月
本社東京上場年月日2022年9月22日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数23,243,000企業のHP優待詳細
優待の種類QUOカード

株価更新日:2024年5月22日

22日の終値株価4,540円最低投資額454,000円
最低必要株数100継続保有-

優待開示情報

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


FPパートナー(7388)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-11-284,7850-186,400-186,400546,0002.376.8115.0注意
2023-05-297,830000105,0000.0126.410.0停止

2023年の5月末と11月末の株価が大きく違うのは、値下がりしたわけではありません。

2023年7月1日に株式2分割、よって実際は、株価が上昇しています。

さらに、株式分割後も100株保有で優待継続、今までより少ない資金で優待取得ができます。(拡充)

FPパートナー(7388)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(5月31日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 5月31日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待実施銘柄32のうち、クロス向けは23と少ない中でのQUOカード優待なので、注意です。

    FPパートナーと同じ5月のQUOカード優待一覧。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    調査時点で規制情報はありませんが、過去に1度だけ規制が入った事があるので、少しだけ注意です。
    • 2023/11/28:230円 (1日)・・・注意
    • 2023/05/29:0円 (1日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ○:株不足では低リスク
    発行済株数は23,243,000ですが、浮動株比率、貸借残比率などのバランスが良く、株不足に関しては、低リスクとデータが教えてくれています。

    逆日歩更新日:2024年5月23日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    05/22(水)30070019,5002009004,70014,8004.150
    05/21(火)70020019,9001,0004005,40014,5003.690
    05/20(月)9001,50019,4004007004,80014,6004.040
    05/17(金)020020,0002,70005,10014,9003.920
    05/16(木)1002,10020,2002003002,40017,8008.420
    05/15(水)01,10022,2002,10002,50019,7008.880
    05/14(火)50070023,30003,20040022,90058.250
    05/13(月)2,90030023,5009001,3003,60019,9006.530
    05/10(金)6001,80020,90001,8004,00016,9005.220
    05/09(木)3002,00022,1001,00005,80016,3003.810
  5. FPパートナーの発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    今までの優待回数が少ない(もしくは新設したばかり)というのもありますが、逆日歩は発生していません。
    • 2023/11/28:230円 (1日)・・・注意

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ○:必要株数では低リスク
    優待に必要な株数は100株のみですが、株価が高いと逆日歩が発生した時の金額もあがるので、少しだけ注意です。
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有の特典こそありませんが、利便性の高い優待だけに、注意が必要です。

    FPパートナーと同じ3,000円相当の優待価値、5月実施の優待一覧。


スポンサーリンク


FPパートナー(7388)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較

FPパートナーの逆日歩にリスクを感じるなら、一般信用クロス取引です。

5月22日の終値、株価4,540円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額45.4万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
15/2941941927510019470
25/2852432399312424387
35/276291287112149291104
45/247340335131174340122
55/238388383149199388139
65/2211534527205274534192
75/2112582575224299582209
85/2013631623243323631226
95/1714679670261348244
105/1615728718280373261
115/1518873862336448313
125/1419922910354473331
135/1320970958373498348
145/10211,0191,006392522366
155/922410547383
165/825466622435
175/726485647453
185/227504672470
195/128522697488
204/3033616821575

FPパートナーの権利付最終日(2024年5月29日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額45.4万円、FPパートナーのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年5月23日)から直近の優待権利日(2024年5月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、FPパートナーを45.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:45.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ388円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=一般信用手数料+金利(1日)+貸株料(8日分)
819円=198×2円+35円+388円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:45.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ383円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(8日分)
782円=187×2円+25円+383円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:45.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)+プレミアム料149円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(8日分)+プレミアム料
580円=198×2円+35円+149円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(8日分)
1,299円=1,100円+199円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:45.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)388円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(8日分)
819円=198×2円+35円+388円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
170円=31円+139円

※クロス取引の最適組み合わせにより、より安くなる手数料を表示していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、FPパートナーを45.4万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:45.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ194円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
488円=198×2円+35円+57円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:45.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ192円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
454円=187×2円+25円+55円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:45.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料57円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
488円=198×2円+35円+57円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
1,157円=1,100円+57円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:45.4万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)55円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
486円=198×2円+35円+55円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
88円=31円+57円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
83円=29円+55円

※優待権利日最終日の貸株日数は、逆日歩日数の3日に返却日を加えた4日です。

※FPパートナーの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

FPパートナー(7388)のクロス取引・株主優待まとめ

  • 2023年5月末からの注目QUOカード優待
  • 2024年11月末にも優待新設と年2回に拡充
  • 過去データでは、高額逆日歩の発生はないが、2024年5月末からが優待銘柄の本番と考えた方がよいかも
  • 比較的クロス取引しやすい株価になっていることもあり、高額逆日歩に注意
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!