日光路線でJRに勝利『東武鉄道』の株主優待情報をまとめました。

過去の逆日歩クロス取引コスト(売買手数料・貸株料)を知りたい方向けの記事です。

投資メモ

東武鉄道は、北関東を地盤にする鉄道会社、東武動物公園など関連レジャー施設も多数!
東武スカイツリーへの集客促進、東武グループ総合力で、鉄道ネットワークの優位性を更に強化!

東武鉄道株主優待引用元:東武鉄道

東武鉄道(9001)の株主優待

東武鉄道(9001)の株主優待は、鉄道回数券の株主優待乗車証他、レジャー施設で利用できる優待セットが魅力です。

優待内容詳細

東武鉄道の優待券は大きく分けて2つ、東武鉄道の鉄道に乗車できる株主優待乗車証とグループ施設で利用できる優待セットです。

株主優待乗車証

保有株式数 優待の内容(株主優待乗車証)
3年未満 継続保有3年以上
100株以上 2枚(3月末のみ) 2枚(3月末のみ)
200株以上 2枚 2枚
600株以上 6枚 6枚
1,000株以上 10枚 14枚
2,000株以上 20枚 24枚
3,000株以上 30枚 34枚
4,000株以上 40枚 44枚
5,000株以上 50枚 54枚
5,800株以上 1枚(定期券) 10枚+1枚(定期券)
11,600株以上 50枚+1枚(定期券) 60枚+1枚(定期券)

東武鉄道(9001)の優待権利日は年2回、3月末と9月末です。

100株や200株保有で貰える株主優待乗車証は、昔ながらの切手の形の回数券です。

回数券は、東武鉄道内の片道乗車が可能です。

回数券1枚で、浅草から日光まで乗車もできます。特急に乗る時は、別途特急券が必要です。

5,800株以上の保有者は、乗り降り自由な定期券が1枚贈られてきます。

株主優待券1冊

100株や200株以上の全株主に東武グループで利用できる優待券セットも付いてきます。

保有株式数 優待の内容(優待券)
3月末 9月末
100株以上 1冊 対象外
200株以上 1冊 1冊

次の施設の利用料が割引価格や無料になります。

東武動物公園、東武スカイツリー、東武ワールドスクウェア、東武スポーツクラブ、東武藤が丘カントリー倶楽部、星の宮カントリー倶楽部、宮の森カントリー倶楽部、朝霞パブリックゴルフ場、東武トップツアーズ、東武ホテルグループ、日光アストリアホテル、東武博物館、東武百貨店、東武ストア、駅コンビニ「ファミリーマート」

9月末は、200株必要になるので、注意です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

特典あり

継続保有が必須ではなく、株主優待乗車証の枚数が増えるランクアップ特典です。

継続保有の条件

過去3年間の全ての基準日(当該基準日を含む直近7回の基準日(3月末日、9月末日))に1,000株以上の株式を継続して保有し、株主番号が継続して同一であること。

東武鉄道の株主優待制度を利用した感想

鉄道系の優待の場合、株主優待乗車証(回数券)の価値に目線が行きそうですが、東武鉄道はグループ施設で利用できる優待券の中身が豪華!

スカイツリー料金は3割引き、東武動物公園は、大人3人まで無料です。東武スポーツクラブの利用は、会員でなくても1回1,100円で施設が使えます。

東武百貨店でも利用でき、買い物代が5%割引になります。(1,000円以上の利用が必要)東武線沿線にあるスーパー、東武ストアでも1,000円以上の買物で、100円割引券が1枚使えます。

さらに東武鉄道内にあるファミリーマートでは、500円の買物で50円割引券が1枚使えます。

以前は、東武レークサイドホテルの優待券もあって、温泉入浴料が500円割引でした。2022年現在、東武レークサイドホテルは廃業、高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン日光」に生まれ変わり、優待券は使えません。

温泉入浴の優待は、日光アストリアホテルで利用できます。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年9月30日」です。

権利付き最終日の「9月26日」までに100株以上の取得が必要です。

東武鉄道に配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

東武鉄道の優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年9月30日

権利付き最終日:9月26日(木)・・・残り5ヵ月と12日(165日)
逆日歩日数:1日

東武鉄道(9001)の基本情報

情報更新日:2024年3月30日

code9001優待内容電車回数券等
業種陸運業上場市場東証プライム 
決算3月 優待月3月、9月
本社東京上場年月日1949年5月16日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数209,815,000企業のHP優待詳細
優待の種類旅行・宿泊 娯楽レジャー 買物券

