ヤマトインターナショナルは、カジュアルウェア中心のアパレル企業です。

カットソーニット、アウター、ボトム、その他小物雑貨等の繊維製品製造販売業と不動産賃貸業などをおこなっています。

そんなヤマトインターナショナルの株主優待制度、優待クロス取引コスト、過去の逆日歩データをご紹介です。

ヤマトインターナショナル株主優待引用元:ヤマトインターナショナル

ヤマトインターナショナル(8127)の株主優待

ヤマトインターナショナルの株主優待品は、自社商品です。

優待内容詳細

保有株式数優待内容
300株以上自社商品1,000円相当
500株以上自社商品3,000円相当

ヤマトインターナショナルの優待権利日は年1回、8月末のみです。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待制度を利用した感想

ここ数年、ヤマトインターナショナルの株主優待自社商品は、次の通りです。

  • 300株以上:クロコダイルメンズソックスとクロコダイル今治ハンカチのセット
  • 500株以上:上記2点に追加でクロコダイルバスタオル

高級感あふれる自社商品なので、好きな方は好きでしょう。ソックスやハンカチは、消耗品なので、毎年貰ってもありがたいと言えばありがたいです。

個人的に好きなのは、「ペンフィールド」なんですけどね。

なお数年前に優待は改悪して、100株保有から300株保有に変更しています。

毎年100株クロス取引を実施していた方、株数が足りないと手数料分損するだけなので、ご注意です。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年8月31日」です。

権利付き最終日の「8月28日」までに300株以上の取得が必要です。

ヤマトインターナショナルに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

ヤマトインターナショナルの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年8月31日

権利付き最終日:8月28日(水)・・・残り5ヵ月と27日(180日)
逆日歩日数:3日

ヤマトインターナショナル(8127)の基本情報

情報更新日:2023年10月29日

code8127優待内容自社商品
業種繊維製品上場市場東証スタンダード 
決算8月 優待月8月
本社大阪上場年月日1980年5月21日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数21,302,000企業のHP優待詳細
優待の種類暮らし

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価297円最低投資額89,100円
最低必要株数300継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


ヤマトインターナショナル(8127)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2023-08-29293-63,800-250,100-186,300434,6000.558.0112.0注意
2022-08-29284-58,000-299,800-241,800438,6008.08.015.0停止
2021-08-27333-79,700-225,000-145,300276,6000.854.015.0
2020-08-27344-116,000-316,400-200,400331,7000.954.016.0
2019-08-28428-92,200-241,300-149,100333,6005.44.0311.0
2018-08-28558-25,000-116,000-91,000268,0000.34.8313.0
2017-08-28465-38,000-151,700-113,700259,4000.954.016.0
2016-08-26395-118,000-285,100-167,100232,3004.04.016.0
2015-08-26416-64,800-159,300-94,500178,9000.954.016.0
2014-08-26455-26,400-208,700-182,300254,40012.04.038.0
2013-08-27443-87,200-269,400-182,200257,3000.66.03
2012-08-28394-9,700-41,900-32,20035,3001.656.03
2011-08-26345-1,000-18,900-17,90025,3000.056.01

ヤマトインターナショナル(8127)の最大逆日歩リスク

逆日歩リスクを過去データより分析、各項目ごとにまとめました。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(8月31日)の逆日歩日数

    △:やや注意
    優待権利日の逆日歩日数は3日、場合によっては、高額逆日歩が発生するので、ご注意です。
  2. 8月31日のクロス取引可能な銘柄数

    △:やや注意
    優待実施銘柄は、全部で100ありますが、クロス向けの貸借銘柄は62とやや少ないので注意が必要です。

    8月の自社商品と同じ分類銘柄。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    △:やや注意
    現時点で注意喚起等の規制はありませんが、過去に2回、優待権利日に規制が入っているので、やや注意です。
    • 2023/08/29:55円 (1日)・・・注意
    • 2022/08/29:800円 (1日)・・・停止
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    ×:株不足では警戒範囲
    東証スタンダード 市場、それなりに知名度や優待価値が高いため、株不足に注意。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)1,1001004,60003002,7001,9001.70
    01/29(月)01,4003,60030003,0006001.20
    01/26(金)1,40005,00001002,7002,3001.850
    01/25(木)02003,600002,8008001.290
    01/24(水)03,3003,800002,8001,0001.360
    01/23(火)3,10007,10010002,8004,3002.540
    01/22(月)004,00001002,7001,3001.480
    01/19(金)20004,00010002,8001,2001.430
    01/18(木)20003,80010002,7001,1001.410
    01/17(水)09003,600002,6001,0001.380
  5. ヤマトインターナショナルの発生逆日歩

