EMシステムズ株主優待

調剤薬局向けのシステム開発大手『EMシステムズ』の株主優待情報をまとめました。

記事最後まで読むことで、逆日歩リスクの理解とお得なクロス取引のやり方がわかります。

投資メモ

EMシステムズは、電子カルテやレセコンなど、調剤薬局向けシステム開発の大手企業です。
医科システム、介護や福祉育成なども拡大中!調剤向け国内シェア3割以上!

イーエムシステムズ(4820)の株主優待

EMシステムズ(4820)の株主優待は、セルフメディケーション、ヘルスケア商品など、カタログ選択です。

優待内容詳細

保有株式数 優待内容
200株以上 1,000円相当
1,000株以上 2,000円相当
2,000株以上 5,000円相当

EMシステムズ(4820)の優待権利日は年1回、12月末のみです。

保有株数に応じて、専用カタログまたはウェブサイトの中から好きな商品が選べます。

医療関連のシステム開発等をおこなっている企業だけあって、体温計や温泉の素や、まくらといったアイテムが多いのが優待の特徴です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

必須あり

1年以上の継続保有が必須です。

継続保有の条件

毎年12月31日の株主名簿に継続して同一の株主番号で記載または記録されていること。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年12月31日」です。

権利付き最終日の「12月26日」までに200株以上の取得が必要です。

イーエムシステムズに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

イーエムシステムズの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年12月31日

権利付き最終日:12月26日(木)・・・残り6ヵ月と4日(187日)
逆日歩日数:7日

イーエムシステムズ(4820)の基本情報

情報更新日:2024年3月24日

code4820優待内容商品
業種情報・通信業上場市場東証プライム 
決算12月 優待月12月
本社大阪上場年月日2000年12月15日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数74,514,000企業のHP優待詳細
優待の種類自社商品

株価更新日:2024年6月20日

20日の終値株価643円最低投資額128,600円
最低必要株数200継続保有必須

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


イーエムシステムズ(4820)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-12-27707-1,100-13,600-12,50081,5000.06.467.0
2022-12-287955,8003,600-2,200150,4000.06.458.0
2021-12-287660-5,900-5,90059,6000.06.457.0
2020-12-289490-4,400-4,400141,1000.258.056.0
2019-12-261,987-149,700-151,800-2,10056,1000.3516.07
2018-12-25945-11,600-10,90070074,0000.358.07
2017-12-262,52200011,9000.020.86
2016-12-271,590-1,500-8007009,8000.03.25
2015-12-252,4415,5005,300-2004,1005
2014-12-251,6846,5005,000-1,50025,0006
2013-12-251,90210,0009,100-90014,6007
2012-12-251,85315,80011,600-4,20021,4007
2011-12-27969-1,2002,7003,9002,2005

イーエムシステムズ(4820)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(12月31日)の逆日歩日数

    ×:逆日歩日数では警戒範囲
    2024年12月31日は、逆日歩日数が7日と、通常の権利日よりリスクが高まっています。
  2. 12月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施企業は178、クロス取引可能な貸借銘柄は115、同じ優待分類の企業も多いです。

    イーエムシステムズと同じ優待分類の銘柄です。

    • 北海道コカ・コーラボトリング
    • 日華化学
    • 富士山マガジンサービス
    • SANKO MARKETING FOODS
    • 青山財産ネットワークス
    • STIフードHD
    • ファンペップ

    尚、12月実施の『自社商品』優待は、他にもあります。ほんの一部です。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は74,514,000であり、東証プライム 市場ですが、やや株不足が発生する傾向に注意。

    逆日歩更新日:2024年6月21日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    06/20(木)100014,90020005,4009,5002.760
    06/19(水)5001,70014,80010005,2009,6002.850
    06/18(火)4,7003,50016,00070005,10010,9003.140
    06/17(月)1,2008,00014,80010004,40010,4003.360
    06/14(金)30020021,60006004,30017,3005.020
    06/13(木)2001,60021,50003,2004,90016,6004.390
    06/12(水)1,5003,00022,90001,0008,10014,8002.830
    06/11(火)1,400024,40004009,10015,3002.680
    06/10(月)01,30023,00001,0009,50013,5002.420
    06/07(金)80090024,30001,00010,50013,8002.310
  5. イーエムシステムズの発生逆日歩

    ○:過去逆日歩では低リスク
    最大逆日歩も高額逆日歩も発生していませんが、3回ほど、少額ながら逆日歩は過去に発生しています。
    • 2020/12/28:25円 (5日)
    • 2019/12/26:35円 (7日)
    • 2018/12/25:35円 (7日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は200株なので、実際の逆日歩金額はさらに2倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    200株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 200株:約13万円
    • 1000株:約64万円
    • 2000株:約129万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ○:優待価値では低リスク
    1年以上の継続保有が必須なので、他の優待と比較するとややリスクは下がります。

    イーエムシステムズと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


イーエムシステムズ(4820)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

イーエムシステムズの逆日歩にリスクを感じるなら、一般信用クロス取引です。

6月20日の終値、株価643円の必要株数分(200株)で計算。

投資金額12.9万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
112/268110109425711040
212/2511152150587815254
312/2412165163648516559
412/2313179177699217964
512/2014193190749919369
612/19152072048010620774
712/18182482459512724889
812/171926225910113494
912/162027627210614199
1012/1321289286111148104
1112/1222303299117156109
1212/1125345340133177124
1312/1026358354138184129
1412/927372367143191134
1512/628148198139
1612/529154205143
1712/432170226158
1812/333175233163
1912/234180240168
2011/2935186247173
2111/2836191254178
2211/2739207276193

イーエムシステムズの権利付最終日(2024年12月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額12.9万円、イーエムシステムズのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年6月22日)から直近の優待権利日(2024年12月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、イーエムシステムズを12.9万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:12.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(195日分)+プレミアム料1,034円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(195日分)+プレミアム料
1,297円=115円+148円+1,034円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:12.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(195日分)1,378円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(195日分)
974円=9円+965円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、イーエムシステムズを12.9万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:12.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ110円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(8日分)
296円=115円+148円+33円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:12.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)のみ109円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:100円 信用:143円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(8日分)
274円=100円+143円+31円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:12.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)+プレミアム料33円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(8日分)+プレミアム料
296円=115円+148円+33円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:12.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)33円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:12.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(8日分)31円
【超割】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(8日分)
294円=115円+148円+31円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
41円=9円+33円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(8日分)
39円=8円+31円

※貸株日数は、逆日歩日数より1日多く数えるので8日です。

※イーエムシステムズの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、EMシステムズの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
06/21(金)800800900700
06/20(木)600600900800
06/19(水)300300400800
06/18(火)-300400300
06/17(月)300300400300
06/14(金)400400500400
06/13(木)400400500400
06/12(水)600600800400
06/11(火)600600800600
06/10(月)8009001,000800

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

12月の株主優待情報をまとめて確認

イーエムシステムズ(4820)のクロス取引・株主優待まとめ

  • EMシステムズの優待は魅力的だが、継続保有1年が必須の銘柄
  • 優待に必要な最低保有株数は200株からに注意
  • 決算期変更により2020年12月より、権利確定日が3月末から12月末に変更
  • 一般信用売り在庫もあるが、放出量は多くない!
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!