宝飾品総合企業『ツツミ』の株主優待情報をまとめました。

過去の逆日歩クロス取引コスト(売買手数料・貸株料)の理解を深めたい方向けの記事です。

ツツミは、自社で宝石を直接買付ける「世界のビッグバイヤー」であり、貴金属小売りの大手企業です。
高度な加工技術と豊富な商品ラインナップ、さらに企画、生産、販売の一貫体制が強み!
ツツミ株主優待
引用元:ツツミ

ツツミ(7937)の株主優待

ツツミ(7937)の株主優待は、QUOカードと割引券です。

優待内容詳細

保有株式数優待の内容
3月末(QUOカード)9月末
(割引券)
3年未満3年以上5年以上
100株以上1,000円分3,000円分5,000円分1枚
500株以上1,000円分3,000円分5,000円分2枚

ツツミ(7937)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

3月末は保有年数によって、QUOカードが貰えます。

9月末は、日本全国の「ツツミ」の店舗で商品を買う時、価格から15%OFFになる割引券です。

年2回、優待がありますが、貰える商品が違うので、ご注意です。

ツツミの15%割引券利用時の注意

  • インターネットショップ(ツツミオンラインショップ)では利用できません。
  • 他の割引券との併用は不可です。
  • 修理加工や補修では利用できません。

株主優待変更の歴史(改悪・拡充)

  1. 2016年9月末(拡充)
    自社商品10%割引券を新設
  2. 2019年3月末(改悪)
    100株(3年未満)1,000円分のQUO
  3. 2019年9月末(拡充)
    自社商品15%割引券に変更

ツツミの株主優待、以前は3月末の1回、100株保有で2,000円のQUOカードが貰えていました。

それが、2016年9月末から自社店舗で利用できる10%割引券という拡充を発表。

そのままで良かったのに、2019年には、QUOカード優待の額を2,000円から1,000円にする変更を発表です。

さすがに投資家からのブーイングの声が驚いたのか、同年9月には、すかさず自社商品の割引券を10%から15%に変更しています。

株主優待に長期保有制度はあるの?

継続保有特典あり

継続保有が必須ではなく、3年以上の継続保有で3月末の優待が豪華になるランクアップ特典です。

継続保有の条件

いずれの時点においても株主名簿に記載または記録された日から基準日までに同一の株主番号で連続して保有したこと。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年3月31日」です。

権利付き最終日の「3月27日」までに100株以上の取得が必要です。

ツツミに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ツツミの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年3月31日

権利付き最終日:3月27日(水)・・・残り26日(毎日更新)
逆日歩日数:3日

ツツミ(7937)の基本情報

情報更新日:2023年10月29日

code7937優待内容クオカード
業種その他製品上場市場東証スタンダード 
決算3月 優待月3月、9月
本社埼玉上場年月日1991年9月19日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数15,630,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価2,084円最低投資額208,400円
最低必要株数100継続保有継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ツツミ(7937)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-09-272,463300-3,700-4,00026,0003.4520.0325.0
2023-03-292,320-9,300-52,600-43,30084,5006.019.2325.0
2022-09-282,000-300-8,200-7,90030,3001.6516.0315.0
2022-03-291,916-8,300-46,400-38,10059,2002.316.0115.0
2021-09-282,224300-4,900-5,20020,2000.0518.4115.0
2021-03-292,204-2,800-30,900-28,10091,9002.3518.4115.0
2020-09-282,380-5,200-11,500-6,30029,8001.219.2115.0
2020-03-271,836-7,800-41,700-33,90076,1002.3515.2115.0
2019-09-262,047-12,200-17,400-5,20022,3001.216.8115.0
2019-03-262,040-15,800-28,100-12,30071,2001.516.8315.0
2018-09-252,259-17,800-19,100-1,30039,5002.418.4315.0
2018-03-272,098-20,600-79,200-58,600124,1007.0516.8315.0
2017-09-261,974-31,800-41,700-9,90044,1002.416.0315.0
2017-03-282,117-32,400-66,800-34,400146,4003.7517.6315.0
2016-09-271,671-39,100-44,700-5,60034,4002.413.6315.0
2016-03-282,510-16,000-59,500-43,500137,6004.420.8115.0
2014-03-262,3361,8001,400-40059,200115.0
2013-09-252,7122,4002,4000.08,900115.0
2013-03-262,4692001,9001,70068,3003
2012-09-251,9322,5002,300-20014,9003
2012-03-272,144600400-20029,0003
2011-09-271,8244,6004,500-10017,4003
2011-03-281,9501,1001,1000.07,6001