    ×:過去逆日歩では警戒範囲
    高額逆日歩の常連銘柄です。過去に3回も最大逆日歩になっているので、最大限の警戒が必要です。
    • 2023/08/29:55円 (1日)・・・注意
    • 2022/08/29:800円 (1日)・・・停止
    • 2021/08/27:85円 (1日)
    • 2020/08/27:95円 (1日)
    • 2019/08/28:540円 (3日)
    • 2018/08/28:30円 (3日)
    • 2017/08/28:95円 (1日)
    • 2016/08/26:400円 (1日)
    • 2015/08/26:95円 (1日)
    • 2014/08/26:1,200円 (3日)
    • 2013/08/27:60円 (3日)
    • 2012/08/28:165円 (3日)
    • 2011/08/26:5円 (1日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

    尚、優待に必要な最低株数は300株なので、実際の逆日歩金額はさらに3倍です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    300株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 300株:約9万円
    • 500株:約15万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有特典こそありませんが、油断は禁物です。

    ヤマトインターナショナルと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


ヤマトインターナショナル(8127)の優待クロス(制度信用・一般信用)比較

ヤマトインターナショナルなら、逆日歩のないクロス取引も可能、それが一般信用クロス取引です。

2月29日の終値、株価297円の必要株数分(300株)で計算。

投資金額8.9万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
18/284383815203814
28/275484718244817
38/266575622295720
48/237676626346724
58/228767529397627
68/2111105103405410538
78/2012114113445911441
88/1913124122486312444
98/1614133131516848
108/1515143141557351
118/1418171169668861
128/1319181178699365
138/920190188739868
148/8212001977710272
158/7259112285
168/6269512789
178/5279913292
188/22810213796
198/12910614199
207/3132117156109
217/3033121161113

ヤマトインターナショナルの権利付最終日(2024年8月28日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額8.9万円、ヤマトインターナショナルのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年8月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、ヤマトインターナショナルを8.9万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(182日分)+プレミアム料666円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(182日分)+プレミアム料
864円=99円+99円+666円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(182日分)888円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(182日分)
627円=6円+621円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料とやり方

具体的な制度信用クロス取引のやり方をを確認

優待取得の権利日当日、ヤマトインターナショナルを8.9万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

SBI証券
【定額:アクティブプラン】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ38円
【スタンダード】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
209円=99円+99円+11円
GMOクリック証券
【1日定額】

現物と制度信用と一般信用、それぞれ100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)のみ38円
【1約定】

約定毎の手数料【現物:90円 信用:97円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+制度信用売り手数料+貸株料(4日分)
198円=90円+97円+11円
auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)+プレミアム料11円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)+プレミアム料
209円=99円+99円+11円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)11円
楽天証券
【いちにち定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス:8.9万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(4日分)11円
【超割】

約定毎の手数料【現物:99円 信用:99円】

「現物買い」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(4日分)
209円=99円+99円+11円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
17円=6円+11円
SBIネオトレード証券
【定額と1約定】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「制度信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(4日分)
16円=6円+11円

投資金額8.9万円の場合、貸株料、売買手数料ともに証券会社の差は少ないです。

※ヤマトインターナショナルの制度信用クロスには、逆日歩(品貸料)リスクがある事だけ、ご注意ください。

ヤマトインターナショナル(8127)のクロス取引・株主優待まとめ

ヤマトインターナショナルの高額逆日歩は、優待内容が変更になってから、発生しにくくなっているような気もしますが、油断は禁物です。

少額でも逆日歩が常に発生する銘柄は、いつか大噴火する可能性があるからです。

アパレル関係の自社商品って、センスが合わないと最悪ですが、ヤマトインターナショナルの場合、ソックスや今治ハンカチなので、あまり気にしなくて良いのも魅力。

クロコダイルメンズのロゴが渋い!!