アウトソーシング株主優待

社名の通り、国内技術系の人材派遣が主力『アウトソーシング』の株主優待情報をまとめました。

過去の逆日歩クロス取引の理解を深めたい方向けの記事です。

投資メモ

アウトソーシングは、工場製造ラインへの技術者派遣や海外事業を展開する企業です。
M&Aに積極的!

アウトソーシング(2427)の株主優待

アウトソーシング(2427)の株主優待は、長年の実績があるQUOカードです。

優待内容詳細

保有株式数優待内容
100株以上1,000円分
500株以上2,000円分
5,000株以上3,000円分
25,000株以上4,000円分

アウトソーシング(2427)の優待権利日は年1回、12月末のみです。

2017年9月末に1株を5株に株式分割を実施!

従来の投資金額の1/5でQUOカード1,000円分が取得できます。

さらにその後もず~と優待制度を実施している優良企業です。

株主優待に長期保有制度はあるの?

長期保有制度による特典はありません。

株主優待:権利確定日はいつ?

次回の優待権利日は「2024年12月31日」です。

権利付き最終日の「12月26日」までに100株以上の取得が必要です。

アウトソーシングに配当がある場合の配当権利付き最終日、クロス取引する場合の最終売買日も同じです。

アウトソーシングの優待が貰える直近の株主優待権利日

優待権利確定日:2024年12月31日

権利付き最終日:12月26日(木)・・・残り9ヵ月と25日(300日)
逆日歩日数:7日

アウトソーシング(2427)の基本情報

情報更新日:2023年10月29日

code2427優待内容クオカード
業種サービス業上場市場東証プライム 
決算12月 優待月12月
本社東京上場年月日2004年12月15日 
単元株数100貸借区分貸借
発行済株式数126,026,000企業のHP優待詳細
優待の種類金券

株価更新日:2024年2月29日

29日の終値株価1,749円最低投資額174,850円
最低必要株数100継続保有-

クロス取引に必要な優待情報は、『株主優待速報【 新設・変更・廃止】開示情報』を参考にしています。


スポンサーリンク


アウトソーシング(2427)過去の逆日歩

逆日歩一覧表の説明
  • 確逆:確定逆日歩、品貸料率です。
  • 最逆:最大逆日歩金額の元になる、最高料率です。

確逆(品貸料率)× 株数で確定した逆日歩金額です。
※最逆は、最大逆日歩の料率が比較できるよう、品貸日数を乗じていません。つまり1日での料率です。

優待権利付最終日【逆日歩・貸借残・配当】一覧表

権利日株価前日
貸借残
当日
貸借残
差分出来高確逆最逆品貸
日数
配当規制
2022-12-28968179,600123,000-56,6001,993,9000.040.0525.0
2021-12-281,36630,100-390,100-420,20016,813,0000.2511.2531.0
2020-12-281,363-386,900-379,7007,2001,874,4001.7511.2510.0
2019-12-261,2050-38,000-38,0001,860,4000.010.4724.0
2018-12-251,010216,500271,60055,1003,766,600721.0
2017-12-262,019111,30099,200-12,1001,271,500619.0
2016-12-273,38014,600-35,600-50,200399,7000.027.2542.0
2015-12-253,055-93,600-157,500-63,900228,1001.524.8535.0
2014-12-251,7730-102,400-102,400302,7000.314.4627.0
2013-12-251,115-68,700-75,000-6,300231,7000.3512.078.0
2012-12-253750-17,800-17,80097,1000.356.07
2011-12-27023,1005,100-18,00005

アウトソーシング(2427)のクロス取引・逆日歩リスク

アウトソーシングは、2023年12月11日からの申込停止(売禁)により、制度信用クロス取引はできませんが、今後の為に逆日歩回避のチェック結果を残しています。

クロス取引のリスク判断の詳細は、「高額逆日歩回避の7つのチェック」をご参考ください。

  1. 優待権利日(12月31日)の逆日歩日数

    ×:逆日歩日数では警戒範囲
    2024年12月31日は、逆日歩日数が7日と、通常の権利日よりリスクが高まっています。
  2. 12月31日のクロス取引可能な銘柄数

    ○:銘柄数では低リスク
    株主優待数は160、そのうち112銘柄でクロス可能、QUOカード優待の企業も多いです。

    アウトソーシングと同じQUOカード優待がある銘柄。

    尚、12月実施のQUOカード優待は、他にもあります。

  3. 規制速報(注意喚起・申込停止)

    ×:規制情報では警戒範囲
    2023年12月11日より申込停止の規制が発生中、逆日歩が更に2倍、リスクが高まります。
    高額逆日歩に注意株主優待銘柄の規制【注意喚起・申込停止】速報!
  4. 近況逆日歩・信用残高(貸借倍率・発行済株式数)

    △:やや注意
    発行済株式数は126,026,000と多い方ですが、優待価値の人気度も高く、権利日当日の急な株不足にご注意です。

    逆日歩更新日:2024年1月31日

    市場区分:東証

    月/日融資新規融資返済融資残高貸株新規貸株返済貸株残高差引残高貸借倍率逆日歩
    01/30(火)01,200131,40000200131,200657.00
    01/29(月)010,000132,60000200132,400663.00
    01/26(金)02,200142,6002000200142,400713.00
    01/25(木)5,000500144,800000144,800-0
    01/24(水)5,80040,300140,300000140,300-0
    01/23(火)41,10015,100174,800000174,800-0
    01/22(月)10,6000148,800000148,800-0
    01/19(金)03,300138,200000138,200-0
    01/18(木)0200141,500000141,500-0
    01/17(水)1,400200141,700000141,700-0
  5. アウトソーシングの発生逆日歩