ツツミ(7937)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(3月31日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 3月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は769、そのうち551銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    ツツミと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、3月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    東証スタンダード 市場、それなりに知名度や優待価値が高いため、株不足に注意。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)3000900006003001.50
    01/29(月)01,2006000060001.00
    01/26(金)1,20001,800006001,2003.00
    01/25(木)200100600020060001.00
    01/24(水)0050000800-3000.620
    01/23(火)020050000800-3000.620
    01/22(月)10007001000800-1000.880
    01/19(金)0060000700-1000.860
    01/18(木)0060000700-1000.860
    01/17(水)006000100700-1000.860
  5. ツツミの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去16回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2023/09/27:345円 (3日)
    • 2023/03/29:600円 (3日)
    • 2022/09/28:165円 (3日)
    • 2022/03/29:230円 (1日)
    • 2021/09/28:5円 (1日)
    • 2021/03/29:235円 (1日)
    • 2020/09/28:120円 (1日)
    • 2020/03/27:235円 (1日)
    • 2019/09/26:120円 (1日)
    • 2019/03/26:150円 (3日)
    • 2018/09/25:240円 (3日)
    • 2018/03/27:705円 (3日)
    • 2017/09/26:240円 (3日)
    • 2017/03/28:375円 (3日)
    • 2016/09/27:240円 (3日)
    • 2016/03/28:440円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    株数によって複数の優待特典があり、優待目当てで大量株取得者もいるので、急速に株不足になるリスクがあります。
    • 100株:約21万円
    • 500株:約104万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    優待がお得になる継続保有特典あり、条件次第で、リスクの増減有!

    ツツミと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


ツツミ(7937)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

逆日歩の事は、わかりましたか?次はツツミのクロス取引手数料です。

2月29日の終値、株価2,084円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額20.8万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
13/274898834468932
23/265111110435711140
33/256133132516813348
43/227156154608015656
53/218178176689117864
63/19112442419412524488
73/181226726310313726796
83/1514311307120160112
93/1415333329128171120
103/1318400395154205144
113/1219422417162217152
123/1120444439171228160
133/821467461180239168
143/722489483188251176
153/625214285199
163/526222296207
173/427231308215
183/128239319223
192/2929248331231
202/2832274365255
212/2733282376263

ツツミの権利付最終日(2024年3月27日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額20.8万円、ツツミのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年3月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ツツミを20.8万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:20.8万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(28日分)+プレミアム料239円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(28日分)+プレミアム料
651円=198×2円+16円+239円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:20.8万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(28日分)319円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(28日分)
238円=14円+223円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ツツミを20.8万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.8万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ89円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
438円=198×2円+16円+26円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.8万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ88円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(4日分)
410円=187×2円+11円+25円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.8万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料26円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)+プレミアム料
438円=198×2円+16円+26円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.8万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)26円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:20.8万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)25円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(4日分)
437円=198×2円+16円+25円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
40円=14円+26円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
38円=13円+25円

※優待権利日最終日に売買しても、逆日歩日数が多い時は、貸株日数(貸株料)も通常より多くなります。

※ツツミの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、ツツミの一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
02/29(木)14,7003,0005,7004,100
02/28(水)6,1003,9006,20015,800
02/27(火)4,8005,7008,3007,500
02/26(月)02,1007,4005,600
02/23(金)1,1009007000
02/22(木)7006,200-3,600
02/21(水)3,7003,5005,4001,900
02/20(火)4,3004,5006,2003,200
02/19(月)4,7004,8007,1004,500

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

3月の株主優待情報をまとめて確認

ツツミ(7937)のクロス取引・株主優待まとめ

ツツミ(7937)の逆日歩は、毎回発生しています。優待価値が高いQUOカード優待のある3月の方が、少し金額が大きいです。

それでも、3月末は、より優待利回りのよいQUOカード銘柄がたくさんあるので、高額逆日歩は発生していません。注意喚起等の規制が入るほどの株不足にもなっていません。

9月末は、QUOカードではなく、ツツミの自社店舗で利用できる割引券です。ネットでは利用できないなど、制限がありますが、ネックレスなどの貴金属の購入予定のある方は、持っているとお得です。

ただし、15%割引券はネットオークションで売買されている時もあり、100円ぐらいが相場です。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!