株価更新日:2024年4月12日

12日の終値株価3,555円最低投資額355,500円
最低必要株数100継続保有特典

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


東武鉄道(9001)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2024-03-273,9410.0-190,700-190,7001,249,4001.232.0320.0
2023-09-273,972-25,700-240,100-214,4001,413,3002.132.035.0
2023-03-293,190-6,700-253,800-247,1001,317,6001.525.6315.0
2022-09-283,330-41,200-228,200-187,0001,854,2001.0527.235.0
2022-03-292,991-13,400-267,700-254,3001,311,5001.5524.0110.0
2021-09-282,993-2,900-239,300-236,4001,645,3000.5524.0110.0
2021-03-293,13012,600-145,800-158,4001,479,4000.125.6110.0
2020-09-283,365-2,200-190,600-188,4001,391,7001.5527.2110.0
2020-03-273,950-262,400-445,100-182,7002,408,6003.532.0120.0
2019-09-263,595-194,800-451,900-257,1001,542,2003.428.8120.0
2019-03-263,27511,900-227,200-239,1001,572,0001.9526.4317.5
2018-09-253,465-22,800-212,800-190,0001,575,1000.628.0317.5
2018-03-273,29014,400-219,100-233,5001,449,5002.726.4317.5
2017-09-26644-774,000-2,317,000-1,543,0007,566,0001.055.233.5
2017-03-28579-361,000-1,476,000-1,115,00010,485,0000.64.833.5
2016-09-27529-3,000-1,409,000-1,406,0008,242,0000.454.433.0
2016-03-28581-120,000-2,489,000-2,369,0008,295,0000.54.813.0
2015-09-2551933,000-3,419,000-3,452,00010,006,0000.54.413.0
2015-03-26593-311,000-2,883,000-2,572,0008,117,0000.054.813.0
2014-09-25573-720,000-3,926,000-3,206,0008,334,0000.54.813.0
2014-03-26487-392,000-2,804,000-2,412,0008,461,0000.56.013.0
2013-09-25536-84,000-3,647,000-3,563,0007,284,0000.258.013.0
2013-03-2655640,000-2,100,000-2,140,0006,897,0000.158.03
2012-09-25418-362,000-3,136,000-2,774,0007,483,0000.36.03
2012-03-2745267,000-1,205,000-1,272,0006,884,0000.06.03
2011-09-27356110,000-2,871,000-2,981,0008,988,0000.36.03
2011-03-283262,117,000-211,000-2,328,0009,967,0000.06.01

東武鉄道(9001)のクロス取引・逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(9月30日)の逆日歩日数

    ○:逆日歩日数では低リスク
    2024年9月30日優待権利日の逆日歩日数は1日です。
  2. 9月30日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    優待実施数は387と多く、クロス取引可能な銘柄数も276ですが、ユニークな優待で注目の可能性もありです。

    9月実施、「電車回数券等」優待銘柄。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ○:規制情報では低リスク
    調査時点で規制情報はありません。また過去に1度も規制情報が入った事がないです。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株数は209,815,000もありますが、優待が人気のため、権利日最終日はいつも株不足になっており、警戒が必要。

    逆日歩更新日:2024年4月12日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    04/11(木)2,60010016,1004,2001004,30011,8003.740
    04/10(水)030013,600020020013,40068.00
    04/09(火)1,400013,9000040013,50034.750
    04/08(月)10020012,500100040012,10031.250
    04/05(金)1,0006,20012,600100030012,30042.00
    04/04(木)1,70010017,8000020017,60089.00
    04/03(水)2,900016,20005,80020016,00081.00
    04/02(火)2,9005,70013,3005,7006006,0007,3002.220
    04/01(月)3,600016,100070090015,20017.890
    03/29(金)3,10017,50012,50009001,60010,9007.810
  5. 東武鉄道の発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去25回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2024/03/27:120円 (3日)
    • 2023/09/27:210円 (3日)
    • 2023/03/29:150円 (3日)
    • 2022/09/28:105円 (3日)
    • 2022/03/29:155円 (1日)
    • 2021/09/28:55円 (1日)
    • 2021/03/29:10円 (1日)
    • 2020/09/28:155円 (1日)
    • 2020/03/27:350円 (1日)
    • 2019/09/26:340円 (1日)
    • 2019/03/26:195円 (3日)
    • 2018/09/25:60円 (3日)
    • 2018/03/27:270円 (3日)
    • 2017/09/26:105円 (3日)
    • 2017/03/28:60円 (3日)
    • 2016/09/27:45円 (3日)
    • 2016/03/28:50円 (1日)
    • 2015/09/25:50円 (1日)
    • 2015/03/26:5円 (1日)
    • 2014/09/25:50円 (1日)
    • 2014/03/26:50円 (1日)
    • 2013/09/25:25円 (1日)
    • 2013/03/26:15円 (3日)
    • 2012/09/25:30円 (3日)
    • 2011/09/27:30円 (3日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    ×:必要株数では警戒範囲
    株数によって複数の優待バリエーションがあります。確認できただけでも10つ、大量取得者がいると危険です。
    • 100株:約36万円
    • 200株:約71万円
    • 600株:約213万円
    • 1000株:約356万円
    • 2000株:約711万円
    • 3000株:約1,067万円
    • 4000株:約1,422万円
    • 5000株:約1,778万円
    • 5800株:約2,062万円
    • 11600株:約4,124万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    ×:優待価値では警戒範囲
    継続保有が必須ではなく、特典のみなので、逆日歩リスクは顕在です。