    △:やや注意
    最大逆日歩こそ発生していませんが、過去6回も逆日歩が発生しているので、やや注意が必要です。
    • 2021/12/28:25円 (5日)
    • 2020/12/28:175円 (5日)
    • 2015/12/25:150円 (5日)
    • 2014/12/25:30円 (6日)
    • 2013/12/25:35円 (7日)
    • 2012/12/25:35円 (7日)

    過去の逆日歩は、100株単位での金額です。

  6. 優待に必要な株数と投資額

    △:やや注意
    100株なら優待取得の総コストは低いですが、複数パターンの優待があるので、株不足にご注意です。
    • 100株:約17万円
    • 500株:約87万円
    • 5000株:約874万円
    • 25000株:約4,371万円
  7. 継続保有(必須・特典)の有無

    △:やや注意
    継続保有の特典こそありませんが、利便性の高い優待だけに、注意が必要です。

    アウトソーシングと同じ1,000円相当の銘柄です。


スポンサーリンク


アウトソーシング(2427)の優待クロス(制度・一般)比較

アウトソーシングは、貸借銘柄ですが、申込停止の状態で、制度信用クロス取引はできません。

証券会社に在庫があれば、一般信用クロス取引は可能です。

すぐに一般信用クロス取引の手数料を確認

2月29日の終値、株価1,749円の必要株数分(100株)で計算。

投資金額17.5万円の貸株料【各証券会社で比較】

営業
日数
月/日貸株
日数
SBI
証券
GMO
クリック
証券
au
カブコム
証券
松井
証券
楽天
証券
SMBC
日興
証券
112/268150148587715054
212/25112062037910520674
312/24122242228611522481
412/23132432409312524387
512/201426225810113426294
612/1915280277108144280101
712/1818337332129173337121
812/1719355351137182128
912/1620374369144192134
1012/1321393388151201141
1112/1222411406158211148
1212/1125467461180240168
1312/1026486480187249175
1412/927505498194259181
1512/628201268188
1612/529209278195
1712/432230307215
1812/333237316222
1912/234245326228
2011/2935252336235
2111/2836259345242
2211/2739280374262

アウトソーシングの権利付最終日(2024年12月26日)を基準に、約1ヵ月前までの貸株料金一覧です。

一般信用売り在庫による早めのクロス取引を考えている場合、貸株料の手数料は馬鹿に出来ないコストです。

「SBI証券」「GMOクリック証券」「楽天証券」の貸株料は、一般短期の計算です。

一般信用クロス取引手数料とやり方

具体的な一般信用クロス取引のやり方をを確認

一般信用売り在庫がある場合、投資金額17.5万円、アウトソーシングのクロス取引シミュレーションです。

本日(2024年3月1日)から直近の優待権利日(2024年12月31日)に向けて、一般信用クロス取引をした場合の総コスト(最安値手数料)です。

優待取得の権利日当日、アウトソーシングを17.5万円の投資額で制度信用クロスした場合の手数料です。

定額料金と約定毎の手数料プランがある場合、それぞれの総コストで比較できます。

auカブコム証券
【1日定額】

買いと売りのクロス合計100万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(308日分)+プレミアム料2,215円+プレミアム料
【ワンショット】

約定毎の手数料【現物:115円 信用:148円】

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(308日分)+プレミアム料
2,478円=115円+148円+2,215円+プレミアム料
松井証券
【定額:ボックスレート】

買いと売りのクロス合計50万円まで手数料無料

「現物買い」×「一般信用売り」のクロス:17.5万円は売買手数料無料
クロスコスト=貸株料(308日分)2,953円
SMBC日興証券
【ダイレクト】

信用取引手数料は投資金額関係なく無料

「制度信用買い当日買建玉を現引」×「一般信用売り」のクロス
クロスコスト=金利(1日)+貸株料(308日分)
2,079円=12円+2,067円

※新規建約定日より1ヶ月目ごとにかかる管理料(事務管理費)は計算に含んでいません。

※SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券の手数料(一般信用短期シミュレーション)は、短期売りが可能になったタイミングで表示します。

※クロス取引の組み合わせは複数あり、その中でも安い料金になるよう計算していますが、あくまで目安としてお使いください。


スポンサーリンク


制度信用クロス取引手数料について

制度信用取引の手数料と最適クロス取引の組み合わせは、申込停止(売禁)の規制が解除になり次第、この部分に表示します。

アウトソーシング(2427)のクロス取引・株主優待まとめ

  • アウトソーシング(2427)は、人気のQUOカード優待を長年実施している素晴らしい企業。
  • 逆日歩常連銘柄でもあるが、逆日歩金額は少額!
  • 一般信用売り在庫も各証券会社にあるが、1月以上前のクロス取引なら、貸株料の方が高くつく!
  • 100株保有での優待クロスなら、権利日最終日の制度信用クロスが最も利益が高い!
  • 発行済株式数も多いので、高額逆日歩が発生する可能性も低い!
毎日更新中、フォローすることで最新情報を逃しません!
にほんブログ村 投資ブログ 投資情報へ ブログ村登録1週間で「投資情報」ランキング1位獲得!