    東武鉄道と同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


東武鉄道(9001)の優待クロス(制度・一般)手数料を比較!

逆日歩の事は、わかりましたか?次は東武鉄道のクロス取引手数料です。

4月12日の終値、株価3,555円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額35.6万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
19/262767529397627
29/255190188739819068
39/2462282258811722882
49/20726626310213726696
59/198304300117156304109
69/1812456451176234456164
79/1713494488190254494178
89/1314533526205273191
99/1215571563219293205
109/1119723713278371259
119/1020761751293390273
129/921799789307410287
139/622837826322429300
149/523875864336449314
159/426380507355
169/327395527369
179/228410546382
188/3029424566396
198/2930439585410
208/2833483644451

東武鉄道の権利付最終日(2024年9月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額35.6万円、東武鉄道のクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年4月14日)から直近の優待権利日(2024年9月30日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、東武鉄道を35.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:35.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(168日分)+プレミアム料2,458円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(168日分)+プレミアム料
2,881円=198×2円+27円+2,458円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと一般信用売り手数料+貸株料(168日分)
4,377円=1,100円+3,277円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(168日分)
2,318円=24円+2,294円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、東武鉄道を35.6万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:35.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ76円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=制度信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
446円=198×2円+27円+22円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:35.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)のみ75円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:260円 信用:187円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が260円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利(1日)+貸株料(2日分)
415円=187×2円+20円+21円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:35.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)+プレミアム料22円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)+プレミアム料
446円=198×2円+27円+22円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計100万円まで1,100円の手数料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買いと制度信用売り手数料+貸株料(2日分)
1,122円=1,100円+22円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:35.6万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(2日分)21円
【超割】

約定毎の手数料【現物:275円 信用:198円】

「一般信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス:「現物買い」の手数料が275円で高い為
クロスコスト=信用手数料+金利+貸株料(2日分)
445円=198×2円+27円+21円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
47円=24円+22円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(2日分)
44円=22円+21円

※優待権利日最終日の貸株日数は、逆日歩日数の1日に返却日を加えた2日です。

※東武鉄道の制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

一般信用売り在庫情報【SMBC日興証券】

SMBC日興証券で確認、東武鉄道の一般信用売り在庫の近況です。

月/日朝方日中夕方
04/12(金)1,0001,0001,0001,000
04/11(木)1,0001,0001,0001,000
04/10(水)1,0001,0001,0001,000
04/09(火)1,0001,0001,0001,000
04/08(月)1,0001,0001,0001,000
04/05(金)-1,0001,0001,000
04/04(木)1,0001,0001,0001,000
04/03(水)1,0001,0001,0001,000
04/02(火)1,0001,0001,0001,000

1日平均4回の在庫確認、増減チェックでクロス取引の参考にどうぞ。
※リアルタイムの監視ではないので、在庫数はあくまで確認時の数量です。

9月の株主優待情報をまとめて確認

東武鉄道(9001)のクロス取引・株主優待まとめ

東武鉄道(9001)は、2017年10月1日に株式併合で5株が1株に変更しています。

さらに、1単元1,000株だったのが、100株になり、逆日歩リスクが低減、クロス取引しやすくなっています。

尚、優待月は2回ありますが、より少ない投資金額でお得なのは、3月末の優待です。

発行済株式数は多いですが、優待価値が高くて人気、毎回ある程度の逆日歩は発生しています。

ただ、注意喚起等の規制が発生したことはなく、急な株不足による高額逆日歩のリスクは低いです。

東武動物公園に遊びに行く予定があるなら、それだけの目的で優待取得でも、メリットあるでしょう。

毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!